内気な僕は異世界でチートな存在になれるか?@異世界現代群像のパラグラフ

木木 上入

1-12.邪光のカーテン

 ――コンコン。 僕はエミナさんの部屋のドアをノックした。
「ミズキちゃん? どうぞ、入って」
 エミナさんの声がしたので、僕はドアを開けた。 エミナさんは、部屋の中で椅子に座ってこちらを見ている。
「こっちへ」
 エミナさんが呼んでいる。
(何だろう……)
 僕は少し緊張しながら部屋に入り、エミナさんの近くへと歩き始めた。 呼ばれたのはロビン君を病院へと送った後、食事していた時だ。
「……そうだ! ミズキちゃん、後で私の部屋に来て!」
 その一言で、僕はここへ……今まで体験した事の無い、女の人の部屋の中に入る事になったのだ。
「ミズキちゃん、ここ、座って」
 エミナさんが立ち上がり、開いた椅子に座るよう、僕に進めた。
「え? いいよ、座ってて」「ううん、違うの。まあ、座ってみてよ」
 エミナさんは、妙に機嫌が良さそうに喋っている。
「うん……」
 僕は釈然としない気持ちで椅子に座った。
「本当……」「え……?」「本当に綺麗な髪だよね、ミズキちゃんの髪」「え……そ、そう?」
 僕は自分の髪に触れた。確かにサラサラで、綺麗かもしれない。 しかし、この世界の感覚も、僕自身の髪も、まだ馴染みの無いものなので、良く分からない。
「そうだよ! ……ね、髪型、そのままじゃ勿体無いからさ、可愛くしよ?」「え? 可愛くって……?」「昼間、色々あったけど……髪、乱れやすいんだなって。最終的にはボサボサになっちゃってたから、髪型、変えた方がいいと思うんだ」「そ、そうかな……」
 僕としては、もう熊のリビングデッドと戦ったり、延々と走らされたりはごめんなので、髪の乱れない生活を送るようにしたいところだ。
「でも、切るの勿体無いと思うの。こんなに長い、綺麗な桃色の髪なんだから」「うん……」
 確かに長い。 それにしても、エミナさんは、僕の髪を相当気に入っているらしい。
「だから、ボサボサになっても誤魔化せる髪型に……」
 エミナさんが、櫛で僕の髪をすきはじめた
「そんな髪型、あるの?」「うん、ちょっと乱れたくらいが可愛いやつ。あ、それに、動き易いように纏めた方がいいわよね。腰より下に伸びてると色々不便だろうし」
 エミナさんは、なんだかんだ言いながら、僕の髪を弄り回しているらしい。
「……ねえ、ミズキちゃん」
 ふと、エミナさんの声のトーンが下がった。
「え……な、何?」
 なんだか、かしこまった雰囲気になったので、僕は恐る恐る返事をした。
「昼間はさ、危険な目に遭わせてごめんね」「うん? いや……い、いいよ、別に」
 本当は全然良くない。一つ間違ったら死んでいたかもしれない。
「記憶喪失で、頭も混乱してたのに、いきなりこんな事に巻き込んじゃって……」「ほ、本当に良いんだ、別に。エミナさんこそ、そんなに傷だらけになってさ」「私は……仕方ないのよ。魔法が使えて身軽な人は、この村には、そんなに居ないから……」
 エミナさんは髪を弄る手を止め、ゆっくりとした足音を鳴らしながら、僕の正面へと歩いてきた。そして、僕の目を見つめると、話しだした。
「ミズキちゃん、貴方はロビンの命の恩人です。本当にありがとうございました」「え……何、急にかしこまって」「今言った通り。弟の命を助けてもらったんだから、当然でしょ? ありがとう、本当に」「ど……どういたしまして」
 僕が照れくさくてモジモジとしていると、エミナさんはサッと僕の目の前に鏡を突き出した。
「あ……」「どう?」
 エミナさんがにっこりと笑う。
「わ……」
 言葉を失う。髪型を少し弄られただけで、随分と印象が変わるものだ。 両側を大きなリボンで縛って纏め、それでもまだ余っている髪は、金色のリングで纏めて耳の前を通している。
「うん、かわいい。こうしておけば、ちょっとくらい髪が跳ねても気にならないと思う」「なんか、凄く女の子っぽいな……確かにかわいいよ、凄く」
 自分に一目ぼれしたというのだろうか。凄く可愛くて、一瞬、言葉が出なくなったほどだ。
「でしょ。こんなにかわいい女の子なんだもん、何にもしないなんてもったいないよ」「そう……だよね。僕、女の子だもんな……」
 自分が女の子だという実感は未だにわかない。この世界への違和感と同じだ。
「あ……でもさ、寝るときはどうするの? もう夜だけど」「寝るときは外さないとだね。でも、また朝になったらやってあげるから!」
 エミナはそう言うと歩きだし、窓のカーテンを開けた。
「綺麗な空だね」「星かい?」「ううん、邪光じゃこうのカーテンを見てたの」「え? じゃ、ジャコウ?」「そう、邪光のカーテン」「何、それ」「それも記憶喪失なんだ。じゃあ……今、空ってどうなってると思う?」
 エミナさんは、カーテンを閉めながら言った。
「空?」
