内気な僕は異世界でチートな存在になれるか?@異世界現代群像のパラグラフ

木木 上入

1-10.疾走

「はぁ……はぁ……」
 息が弾む。足も段々と動かなくなっている。グラウンドを五周くらい回っている感覚だ。
「こんなメモ渡されてもさ……」
 握りしめたメモが、激しい運動と緊張とで出た汗で滲んでいるのが分かる。 メモには、休憩した川から巨木の裏までのコースと、ひたすら走ってエミナさんの弟を助けろという事が書いてあった。
「魔法をかけてくれたのはありがたいけど……」
 エミナさんは、僕との別れ際に魔法をかけてくれたらしい。エミナさんに肩を触れられてから、体が軽くなって、疲労もそれ程感じなくなった。
「これ、魔法が切れたらどうなるのかな? ……いきなり疲れが出てきて死んじゃったりしないだろうなぁ……」
 なんだか急に不安になってきた。とはいえ、ここで本当に逃げ出して町まで戻るとして、無事で戻れるかなんて分からない。この森全体が、怪しげなネクロマンサーとやらに支配されているのだろうから。
「ナイフだけじゃあ、あんな化け物とは戦えないしなぁ……」
 ズボンのポケットに入っているナイフも、メモと一緒に渡されたものだ。メモによると、丸腰よりはマシだろうと武器を渡してくれたらしい。 が、さすがに熊……しかもリビングデッドの熊と戦う事は出来なさそうだ。 いずれにしても、僕は、このメモを頼るしかない。二人がどこまで考えていたのかは分からないが、この紙に書いてある事を強制的にやるハメになっている。
「はぁ……はぁ……くそっ!」
 凄い理不尽さを感じるが、大きな声を出すわけにはいかない。小さな声で毒づく。
「もうすぐ着く筈だぞ?」
 地図では、そろそろ巨木が姿を現す頃だ。というか、姿を現してもらわないと困る。魔法で増強されているとはいえ、体力は確実に消耗しているのだ。そろそろ着かないと、体力が持たない。
「あ……あった!」
 上を見上げると、木々の間から触手の様にうねる木の枝らしきものと、巨木が見えた。メモの絵は下手だが、多分、あれに辿り着ければいいのだろう。 僕はひたすら走った。巨木がぐんぐんと近付いてくる。近付くにつれ、その木が枯れている事に気付く。
「うわ……」
 遠目からでは分からなかったが、木の幹がボロボロになっている。そして、今まで緑色の葉だと思っていたものは、全く別の者だった。緑色の蛇が、木全体に巻き付いている。おぞましい光景だ。 僕はその光景に恐怖を感じながらも走った。
「うん?」
 暫くすると、なにやら騒々しい音が聞こえはじめ、そのうち人の声も聞こえてきた。一人はエミナさんの声だ。
「イミッテちゃん、これ以上は……!」「まだだ! ギリギリまで……!」
 続いてイミッテの声も聞こえる。
「ここまでのようねぇ……もうちょっと楽しめるかと思ったけど……」
 今度の声は、誰の声か分からない。聞き覚えの無い声だ。
「ま、まずいのかな……」
 話の内容から察するに、エミナさん達は追い詰められているみたいだ。
「でも、もうすぐだよな……」
 声のする方へ急ぐ。どうやら、声は巨木の後ろから聞こえて来るらしい。 どうやら僕は、ぐるりと大きく木を回り込んでいたらしい。
「きゃあっ!」「イミッテちゃん!」
 イミッテとエミナさんの叫び声が聞こえる。上を見ると、木の枝が足に巻き付いていて、宙吊りになっているイミッテの姿が見えた。
「フフフ……もう終わりにようかねぇ」「くそっ! 放せ! 放せよおっ!」
 イミッテは必死にもがいている。
「ど、どうしよう……僕の力じゃどうしようもないしなぁ……」
 イミッテを助けようと思ったが、魔法は使えないし、弓も無い。勿論、拳銃なんて、もっと持っているわけないし……そもそも持っていたとしても、僕ではどれも使えないだろう。
「……あ!」
 巨木に人が縛り付けられている。髪の毛は黄色く、逆立ってツンツンしている。それに、羽飾りと、グリーンとブラウンの服。エミナさんに聞いた、ロビン君の特徴そのものだ。
「居た!」
