内気な僕は異世界でチートな存在になれるか?@異世界現代群像のパラグラフ

木木 上入

1-39.青いローブ

「きゃあああ!」「!? エミナさん!?」 エミナさんの悲鳴だ。僕はすぐにエミナさんが居ると思しき所を見た。
「う……うぐ……」
 エミナさんは、両手をローブに掴まれて上に引っ張られている。辛うじて踏ん張っているらしく足は地に着いているが、体全体を吊り上げられたら無防備な状態に……。
「うあ……うああっ!」
 言ったそばから、今度はエミナさんの胴体にローブが巻き付き、エミナさんを宙へと吊り上げた。
「あっ!」
 足をバタバタさせて必死にもがいているようだが、ローブは簡単には解けなそうだ。
「あ……ま……まずいよね、これ!」
 ローブはエミナさんの体をぎりぎりと締め上げながら、新たにエミナさんの両足にまで巻き付き始めた。僕は急いで左手を前に構えた。
「ええと……」
 ローブを切り裂けて、エミナさんを巻き込まない魔法……。
「聖なる力よ、一陣の風となり、悪しき者を断ち切れ……セイントシェーバー!」
 僕の手から放たれた白い光は、空中を進むにつれ刃の形へと姿を変え、エミナさんを縛るローブへと向かっていく。 ――ばさっ! 成功だ。エミナさんの右手を縛っているローブは切断された。
「く……ありがとうミズキちゃん」
 エミナさんの右手が自由になれば、後はエミナさんのドリルブラストで、ローブなんて千切れてしまう。
「たぁっ!」
 エミナさんは早速、ローブにドリルブラストを突き刺した。これでエミナさんの両足は自由だ。
「くっ……このっ……!」
 が、迫りくるローブを振り払うのに手一杯で、左手を縛っているローブに中々手が出せない様子だ。
「エミナさん!」
 僕ははっとして周りを見た。ローブがエミナさんの方へと集中している。
「エミナさんを狙ってる!? ……たああっ!」
 僕は目の前のローブを斬りつつエミナさんの方へと走り出した。 ローブは間髪入れずにエミナさんの体へと巻き付こうとしている。エミナさんは、ドリルブラストを持つ右手だけは縛られないようにしているが、体には再びローブが巻き付きエミナさんを締め付けている。 エミナさんをそんな状況から助けるには、エミナさんの周りのローブを減らすのがいいだろう。 僕はバーニングブレードで手当たり次第にローブを焼き切りながら、エミナさんの近くへ進んでいった。
「てやっ! はあっ!」
 背の高い草を、鉈で凪ぎ払いながら進むのと同じ感覚だ。 そんな感覚をを覚えながら、ひたすらローブを焼き切って、僕はようやくエミナさんの下へと辿り着いた。
「エミナさん!」「ミズキちゃん!」
 エミナさんは、ドリルブラストで右手に巻き付いたローブを突き、ローブを切断すると、僕の目の前にすたりと着地した。 どうやら、自力で全てのローブを切り、拘束を解いたらしい。
「ありがとう、ミズキちゃんのお陰でローブが少なくなった!」「よかった、大して怪我もしてないね」
 ほっと胸を撫で下ろす。ユーベルはきっと、柔らかくしたローブで拘束したうえで、鋭くしたローブで滅多刺しにするつもりだったのだろう。
「ローブが少なくなった今がチャンスだよ! ミズキちゃん、一旦離れて!」「う……うん」「紅き大壁よ、煉獄の火炎を纏いて形有る物をを押し潰せ……ブレイジングウォール!」」
 エミナさんから真っ赤な炎が発せられた。それはローブを焼きながら、エミナさんを中心に広がっていった。
「一緒にユーベルに攻撃を!」
 エミナさんが叫ぶ。
「闇を射抜く光の刃、その先にあるのは希望の道……シャイニングビーム!」「う……うん……闇を射抜く光の刃……」
 いくら魔王とはいえ、相手は人間の姿をしている。なんだかやりにくい。
「その先に……その先に……あるのは……く……!」
 僕はシャイニングビームの続きを唱えようと思ったが、エミナさんのシャイニングビームは、既にユーベルのローブに着弾し、競り合いを始めている。
「ああ……」
 ため息混じりの声が漏れる。 エミナさんのシャイニングビームは、四本のローブによって、相殺されてしまった。
「ミズキちゃん?」「こめん、もう一回!」「うん、今なら二人の魔力を合わせれば、攻撃が届く筈!」「うん……躊躇しちゃ、いけないな……闇を射抜く光の刃、その先にあるのは希望の道……」
 ユーベルの見た目は人間だけど、魔王。かつて、この世界を支配した旧支配者なんだ。放っておけば、この世界はまた支配され、人は皆苦しい思いをするだろう。
「シャイニング……」「「ビーム!」」
 エミナさんと同時に、シャイニングビームを放った。今度はちゃんとユーベルを目掛けて打てた。 二つのシャイニングビームが重なると、互いが互いを強めるように絡み合い――一つになった。 一つになったシャイニングビームは、普通のシャイニングビームと同じくらいの大きさだが、いとも簡単にユーベルのローブを四枚以上貫き、ユーベルの目前へと肉薄した。
「何……?」
 ユーベルに当たる寸前のところで、更に二枚のローブが射線を遮った。
「この程度で……だと……」
 ユーベルがぼそりと口走ったが、やがて二枚のローブも焼き切れ、ユーベルはシャイニングビームの光に包まれた。 ――シャイニングビームの光が収まると、そこにユーベルの姿は無かった。
「け……消し飛んじゃった!?」
 僕がきょろきょろと辺りを見回していると、エミナさんが横で歓喜の声を上げた。
「や……やったぁ!」「エミナさん……」「ミズキちゃん、やったよ! 私達、勝ったんだよ!」「エミナさん……」
 ユーベルの口ぶりからすると、撤退したという事は考え辛いだろう。人間に対しては、相当な優越感を抱いているように見えた。
「そう……なのか……そう……だよね……勝った……勝ったんだ……」「そうだよ!」「よ……良かった……」「エルダードラゴン様にも教えに……」「気に食わないね、君達は」
 不意に聞こえたのは、ユーベルの声だ。
「え……!?」「その声……ユーベルの……!?」
 僕とエミナさんが声の方を向くと、そこにはユーベルが立っていた。
「ユ、ユーベル! ユーベルが……!」「そんな……!」
 どうして復活したのか……そもそも倒されていないのか……理由は分からないが、いつの間にかユーベルは、そこに立っている。しかも無傷だ。
「余を下に見たね、その程度の力で……人間風情が!」「うわっ!」
 僕は思わず後ずさった。ユーベルの発した雰囲気に押されてだ。この一帯を支配する異様な空気を、僕の体が感じている。
「う……」
 震えが止まらない。体中に寒気が走り、無意識のうちに両手で自分の体を抱くように抑えた。足もガクガクで、立っているのもやっとだ。「あ……ああ……」
 エミナさんも僕ほどではないが震えていて、その顔には恐怖が滲み出ている。
「こんな姿とはいえ、君達は余を倒した。人間に……人間に余が倒された!」
 ユーベルの一言一言が、巨大で邪悪な獣の咆哮に感じられる。
「まさか君達が、余の真の姿を引き出そうとはね……光栄に思うがよいぞ、人間共……ぐぐぐぐ……げ……え……」
 ユーベルの口から何かが出た。
「え……なっ……」
 僕は更に後ずさった。黄色い触手のような物が、ユーベルの口から這い出るようにして姿を露にしている。

「内気な僕は異世界でチートな存在になれるか?@異世界現代群像のパラグラフ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く