内気な僕は異世界でチートな存在になれるか?@異世界現代群像のパラグラフ

木木 上入

1-8.黒蛇

「ウフフフ……」
 薄暗い森の中、後ろの巨大な枯れ木に寄り掛かりながら、レヴィアは微笑を浮かべた。
「随分と勇敢な達だこと」
 木漏れ日は不自然な斑模様を浮かべ、禍々しくうねっている。
「でも、無謀な達ね……一人だけ利口なのが居たようだけど……」
 レヴィアの真っ直ぐ前に伸びた腕には、カラスが一匹止まっている。 ――黒蛇こくじゃ。 レヴィアはいつしかそう呼ばれ、恐れられるようになった。 好んで災いをもたらし、人を苦しめる事に快感を感じる彼女は、存在そのものが不吉で邪悪だとされている。
 ――黒蛇こくじゃを見たら絶対に近寄らず、速やかに王立騎士団や傭兵ギルドへ通報せよ――。
 多くの手配書には、そう書いてある。 レヴィアはそれを見る度に、ぞくぞくとした快感に襲われる。
(人間は私を恐れる。私がもっと高次元の存在だから)
 レヴィアが口元を緩ませる。 その昔、世界を支配していた種族は人間ではなかった。そして、その種族は、圧倒的な力を持っていた。その種族もこうやって人間を弄んでいたのだ。 ――そう。私はその種族のうちの一人との交信が可能なのだ。この蛇達も、その圧倒的な存在から生まれし者。黒蛇こくじゃと呼ばれる度に、私はその存在に近付いていく……。 今、レヴィアの瞳には、腕のカラスの頭上に現れた像が映っている。これからレヴィアの手にかかるのであろう、哀れな二人の少女がだ。 二人は迷うことなく、無謀にも正面からレヴィアの居る所へと足を進めたようだ。もう、レヴィアが足音を感じ取れるところまで来ている。