 僕はしばらく考え込んだ。単に夜空の事を聞いているのだろうか。それとも、天候や星の事を聞いているのだろうか。邪光のカーテンとは何なのか……考えても、特に何も思い浮かばないので、ひとまず頭に浮かんだ夜の空の様子を答える事にした。
「真っ暗なんじゃないかな……」
 当てずっぽうで答えた、適当な答えである。
「真っ暗な空に浮かんでいるもの、あるでしょ?」「ああ、やっぱり、星とか天気とか、そっちの事かぁ」「そうじゃないの……やっぱり分からないんだ……ちょっと立って」「ん? うん」
 良く分からないが、僕は言われるままに立った。 すると、エミナさんは椅子を窓の正面へと移動させた。
「ここ、座って」「う、うん」
 僕は、やはり言われるがままに、椅子に座った。
「あれを知らないって事は、ミズキちゃんは本当に、あの時に記憶喪失になったって事なのかな……? コーチが暴れた時に、頭を打ったとか……」
 エミナさんは、ぼそぼそと言うと、徐にカーテンを開いた。
「これが……空に浮かんでるものだよ」「こ……これって……」
 星がある。晴れているから目立たないが、雲も月明かりに照らされて見える。そして……エミナさんは、これの事を言っていたのだろう。
「オーロラ……?」「オーロラ? オーロラが何かは分からないけど……あの、ゆらゆらと揺らめいている光。あれが邪光のカーテン」「邪光の……カーテン……」
 赤紫や青紫色の光が、まさにカーテンのような形を作り、風になびいているかのように揺れている。 あの形は、何度かテレビで見た事がある。オーロラだ。紫色のオーロラが、特に寒くもないのに空に浮かんでいる。
「綺麗だな……」「本当に知らないんだ……日常的な風景なんだけど……すっかり忘れちゃってるのかな? それとも、相当歳をとっているとか……いえ、でも、そうなるとエルフよりも、もっと寿命が長いっていう事だから……そういえば、エルフも記憶に無いんだっけ?」「うん。イミッテに合って、なんとなく分かったけど……」「ふぅん……じゃあさ、別のエルフに明日、会ってみましょう。魔法みたいに、何かの拍子に思い出せるかもしれない」
 エミナさんは、あの時に魔法が使えたのは、僕が魔法の使い方を思い出したからだと思っているようだ。 僕としては、訳も分からないまま何故か魔法が打てただけだし、魔法を使ってみても、特に何も思い出しはしない。その上どうして魔法が打てたのかも分からないので、結果的には謎が深まっただけなのだ。
「この村は人間の村だし、人口もそれ程多くない。だけど、一人だけエルフが居てね、魔法雑貨屋さんをやっているの」「へぇ……魔法の雑貨屋さんかぁ……」「……空、見てるの?」「……ああ、ごめん。綺麗だなって」
 僕は、いつの間にか邪光のカーテンに見とれてしまっていた。オーロラは見た事が無いけど、きっとあんな感じなんだろうな。
「そっか……見た事無い人が見ると、やっぱり綺麗なんだ」「え? 見た事無い人が見るとって……エミナさんは違うの?」
 僕が言うと、エミナさんはかぶりを振った。
「私は綺麗だと思う。だけど、そう思ってる人は少ないの」「そうなの? 慣れてるからかな」「それもあると思うけど……それだけじゃない。あれは魔王の力だと言われているの」「魔王……か……」
 魔法、エルフ、魔王……それらの単語は、僕の記憶にある世界で使用されているが、現実には存在しないものばかりだ。
「いてて……」「どうしたの?」
 エミナさんが首を傾げた。
「いや……何でもないんだ」
 僕は、これまでの事を色々と考えて、この世界は現実世界じゃない。夢の世界だと結論付けたが、頬をつねってみて、それも分からなくなった。 時間が経っても、寝ても、頬をつねっても、夢から覚めない。 どうやら僕は、中世ファンタジー調の、剣と魔法の世界に迷い込んでしまったらしい。
「魔王はね、勇者に倒される直前に、この世界を結界によって隔離したと言われてるの。そして、その結界の色が、魔王の力の色、赤い紫や、青の紫だと言われているの」「なるほど……たしかに、魔王の力だと言われると、なんだか綺麗に思っちゃいけないような気がするもんね」「そう。だから皆、あの色を不吉がって、嫌がってるの。でも……知らない人が初めて見て綺麗だって思うなら、やっぱり綺麗なのかも」「そう……だよね……僕も、綺麗だと思うよ、とっても……」
 絡み合う赤紫と青紫の、ぼうっとした光。オーロラのようなそれは、ゆらゆらと不規則に揺らめいて……それを見ていると、なんだか心が安らいで、嫌な事も忘れてしまえる気がする。 僕はエミナさんと二人、この奇妙な世界に建つ木造の家の一室に腰を下ろし、窓辺で隣り合って、夜更けまで邪光のカーテンを見ていたのだった。

「内気な僕は異世界でチートな存在になれるか?@異世界現代群像のパラグラフ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く