ぱらのまっ!@異世界現代群像のパラグラフ

木木 上入

18 日常3

「今日は日和が良いのう」 丿卜が梓に話しかける。 梓は手に持った竹箒を一旦止め、空を見上げた。「本当ですね。ちょっと暑いくらい」 空は雲一つ無い快晴だ。 青い空をバックに、真っ赤な鳥居が映える。「でも、夏は落ち葉が少ないので助かるです」「おう、梓ちゃーん!」
 遠くから誰かの叫び声が聞こえる。
「あら、お客さんですかね?」
 梓が鳥居の方を向くと、八百屋の山田さんが石段を登って、梓の方へと向かってきているところだった。
「あら、山田さん、こんにちは」「こんにちは、梓ちゃん。ほら、これ」
 山田が差し出した段ボール箱の中には、大きい桃が五個入っていた。
「あっ、桃!」「この間、言ってただろ。あげるよ」「本当ですか?」「ああ。梓ちゃんにはいつもお世話になってるからね。どうぞ」「ありがとうございますです」
 梓は桃を受け取った。
「美味しそうな桃ですぅー」
 良く見れば、大きさだけではなく、色艶もいい。
「こんないい桃、いいんですか?」「いいよいいよ、お中元代わりだから、遠慮なく受け取ってくれよ。梓ちゃん、最近、忙しそうだけど、体、大事にして頑張れよ!」
 山田さんは、ぽんぽんと梓の肩を叩くと、軽く手を振って帰っていった。 いつも通り、せっかちでさっぱりとしている人だ。
「いつも元気ですね、山田さんは」「うむ。活発な中年だのう」「えと……褒めてるんですかね、それ」「無論だ。人間、年を取ると無精になるものなれど、あの者は中々に活発ではないか」「そうですねぇ……さ、折角貰った桃ですし、冷蔵庫で冷やしておきましょう」
 踵を返す梓に、今度は女性の声が聞こえた。
「おーい、梓ぁ!」「あら、杏香きょうかさん?」
 今度は杏香が鳥居の下に立っていた。 格好は、例によっていつもと同じ雰囲気だ。 意識しているのだと思うが、杏香はいつも、ゆったりとしていてフリフリの衣装を身に着けている。丈は短めだ。 今日は、上はゆったり目の、肩にフリルのついたピンクのタンクトップ、下にはやっぱりフリルのついた、黄色いキュロットスカートを履いている。
「なんか、今日はいつもよりオレンジが濃いですね」「え、そう? 染めてないのよ、本当に。いつも誤解されるけど」
 髪は梓にはオレンジ色に見えるが、これは地毛らしく、普通の人よりも髪色が明るいので、そう見えてしまうらしい。
「ああ……多分、陽射しが強いからね。太陽の光に反射すると、オレンジが、もっとオレンジになっちゃうのよ。悩ましい話よね」
 なるほど、特に、今日なんて天気が良く、陽射しも強いので、光が当たっていつもよりも、もっとオレンジ色に見えるということらしい。
「どうしたんですか? 杏香さん。また依頼ですか?」
 杏香は、いつも梓に心霊関係の依頼を持ち込んでくる人だ。 丁度、梓と同年代で、話も合う。
「ちょっとね、近くに用があったから立ち寄ったの。元気してる?」
 梓と杏香はお互いに歩み寄り、近づいた。
「ええ。最近忙しくて、生傷が絶えないですけど」
 梓は巫女服の袖をまくり、火傷や切り傷を見せた。
