内気な僕は異世界でチートな存在になれるか?@異世界現代群像のパラグラフ

木木 上入

1-32.ジェネラル

「エミナさん!」
 僕の口から甲高い声が発せられる。声が戻っている事に、一瞬、戸惑う。ここがどこなのかも分からない。 思えば、ここに来たときも、こうやって違和感を感じていた。でも、あの時とは違う。一瞬の戸惑いの後は、むしろ、落ち着きすら感じている。
「あははは……すっかり慣れちゃったのかも」
 まずは目の前の事をなんとかしなければならないようだ。巨大な化け物の周りに、人間サイズの小さな化け物が、うじゃうじゃと屯している。多分、戦闘は避けられない。
「荒ぶる風よ、厚き壁となって我が身を包み込め……ウインドバリア!」
 巨大な化け物がこちらを向いたので、急いでウインドバリアを唱えた。
「うぐぅぅ!」
 緑色をした霧状の何かがウインドバリアにぶつかると、僕の体は強烈な圧力によって吹き飛ばされそうになった。
「す……凄い衝撃だ……こんなの初めて……」
 必死に踏ん張ってどうにか持ちこたえたが、ジンジンとした痛みが手に残った。この感触が、あの化け物から放たれた、緑色の霧の威力を物語っている。 一方、人間サイズの小さな化け物の方は、群れを成してこちらに走ってきている。
「まずはこいつらを減らさなきゃ……深淵なる暗黒よ、破壊の力となりて、全てを無に還せ、ダークネスディザスター!」
 僕の手から黒い波動が放たれ、それが竜巻の用に渦巻いて、小さな化け物達を襲った。 状況は飲み込めないが、取り囲まれる前に数を減らさないと、危なそうだ。化け物の密集している所に魔法を撃ち込もう。
「悪の権化の愚者共よ、正義の裁きの光によって、穢れしその身を焼き清めん……レイシャイン!」
 僕の両手から放たれた無数の光が、山なりに放物線を描いて、化け物の頭上から降り注ぐ。
「次は、あの大きいのを……闇を射抜く光の刃、その先にあるのは希望の道……シャイニングビーム!」
 僕の手から放たれたシャイニングビームが、大きな化け物を飲み込んだ。
「これで、後は小さいのを……」
 シャイニングビームの光が収まると、巨大な化け物の姿が露になった。
「あれ……き、効いてない!?」
 巨大な化け物は何事も無かったかのように羽を広げだした。
「こんなものでは傷一つ付かんな。防御には長けているようだが……」「なんだ? 喋っ……ああ! エミナさん!」
 僕の視界に大変な光景が映った。小さな化け物が群がっている所に、エミナさんが倒れている。
「ライブレイド!」
 ファストキャストでライブレイドを唱えながら、僕は急いでエミナさんの所に駆け出した。
「やめろぉぉぉ!」
 ライブレイドで化け物を切り裂きながら、ダブルキャストを試みる。
「大空を震わす稲妻よ。雪崩となってその身を轟かせよ……ライトニングテンペスト!」
 僕の手から激しい雷が、僕とエミナさんの間に居る化け物に降り注ぐ。この隙に、エミナさんの近くへ走っていこう。
「エミナさん!」
 僕はエミナさんの傍らに着くと、しゃがんでエミナさんの上半身を持ち上げた。
「う……ミズキ……ちゃん?」「エミナさん、大丈夫?」
 衣服はズタズタに切り裂かれ、体のそこかしこには生々しい傷痕が残っている。
「酷い怪我だ。あいつらにやられて……こいつぅ!」
 近づいてきた化け物を、ライブレードで斬る。
「ミズキちゃん、ミズキちゃんは、そうやってジャームを退治しながら、ジェネラルの……あの大きいジャームの攻撃を防いで」「う、うん。分かったよ……ウインドバリア」
 もうピンピンしているエミナさんに驚きながら、ウインドバリアを唱えて化け物の……どうやらジャームというらしいが、ジャームの攻撃に備える。
「そっか……」