 僕はロビン君を目指して巨木に近付いた。巨木はモンスターらしく、枝をブンブンと振り回して暴れている。が、こちらとは反対方向なので、ロビン君の近くに着くのは簡単だった。
「ロビン君? エミナさんの弟のロビン君だよね!?」
 巨木の根元に括り付けられているロビン君に話しかける。
「ん……誰だい……? あんたは?」
 体力の消耗が激しいみたいだ。口調は強いが、呂律が回っていないし、声も弱弱しい。
「助けに来た。待ってて!」
 ロビン君を括り付けているのは、細い縄だ。このくらいなら、僕でも引き千切れると思う。
「ん……!」
 意外と頑丈だ。
「駄目だ……」
 考えてみれば、拘束するための紐が、そんな簡単に千切れるわけはない。
「ナイフ!」
 イミッテの叫び声が聞こえた。 声の方を見る。イミッテがこちらを見ていた。 イミッテは巨木の枝に体を拘束されているが、空中に吊られているおかげで視野が遠くまで広がっているので、こちらの様子が見えるらしい。 しかし、木の枝の締め付ける力が強いのか、木の枝は体に食い込み、顔は苦痛で歪んでいる。身に付けているチャイナ服もボロボロだ。
「あわわ……急がないとまずいかも」
 僕は急いでポケットの中にあるナイフを取り出し、カバーを外した。
「このためだったのか……」
 どうにしたら安全に紐を切れるのか分からないが、とにかく切らないといけない。紐の上からナイフを押し付け、切ろうとする。。
「こんな感じにやってるよな、映画とかだと」
 ナイフを持つ手に力を入れ、紐の方にも上に引き上げるように力を入れる。
「ん……んん……!」
 更に思いきり紐にナイフを押し付ける。ブチッという音と共に、紐に僅かに切込みが入る。
「あ……」
 この調子なら、どうにか切れそうだ。僕は一旦力を抜いて、再びナイフを強く押し付けた。 ――ブチブチッ! 切れた瞬間、紐はゴムのように弾け、地面に落ちた。
「う……」
 ロビン君が倒れてきたので、僕は急いで支えた。
「逃げろ! 黒蛇こくじゃはとっくに気付いてるぞ!」
 再びイミッテの声だ。
「逃げるったって……!」
 どこに逃げるのか。僕は周りを見渡した。すると、こちらに走ってくる、黒い何かの姿が見えた。
「……!」
 良く見ると、女の人だった。少し縮れた長い髪は黒く、衣装も黒かったので、一瞬分からなかったが、あれは人間だ。
「う、うわっ!」
 女の人は周りに蛇を従え、自らの体にも蛇を纏わりつかせながら、こちらへと走っていて、顔には満面の笑みを浮かべている。 その様子に、僕は恐怖した。あの人から逃げるんだ。
「ロビン君、走るよ! 辛いかもしれないけど……あとちょっとだから!」
 そう言って、僕はロビン君に肩を貸した。 気が動転しているのだろうかか。何があとちょっとなのか自分でも分からないが、とにかく、僕はロビン君を連れて逃げないといけない。 ロビン君も、力を振り絞って必死に足を踏み出している様子だ。
「ふふふ……逃がさない……」
 黒蛇こくじゃと呼ばれた黒ずくめの女は、そういいながら、僕の方へ手をかざした。
「ダークボルトだ! 逃げろ!」
 イミッテの声が響く。
「に、逃げろったって……!」
 黒蛇こくじゃの掌に、一瞬にして黒い塊が形成された。後は発射するだけといった様子だ。そんな状況を前に、僕はどうする事も出来ない。ロビン君を担いだ状態で飛び退く事も出来ないし、短い間に距離を稼いだって、防げるものでもあるまい。
「やめろ黒蛇こくじゃあぁぁぁ!」
 イミッテの叫び声が、空しく木霊する。 僕は、ロビン君を助ける事が出来ないのか。散々走った挙句、これだ。もしかすると、僕はビルから飛び降りて死ぬ価値さえ無いのかもしれない。 ……いや、ロビン君だけなら、もう少しだけなんとか出来るかもしれない。 僕は咄嗟にロビン君を地面に伏せさせ、そこに覆いかぶさった。

「内気な僕は異世界でチートな存在になれるか?@異世界現代群像のパラグラフ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く