「ほう! ネクロマンサーはお前だったのか!」
 巨大な枯れ木に身を預けている、深緑の髪の女性を見て、イミッテの叫び、エミナの体には緊張が走った。
「知ってるの、イミッテ?」
 イミッテの態度は強気に見えるが、相手の正体が分かった途端に動きは慎重になった。手強い相手に違いない。エミナも注意深く黒蛇こくじゃを見据え、警戒しながら黒蛇こくじゃとの距離を測る。
「お尋ね者だ! 邪神崇拝者、黒蛇こくじゃのレヴィア!」「黒蛇こくじゃの……レヴィア……!]
 エミナはその名を聞くと、自然と体が強張った。 黒蛇こくじゃのレヴィアといえば、有名な高額の賞金首だ。存在そのものが不吉なので近寄よってはいけないと、王宮からも警告の知らせが届いている。
「ふぅぅ……」
 イミッテは、深く呼吸をしながら構えの姿勢をとった。 足は前後に大きく開き、屈んで重心を落とした。左手は、ほぼ地面と垂直に前へ伸ばし、手の平は黒蛇こくじゃの方へと向け、指先までぴんと伸ばしている。 右手は力を抜いているらしく、ほぼフリーの状態だ。あの右手から様々な技を繰り出すのだろう。
「気を付けろよエミナ。特に、上のにはな」「え? ……きゃっ!」
 上を見たエミナは思わず短い叫び声を上げた。 レヴィアの後ろには巨大な木があり、そこに無数の蛇がぶら下がっているのだ。 蛇は決して小さくはない。エミナの背を優に超える大きさの個体も沢山居る。
「こんな……ものが……」
 エミナは両手で口を塞ぎ、驚愕した。
「それだけじゃないぞ。この重量に、この枯れ木は耐えている」「はっ……!」
 イミッテの言葉を聞き、何故黒蛇こくじゃがこの場所に居たのか分かった。
「リビングデッド……! これが!」
 エミナは、更に驚き、目を見開いた。
「枯れ木でも……いえ、普通の木だって、こんな大量の蛇は支えられないわ。あれは朽ちない枯れ木……木の巨大リビングデッド……!」「ふ……ウフフフフフ……アハハハハハ! 喜んでもらえたみたいで嬉しいわ! 貴方達のその顔、とっても素敵、最高よぉ!」
 レヴィアの笑い声が、辺りに響く。
「く……!」
 エミナを囲むのはリビングデッドと蛇、そして、精神を高揚させている黒蛇こくじゃもだ。 心を支配する恐怖を押し殺そうと拳を強く握り、エミナは一歩前へと足を踏み出す。
「エミナ! 私が前で戦線維持するから、エミナは後ろで補助と、敵の数減らしを頼むぜ!」
 イミッテが前へと駆け出した。
「分かった!」
 エミナもイミッテの後方へ位置取りし、黒蛇こくじゃ、リビングデッド、蛇の動きを注視しながら間合いを調節する。
「ふぅぅぅ……鳥魚流とりうおりゅう隼烈じんれつ!」
 イミッテの放った手刀はヒュンと高い音をたて、襲い来る蛇を同時に二匹、斬り裂いた。
「荒ぶる風よ、厚き壁となって我が身を包み込め……ウインドバリア!」
 イミッテの後ろでエミナが呪文を詠唱すると、手の平の前に空気が渦を巻いた。 エミナがイミッテの周りを注視する。辺りには無数の蛇と、しなる枝を振り回している木のリビングデッドが見える。 イミッテはそれを躱しながら、様々な拳法で大量の蛇を片っ端から退治している。
「……!」
 木のリビングデッドの攻撃が、イミッテの死角からイミッテに迫っている。イミッテちゃんでも避けきれない。エミナはそう思ってイミッテの前へと躍り出た。
「ううっ!」
 しなる枝と、エミナのウインドバリアが激しくぶつかり合う。 木のリビングデッドはかなりの大木だ。その枝は、エミナの体の二倍は太い。 その枝が生み出す衝撃は、ウインドバリア越しにも相当強い。
「く……っ!」
 手が痺れ、じんじん痛む。これが直に当たったら、ただでは済まないだろう。
「エミナ?」「大丈夫、ちょっと、反動が強くてびっくりしちゃった」「そうか。良かった。が、少しまずいな。押されている」
 イミッテは次々と蛇を退治しているが、蛇の大群の物量に押され、じりじり後ろに下がっている。
「多少の隙は出来るけど……ダブルキャストでいくわ」
 エミナは空いている左手をイミッテの頭上高くへかざすと、詠唱を始めた。
「天から降るは純麗じゅんれいなるあおき刃……ブリザードストーム!」
 上空から、無数の細く青い筋が、高速で地面に降り注ぎ、蛇へと突き刺さる。 降り注いだのは氷。針の様に細い、無数の氷だ。それによって、蛇は死に至り、そうでない蛇も、背から地面へと貫通した氷の針によって足止めされている。
「おお! エミナもやるではないか! 礼を言うぞ、これで少しやりやすくなった」
 イミッテがレヴィアとの距離を一気に詰める。
黒蛇こくじゃ! もうすぐ私のレンジ内に捕えてやる! 首洗って待ってろよ!」「フフフ……範囲魔法如きでいい気になっているようだけど……魔法使いならそのくらい使えて当たり前でしょう?」
 レヴィアは前に手をかざすと、その手から黒く丸い魔力の塊を放った。
「おおっと!」
 イミッテが咄嗟にダークボルトを躱す。
「ダークボルト……闇属性の攻撃魔法……!」
 エミナも、その後ろでダークボルトをよけた。
「単体魔法じゃないか! そんな事言って、自分じゃ範囲魔法は使わないんだな!」
 イミッテが、隼烈じんれつ(じんれつ)を蛇に繰り出しながら言った。
「私が使うまでも無い。私の愛しい僕が使ってくれるから」「なに!?」
 イミッテは警戒して飛び退いたが、すぐにそれが無意味な事だと分かった。 エミナとイミッテの周りには、すでに枯れ葉が渦巻いていたからだ。
「くっ……エミナ、堪えろよ!」「……!」
 舞い散る無数の枯れ葉が、二人を襲う。
「うあああああ!」「きゃぁぁぁ!」
 枯れ葉は鋭く、二人の体に触れるだけで皮膚を斬り裂いた。

「内気な僕は異世界でチートな存在になれるか?@異世界現代群像のパラグラフ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く