 エミナさんの体が、いつの間にか戦えるくらいに回復しているのは、恐らくノンキャストでトリートをかけていたからだ。あの時、僕が無意識にやったのと同じだ。
「焔焔たる五つの破壊者よ、その力を以て全てを焼き尽くせ……クィンターバースト!」
 後ろでエミナさんがクィンターバーストを唱えたのが聞こえた。 エミナさんの放った火球が、僕の周りに次々と着弾する。
「うひゃー!」
 エミナさんが僕の方へ振り向くと、僕の顔を見てにっこりと微笑んだ。
「ミズキちゃん……また助けられちゃったね。私、勇者失格かもね……」
 エミナさんの髪は、クインターバーストの爆風に激しくなびいている。
「ゆ、勇者!?」「ふふ……話は後だよ。二人なら苦戦しない! ミズキちゃん、まずはジャームを減らすよ! ウインドバリアはそのままで、ダブルキャストで全体魔法を!」「う、うん……深淵なる暗黒よ、破壊の力となりて、全てを無に還せ、ダークネスディザスター!」
 てきぱきと指示を出すエミナさんに気押されながら、ダークネスディザスターを放つ。
「天から降るは純麗じゅんれいなるあおき刃……ブリザードストーム! 紅蓮の大火炎よ、全てを覆い、燃やし尽くせ……エクスプロージョン!」
 エミナさんも、僕の横で魔法を唱えているが……。
「は……早い……」
 エミナさんの詠唱速度は凄まじい。以前の二倍くらい早いスピードでフルキャストしている。
「これなら……ミズキちゃん、私にワイズゲインを!」「分かった! 貪欲なる知識の探求者よ、汝に束の間の才気を……ワイズゲイン!」
 僕はエミナさんの方へ掌を向けて、魔法の威力を増大させる魔法「ワイズゲイン」を放った。
「その力、補助に長けた魔法使いか。厄介なものが……はああぁぁぁぁっ!」
 巨大なジャームが、また緑の霧を飛ばしてきた。
「ウインドバリア!」
 エミナさんがファストキャストでウインドバリアを唱え、僕の維持しているウインドバリアと重ね合わせた。 緑の霧はウインドバリアに命中すると、それに弾かれて二股になり、霧散した。
「よ……よし!」
 二人のウインドバリアが重なったからなのか、衝撃は、ほぼ無かった。
「はあぁぁぁぁぁ……」
 僕の隣で、エミナさんが口からゆっくりと息を吐き、両手を前へ突き出した。
「闇を射抜く光の刃……その先にあるのは……希望の……道……!」
 エミナさんが呪文を唱える。目を閉じて、ゆっくりと、丁寧に……。
「シャアイニングッ! ビイィィィィィィィムッ!」
 エミナさんの手から飛び出た閃光が、まばゆい光を放ちながらジャームへと向かい――ジャームを包み込んだ。
「こんなもの……こん……こんな……う、うごあぁぁぁぁぁ」
 巨大なジャームが、激しくもがきながら悲鳴をあげている。
「凄い……」
 鼓膜が破れそうなほどの悲鳴。そして、シャイニングビームの、ジャームを包み込む巨大な光と、目が眩みそうなほどの光。僕はそんな光景に圧倒された。
「……っ!」
 その間にも、小さなジャーム達は、僕とエミナさんに襲い掛かってくる。 普通のジャームだったら僕一人でどうにかなる。僕はライブレイドと範囲魔法で、エミナさんに近づけさせないように、ジャームを相手にする。 ――特に苦労も無くジャームは倒せたが、気が付くと巨大なジャームの悲鳴は止まっていた。 ふと、巨大なジャームを見ると、僕は巨大なジャームがシャイニングビームの光の中で、跡形も無く消え去る。まさにその瞬間を目撃した。
「や、やった……」
 巨大ジャームが居なくなったら、もう小さいジャームだけだ。小さいジャームなら、僕とエミナさんの相手にはならないだろう。

「内気な僕は異世界でチートな存在になれるか?@異世界現代群像のパラグラフ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く