ぱらのまっ!@異世界現代群像のパラグラフ

木木 上入

17 日常2

「駿一、注文、来たよ?」「ああ、そのチャーハン、俺です。」
 俺は、ウエイトレスの方へ手を差し伸べた。 ウエイトレスは、それを見て、チャーハンを俺へと渡した。
「うん……これは……?」「どうかなされましたか?」
 このチャーハン、エビチャーハンではない。上にはエビがのっている気配がなく、チャーハンの中には、なにやら緑色のものが混ぜ込んである。
「ええと……これって何チャーハンですか?」「こちら、レタスとお茶っ葉のチャーハンになります」
 全然違う。このウエイトレスさんは、一体何をどう間違えたのか。
「エビチャーハンを頼んだはずなんですが……」「あ、そうでしたか。失礼致しました。すぐに用意しますので」
 そう言いながら、ウエイトレスさんはレタスとお茶っ葉のチャーハンを下げようとした。
「おっ、要らんなら食うぞ!」「あっ、だめだろ、勝手に食うなよ!」
 ティムが良からぬことをしでかしそうになったので、俺はティムを急いで止めた。
「なんだ、やっぱり食いたいのか?」「違う。オーダーと違うものなんだから、食べちゃだめなんだ」「ああん? なんだか分からんが、面倒だな。これだからニンゲンはいかん」
 無茶苦茶を言っているティムだが、よくよく見ると、スープもライスも、たった今洗ってきたサラダも無くなっている。あとは、手に持った最後の一切れのステーキだけだ。
「はむっ……。あー、これでは足りんなぁ!」
 ティムが背もたれに寄り掛かり、「ふぅ……」と一息つきながら言う。
「やはり、さっきのチャーハンを食うべきだったか……おい駿一、おかわりだ」「お前、何様だよ!」
 呆れて叫んでしまった。
「けちけちすんなよ」「けちけちとかじゃなくてだなぁ……」「どうも、ティムは普通の地球人とは違う生態をしているらしいプね」
 ロニクルさんが話に入る。ロニクルさんは、ようやくハンバーグの半分を食べたところだが、他の食べ物も、まだまだ残っている。 ロニクルさんは、ティムの早食いとは対照的に、食が細い人なのかもしれない。
「……じゃあ、追加で何か頼むか。ポテト辺りを頼めば満足するか?」
 腹が減ってる奴には、取り敢えず炭水化物を食わせておけばいい。
「ん? 芋か。それも良さそうだが、これと同じのを二つほどもらえれば、それでいいぞ」「ああ!? いいぞって、あのなぁ!」
 そんな注文をしたら、さすがに俺の財布が持たない。
「ふーむ……ちょっと食費がかさむプが、仕方がないピね」「うん?」
 ロニクルさんが、食べる手を止めてポケットへと手を入れた。
「えーと……一万あれば足りるプね」
 ロニクルさんは、そう言って俺に一万円札を差し出した。
「ええっ!? ちょ、ちょっとロニクルさん!」「何だプ?」「いや、受け取れねーよ、そんなの!」「そうかピ。じゃあ、ティム」
 ロニクルさんは、俺に差し出した手を、すっとスライドさせ、ティムの方に向けた。
「そんな紙渡されてもな。食い物じゃないと」「ティム、お前なぁ……」「じゃ、私が払えばいいピね」「そういう問題じゃなくな……一万を受け取るのは、ちょっと気が引けるんでなぁ」
 確かに、ロニクルさんは、ティムの生活費を持つと言った。だが、こんなに贅沢に金を使うのは気が引ける。
「このくらい、気にすることないプよ? むしろ、一万円くらいで引け目を感じるくらいの財力なら、素直に受け取っておくべきプ」「そ……そうか?」「本部に要請すれば、お金くらい、すぐに送ってくれるピ。素直に受け取るポ」「うーむ……そういうもんか……」
 よくよく考えてみれば、貧乏学生と、リッチな宇宙人には凄まじい差があるのだ。金の使い方には、当然、差がある。
「分かった。恩に着るぞロニクルさん」
 俺は素直に貰うことにした。一万円を受け取り、財布にしまっておく。
「あ、駿一、あれじゃない? チャーハンみたいなの来たよ」「うん?」「大変お待たせ致しました。こちらエビチャーハンになります」「あ、俺です」
 俺が言うと、ウエイトレスさんは俺の前にエビチャーハンを置いた。
「注文は以上で宜しいでしょうか?」「あ、追加いいですか?」「はい、どうぞ」「ティム、好きに食っていいぞ。ロニクルさんに感謝するんだな」「おう。じゃあエビチャーハンを三つほど貰おうか」「ああ!?」