「わ……ちょっと、神社の掃除なんてしてて大丈夫なの!?」「一応、病院には行ったんで、これくらいなら大丈夫ですよ」「そうなの? でも、大変ねぇ。お祓い稼業も楽じゃないわね」「杏香さんこそ、危ないお仕事大変でしょう」「まあ……そこは割り切ってやらないといけないから、仕方ないわよ。でしょ?」「ですね、お互いに」「お互い、ふわっとしたものを相手にしてる者同士、大変よね。もっと警察とか、色々な組織が表立って相手にしてくれたらいいんだけどねぇ」「全くです。でも、殆どの情報はデマとか勘違い扱いですから……」「ええ。そういう事って、困ったら警察に相談しに行ったりするケースもあるんだけどね。難儀なことに、警察は門前払いだし……本当だって証明できたとして、対抗する手段が無い」「だから、杏香さんの所からは警察関係のお仕事の依頼が舞い込むんですね」「まあ……知り合いが居るからってのもあるけど」「専属契約すれば、杏香さんの生活も、少しは安定するのでは?」「それが出来るほど、そういう依頼は警察には来ないわ。それに、ああいう堅苦しい所って、性に合ってないのよ」「なるほど、そうかもしれないですねぇ」「梓さん」
 今度は男の声がした。
「あら?」「なんだ、今日は客が多いのう」「あっ、貴方は……」
 杏香と丿卜、そして梓が話を中断し、鳥居の方を向いた。
「崎比佐さん! その後大丈夫だったです?」
 そこに立っていたのは一人の高校生だった。
「知り合い?」
 杏香が聞く。
「ええ。仁龍湖って所の廃屋で霊障に遭っちゃって、私の所に来たんです」「ああ、お仕事かぁ」「でも、もう霊は祓ったですかね。取り敢えずは安心です。でも……」
 梓は少し、表情を曇らせた。
「その後、見つかりましたか?」「いえ……行方不明のままです。警察も探してるみたいなんですけど……」「そうですか……」「警察が動いたって事は、実害が出たんだ」「ええ……廃墟から戻ってきたのは、彼一人だけ。その後警察に通報したんですけど……」「霊には何もしてくれなかったというわけね」「はい……俺のツレも、警察が廃墟に到着した時には姿が無くなってて、今も見つかってないんです」「なるほどね。まあ、いつもの事だけど。奴らは物証しか見ないからねぇ」
 杏香が腕組みをしてかぶりを振った。
「仕方がないですよ。そういう事に対応する組織じゃないですからね、本来は」「そうなんだけどね……最近、そういう事件、多いからさ、霊能者とかの負担も多いのかなって」「そうですね。本当の霊能者となると、人数はかなり絞られるですし……」「えと、こちらの方は? なんか、色々と知ってるみたいですけど」
 崎比佐はきょとんとしながら梓に聞いた。
「ええとですね、こちら、活栖いくす杏香きょうかさん。警察に対応できない事を解決する、怪事件のエキスパートです!」「んん……そう言われると、なんだか凄そうだけど……要は、賞金稼ぎよ。平たくいえば」「怪事件のエキスパート……賞金稼ぎ……どちらにしても、なんか凄いな……」
 崎比佐は、少したじろいだ。梓さん一人だけだって、現実離れしたことをしているのだ。それがもう一人いるとは。
「ま、心霊関係は梓に投げてるんだけどね。あたしだけでどうにかなる時もあるけど、やっぱ専門的な知識がないと難しいから」「ええ。私の方は、逆に心霊関係以外は苦手なので、難しい案件は杏香さんの方にお任せしてるです。……あ、そうだ。二人共、折角だから、うちに上がってお茶しませんか? おいしそうな桃があるんですよ」
 梓は手に持った箱を二人に見せた。
「あら、美味しそうじゃない!」「今貰ったばかりなので、冷やしてはないんですが……」「あたしは全然問題無いわよ。なに、常温の方が、かえって味が分かって美味しいってもんよ」「崎比佐さんは、どうです?」「あ、じゃあ、折角なんで」「ふふ、こっちへどうぞ」
 梓は笑顔で手を掲げて屋敷を示すと、歩き出した。 他の二人もその後に付いていき――三人は、桃を食べながらゆっくりと談笑したのだった。




「ぱらのまっ!@異世界現代群像のパラグラフ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く