内気な僕は異世界でチートな存在になれるか?@異世界現代群像のパラグラフ

木木 上入

1-44.瑞輝

「ん……」
 目覚まし時計の電子音が聞こえる。
「なんだ……変わった夢だったな……」
 すぐに起きても良いが、この微睡みの心地好さと、布団の暖かさがそうさせてくれない。
 ――ピピピピ……ピピピピ……。
 目覚まし時計は、相変わらず無機質に、そして規則的に電子音を発していて鳴り止む気配はない。
「うるさいなぁ」
 まだ体には疲れが貯まっている。出来れば、あと半日は、こうしていたいのだが……。
 ――ピピピピ……ピピピピ……。
「ううん……いい加減しつこいなぁ」「瑞輝みずきー! 早く起きないと遅刻するわよー!」「ええ?」
 襲いくる眠気にどうにか耐え、僕は目覚まし時計を手に取って時間を見た。
「……あ、あれ!?」
 この少しの間に、何故か十五分程時間が過ぎている。目覚ましのスヌーズ機能も、いつの間にか切られていた。
「ち、ちょっとちょっと!」
 急いでクローゼットを開けて制服に着替え、カバンを手に持ちながら、勢いよく部屋の扉を開けた。 半ば突進しながら廊下へ躍り出ると、急いで階段を駆け下りた。
「行ってきまーす!」
 そのままの勢いで玄関の扉を開けた。
「今日は一段と高い声ねー、慣れないわ」「い……忙しくて声が裏返ったんだよ! じゃ、行くから!」
 急いで玄関の扉を閉めて、扉越しに叫ぶ。
「明日はもう少し早く起きなさいよ!」「うん、分かったから! じゃ、行ってきまーす!」
 嫌な予感がしたので、僕は話をさっさと切り上げた。
「待って! 朝食!」「わーっ! 間に合わないからいいよ!」
 僕は二つの理由があったので、急いでその場から立ち去った。 一つは学校に遅れそうな事。もう一つは、もし母さんが扉を開けたら、僕が女だという事がばれてしまう事だ。 急いで部屋を出たので、ライアービジュアルを唱えて転生前の姿になるのを忘れたのだ。
「ええと……」
 横道に隠れて鞄からスマートフォンを取り出した。そして、転生前の自分の写真を開き、凝視する。
「水よ、我が身を包み、その千変万化の力をここに……ライアービジュアル!」
 写真を見ながら姿を、質感を、できるだけ細部まで想像する。
「えーと……」
 鞄から鏡を取り出し、顔を映す。顔は精巧に再現しないといけないが……まあ、これなら及第点だろう。制服の方も問題無さそうだ。 わざわざ女子制服を着て、魔法で男子制服に変えるのは、もしも魔法が切れた時に他人ふりをして誤魔化すためだ。あっちの世界でスカートのバトルドレスを着ていたので、スカートを着慣れてしまったという事もあるが……。 声については仕方がない。魔法はライアービジュアルで使っているし、まだダブルキャストを唱えられるほど回復してはいないので、誤魔化すしかない。 幸い、この事はこっちの世界の人にとっても不思議な事だ。死体まで見つかった、どう見ても死んでいる僕が、何事も無かったかのようにいきなり現れたのだから。 そのため、不思議ついでに声が変わっていても、深く気にする人は、それほど多くない。
「おっと!」
 考えるのは一旦やめよう。とにかく、今は遅刻しないで学校に着かないといけない。
「さっ、全力疾走しないと!」
 時間は更に切迫している。 雨が上がって快晴の空の下、まだ湿っぽい匂いを感じながら、僕は急いで走り出した。

「内気な僕は異世界でチートな存在になれるか?@異世界現代群像のパラグラフ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く