 思わぬ不意打ちによって、変な声が出てしまった。
「かしこまりました。エビチャーハン三つ、承りました」
 お辞儀をすると、ウエイトレスさんは去って行った。
「ティム、色々大丈夫なのか?」
 いくら普通の人間と違うといっても、そんなに食べて大丈夫なのか。エビチャーハンばかり三倍食べたら栄養バランスどころの話ではない。 大食いには炭水化物が一番とは言ったが、ちょっと取り過ぎなのではないか。
「くどいな一々。大丈夫だよ。それより、お前こそエビチャーハンで良かったのか?」「ええ?」「葉っぱナントカじゃなかったか?」「いや、それは最初に間違えて持ってこられたチャーハンだぞ」「そうだったかぁー? 少なくとも、エビチャーハンじゃあなかった気がするんだがな」「いや、エビチャーハンで間違いない。二回も注文したんだから。な、ロニクルさん」「ええと……イカチャーハンのような気もするし、カニチャーハンのような気もするプ……よく覚えてないポ」「マジか……」
 頭のいいロニクルさんなら覚えているかもと思ったが、意外とそうでもないらしい。いや……やっぱりカニチャーハンじゃなかったかもしれん……。
「おい、悠」「ええと、私はミックスフライセットが好きなんだけど、この状態じゃあ食べれないからなぁ……」「分かってる。飯を食う霊体なんて、俺も見たことが無いからな。冗談はさておき……悠、俺が何を頼んだか、覚えてるか?」「えーと……カニじゃないしイカじゃないしエビじゃないし……」「エビじゃないのか!?」「本格広東風抹茶チャーハンじゃないっけ?」「……おまえ、被らないものを適当に言ってないか?」「ううん、多分、それだよ」
 悠が激しくかぶりを振る。
「そんなに長い名前だったかぁ?」
 こうなっては埒が明かないので、俺はスタンドに刺さっているメニューに手を伸ばした。 メニューの「ご飯もの」ページを開く。
「……本格関東風抹茶チャーハンなんて、どこにも載ってないぞ」「え? あれ?」「お前……思い出した。中学校の裏にある食堂のメニューじゃねーかそれ!」「あ……ああぁーー! だから印象に残ってたんだね! 納得!」「くそっ、一人で納得して悦に浸りやがって。ちなみにロニクルさんも、イカチャーハンはなかった。カニチャーハンはあるがな」「おっと、そうだったプか。それは失礼したピ」
 ロニクルさんは、ようやくコーンとサラダを平らげたところだ。ハンバーグはまだ四分の一ほど残っている。
「いや、いいんだ。本格四川風抹茶チャーハンに比べれば、エビとイカなんて微々たる差だからな」「ね、それにしてもさ、やっぱり大勢で食べると美味しいよね!」「いや、お前、何も食べてないだろ」「そうだけどさ、でも、みんなでお話しして楽しいよ!」「そうだポね。ロニクルもついつい食が進んでしまっているプ」「そ、そうなのか……」
 普段は、もっと食べるのが遅いという事か。
「うむっ! 仲間同士の宴で友情が更に強固になるのは、ビッグフットも人間も同じだな!」
 ティムも同意している。
「まあ……普通はそうだよな」「おや、駿一は違うポ?」「駿一は変わってるからなぁ」「ああ……偏屈だっていうのは分かっているんだけどな。あまり賑やかなのは苦手なんだよ。こういう外食に一人で来たって、周りに人が居るせいでリラックスして食えんからな」「だから、普段はコンビニでお弁当買って、自分のアパートで食べてるんだよね。もー、恥ずかしがりやちゃんなんだからっ!」「お、おいやめろ……」
 あまりプライベートな事を赤裸々に言われると恥ずかしい。頬が赤くなってしまう。
「ふうん、そういう見かたもあるプね」「そうなのか、無理をさせてすまんなぁ」「いや、無理ってほどでもないんだけどな……」
 ティムは、もうチャーハン二杯を平らげている。凄まじい速さだ。 ロニクルさんも、ハンバーグはもう食べ終わり、ライスやスープも殆ど無くなっている。食べ終わるのには、そう、時間はかからないだろう。
「おっと……とっとと食べちまうか」
 どうにも喋り過ぎて、俺のチャーハンは全然減っていない。俺は手っ取り早くチャーハンを食べてしまうことにした。

「ぱらのまっ!@異世界現代群像のパラグラフ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く