内気な僕は異世界でチートな存在になれるか?@異世界現代群像のパラグラフ

木木 上入

資料集

桃井ももい 泉輝みずき(ももい みずき)◆主人公転生して女になった青年。生前も弱気でボクっこ、内股で歩いていたので、女になっても違和感はそれ程ない。
転生により、髪は薄いピンク色になっている。髪型はエミナに結ってもらったツインテール+長い横髪が特徴。格好は、女性に転生したことにより一回り小柄になったので、ぶかぶかのシャツとショートパンツ。
後半では戦闘時にはバトルドレスを着用することによって魔力を増幅する。
◆エミナ・パステルレーヴェハイムに住む少女。優しく、面倒見が良い。栗色の長い髪をしていて、細身である。普段は普通の村人のような服装をしているが、戦闘時にはバトルドレスを身に纏い、相手に挑む。
◆イミッテ活発で明るい脳筋。ピンク髪でチャイナ服を着たエルフの格闘家である。
◆エルダードラゴン巨大な金色の龍
黒蛇こくじゃのレヴィアネクロマンサー。邪神を熱心に進行している。木のリビングデッド事件では黒いバトルドレスを身に纏い、エミナたちと戦った。
◆プリンツユーベル旧支配者の統率者髪色は青く、青のローブと青白い仮面に身を包んでいる。仮面の下には女性から人気の高そうな、いかにも美少年の顔があるが、その正体は巨大な黄色いモンスターである
◆ジェネラルプリンツユーベルに従う幹部。人間の言葉を理解する。
◆エビルジャーム兵プリンツユーベルに従うモンスター。集団で人里を襲う。
◆レーヴェハイムエミナの住む町であり、ミズキが現実からファンタジー世界に行き来する場所である。エミナの家、シェールさんの魔法雑貨店がある。穏やかで静かな町であるが、都に行くのには馬車で何日もかかる。森に囲まれているので、木材や食料は豊富である。
◆クルスティアエミナの住む町からコーチで四、五日ほどの場所にある都。貿易の中心地なので、様々な店が立ち並んでいるが、人口も多いので、魔法修練所や宿屋等、設備も充実している。

「内気な僕は異世界でチートな存在になれるか?@異世界現代群像のパラグラフ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く