内気な僕は異世界でチートな存在になれるか?@異世界現代群像のパラグラフ

木木 上入

1-37.魔王

 僕とエミナさんが、エルダードラゴンさんの背中から同時に飛び降りる。バトルドレスのヒラヒラとした袖とスカートをたなびかせながら、僕とエミナさんは地面に向かって落下した。 ――すたっ。 ――ドタッ! エミナさんは、まるで小鳥が降り立つように綺麗に着地したが、僕はがに股で、両手も地面についている。まるで蛙である。 男なら、まあ、このくらい荒い着地も見方によっては映えるだろうけど、僕は今は女性だ。しかも、ヒラヒラのスカート姿なものだから、尚更はしたなくて格好悪い。
「やれやれ、騒々しいね」
 穏やかで清涼感のある声が聞こえる。これが魔王の声だというのか。
「あれが……魔王……」
 エミナさんが、じっと魔王を見据え、慎重に間合いを計りながら呟いた。 魔王の体は真っ青なローブに、顔は青白い仮面に包まれているので全貌は分からない。 ローブは、その長さが特徴的で、魔王の背の何倍もの丈があると見受けられる。腰の部分から、いくつかの切り込みが入っているので、魔王を中心に何本もの帯が、地を這っているように見える。 仮面はひび割れていて、今にも割れてしまいそうだ。
「余の仮面がほら、ボロボロだよ」
 魔王がひび割れた仮面に手を掛けると、仮面は粉々に砕け散った。そして、徐にローブのフードを取る――中から現れたのは、人だ。 顔立ちは整い、髪は綺麗な濃い青髪をしている。体はローブに包まれていて見えないが、顔と首の感じから考えるとスリムな体型だろう。絵に描いたような美少年だ。
「やあ、今度は随分可愛らしい人間が来たね。余は……そうだな、君達に分かり易く言う方がいいだろうな。人間は私の事を色々な名で呼んだが……ふむ。これならば、人間の言葉の中でも、どうにか聞くに耐える響きだろう。プリンツユーベルとでも名乗ろうか」「ユーベル……うわっ!」
 ユーベルの青いローブが、何故か僕に向かって伸びてきた。切り込みで分かれているうちの一つだ。僕は不意の事で驚いて、思わず後ろにのけ反り、挙句の果てに尻餅をついてしまった。
「つっ……!」
 エミナさんも体を翻し、間一髪、ユーベルのローブをよけた。
「鋭い……!」
 エミナさんの、長く茶色い髪が舞い散った。 ユーベルのローブは刃物のように鋭いらしい。それがエミナさんの髪の先端に触れたから、エミナさんの髪が切れたのだろう。
「風よ、その身を鋭き螺旋の形に変え、万物を貫く刃となれ……ドリルブラスト!」「雷よ、我が手に纏わり全てを切り裂く刃とならん……ライブレイド!」
 エミナさんも僕と同じで、ローブを得物で防ごうと思っていたらしい。ふたりで同時に詠唱し、同時にそれぞれの魔法を発動、そして構えた。
「はぁっ!」
 ひと声の掛け声を発し、エミナさんは迫るローブをドリルブラストで弾いた。
「んっ!」
 僕も同じように、僕を切り裂かんとするローブにライブレイドをぶつける。 ガキッという音と共に、ローブが弾き飛ばされた。
「これでどうにか防げるね!」
 エミナさんに声をかけると、エミナさんは軽く頷いた。
「うん。でも防ぐだけじゃ、魔王は倒せない……」「うん……」「闇を射抜く光の刃、その先にあるのは希望の道……シャイニングビーム!」
 エミナさんのシャイニングビームがユーベルの方へと放たれたが、ユーベルは微動だにしていない。 エミナさんのシャイニングビームがユーベルに届く前に、ローブが射線を遮ったからだ。 ――ジイィィィィィィィィィ! ローブは幾重にも重なりシャイニングビームを防いだ。 一番前のローブが焼き切れたらその後ろのローブ、後ろのローブが焼き切れたらさらに後ろのローブとシャイニングビームは進んでいったが――五枚目のローブを焼き切ったところで、シャイニングビームは途絶えた。
「届かない……!」「でも、あと少しだよ! 紅蓮の大火炎よ……」「危ないっ!」「うわっ!」
 エミナさんが、突然僕を押し退けた。
「ああっ!」
 短い悲鳴を上げながら、エミナさんが僕の視界から消えた。
「エ……エミナさん!」「う……ぐはっ……!」
 僕の目が再びエミナさんを捉えた時には、エミナさんは胸にローブが突き刺さって苦しそうにしていた。あのローブに押し飛ばされたのだろう。
「あ……ご、ごめん、エミナさん。エクスプロージョンが当たればユーベルに届くと思って、ローブを気にしてなかったから……」
 僕は慌ててエミナさんに駆け寄った。
「大丈夫だよ。これくらいの傷ならすぐ治るから……グラッピングフィスト!」
 エミナさんが唱えると、エミナさんに刺さったローブに、どこからともなく現れた大量の石の破片が吸い付き、大きな塊になった。 ドリルブラストは、いつの間にか解除されている。トリートを使いながらグラッピングフィストを唱えるため、意図的に解除したのだろう。 グラッピングフィストは何かを強力に挟み、移動させるための魔法だ。僕の感覚で分かりやすく例えると、ペンチとかプライヤーの役割だろうか。もう少し大きな物も挟めるが……。
「ん……!」
 エミナさんが苦痛に顔を歪ませながら、かざした手を前に押し出す。すると、グラッピングフィストはゆっくりと前に動き、ローブはエミナさんの体から取り除かれた。 確かに、急所の胸を貫通しているものの、傷付いた範囲は小さい。ローブを抜いて体が自由になれば、今の魔力なら、すぐにノンキャストのトリートを唱えれば問題なさそうだ。
「うん……ごめんね」「いいよ。多少強引に攻めないと魔王に攻撃が届かないって分かったから」
 エミナさんは、右手のドリルブラストで肩に刺さったローブを切り、手で抜きながら言った。
「うん、後ちょっと足りない。そんな感じだけど……」
 ――ガキッ! ライブレイドでローブを弾く。 話している間にもローブは襲ってくる。ユーベルのローブはもう、殆ど元通りになっている。どうやらローブは再生するらしい。 つまり、切っても切っても、ローブは見る見るうちに再生していくということだ。ローブを減らしてユーベルを剥き出しにするのは無理があるかもしれない。
「もっと上の……ホーリーセイバーとか、その辺かな?」「でも、これ以上の上位魔法だと、魔力を練るのに時間がかかっちゃうから……」「隙が無いかぁ……うわっ!」
 突然、ローブの先がぱっくりと開き、そこから緑の霧が飛び出した。 僕はびっくりして後ろに飛び退く。
「なんだ、これ!?」
 僕は地面にへばり付いた緑色の液体をまじまじと見た。
「うおっ!」
 しかし、じっくりと観察している暇は無い。ローブは次々と襲ってくる。 横から迫るローブを前に跳んで躱し、後ろから来たローブはライブレイドで弾いた。 おまけにさっきの霧がローブの先端から出るとなると、色々と警戒する事も増えてしまう。
「エミナさん、さっきの霧、何だろう」「見た目は毒霧みたいだったけど……分からないわ」「だよねえ、色的には毒霧だよね」
 この世界の住民であるエミナさんの意見も、僕の意見とそう変わらないらしい。これ以上の情報は、すぐには得られないだろう。なら、この霧の事は一旦置いておいて、ユーベルに魔法を通す事の方を考えるのが先か。
「でも……!」
 ユーベルのローブによる攻撃は激しく、こちらから仕掛ける隙が無い。
「ミズキちゃん、まずはローブを……後ろ!」「え……」
 攻め手を考える事と、エミナさんの説明を聞く事に集中しすぎたのか、ユーベルのローブが僕のすぐ後ろに迫っているのに気付かなかった。
「おっと!」
 しかし、ローブと逆方向に飛び退いて距離を取る余裕くらいは十分にある。
「うあ……え?」
 突然の突風に煽られ、僕の体はローブの方に、少し押し戻された。距離を取るどころか、ローブに近づいてしまったのだ。
「く……!」
 まずい。とにかく、あのローブの攻撃を避けないといけない。僕は急いで横方向に体を倒し、地面に伏せた。 ――ブシャァァ! 思った通り、ローブは緑の霧を吐き出した。
「助かった!」
 僕は急いで立ち上がり、ライブレイドでローブを弾いた。
「危なかっ……!?」
 いつの間にか、霧が目の前に迫っている。
「何で……!」
 さっきのローブが吐き出した霧は、こんなに近くには無い筈だ。
「ぐ……風……?」
 風だ。また強い風が吹いている。風は僕に向かって吹いている。だから、霧が風に乗って僕に迫っていたのだ。
「うわあっ!」
 霧を払うのか、それともよけるのか。そんな事を考える暇など無く、僕の顔は霧に包まれた。
「うわああっ!」
 どうしていいのか分からない。取り敢えず、霧を両手で払いつつ後ろへ後ずさった。
「う……」
 突然、違和感に襲われた。この感覚は何だ。胸が……。
「ぐ……あが……」
 苦しい……だんだんと呼吸が出来なくなって――僕はたまらず、その場に倒れ込んだ。
「が……あ……が……」
 体が中から焼かれていくようだ。
「あ……あーーっ! うあああーっ!」
 あまりの苦しさに、地面をのたうち回る。が、当然ながら、一向に楽にはならない。
「うあ……あ……」
 体がいう事を聞かない。そのくせ、仰向けになった体はビクンビクンと痙攣をおこしている。 呼吸が上手く出来ず、口をパクパクと開閉させる。
「あ……」
 意識が……遠退いていく……。

「内気な僕は異世界でチートな存在になれるか?@異世界現代群像のパラグラフ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く