内気な僕は異世界でチートな存在になれるか?@異世界現代群像のパラグラフ

木木 上入

1-6.ネクロマンサー

「もう近くには居ないかもしれないな……」「どこかに隠してあるのかもしれない」「だが、探し尽くしたぞ。もう、人を隠せる場所なんて!」
 町の中心にある、大きい広場に集まって、町の人達が話をしている。
「近くの集落には伝えてあるから、そちらでも動き始めていると思う」「腕の立つ者だけで、捜索範囲を広げるか……」「広げるにしても、範囲は絞った方がいい」「絞るったってなぁ……」「何か、変わった所を見た者は居ないか? 普段無い所に祠があったとか」「ううむ……これといって無かったが……」「そういやあ、泉に飛閃虫ひせんちゅうが集まってたな、明るかった」「そろそろ出てくる時期だからな」「孵化した奴らだろう。この時期には珍しくない」「そうか……」「あたしの梅漬けの壺が、知らん間に動いていたんじゃがのう」「婆さん、そりゃ、儂が動かしたんじゃよ。壺の裏に小銭を落としてもうたんじゃ」「なんじゃ、そうじゃったのかい!」(梅はあるんだなぁ……)
 僕はそんな事を思いつつ、同時に、あの木の事を思い起こしていた。 不自然に揺れない木、どことなく異様な感じがした。
「……ん?」
 いつの間にか、僕に視線が集まっている。
「ええと……」
 疑われても当然だ。僕は昨日この村に現れたばかりだし、どうやってここに来たのかは自分でも分からないし。
「ええと……その……」「お嬢さん、名前は知らんがリビングデッドに襲われたんだってな」「え? ……ええ」
 どうやら僕自身を疑っているわけではないらしい。
「その時、周りに何か変わった事が無かったかのう?」「それは……無いわけじゃないんですが……凄く普通のことかもしれないけど……」
 魔法があって、リビングデッドもあって、お城もあって……ここの常識がまるで分からないので、僕は恐る恐る、木の事を話した。
「動かない木……か……」「枯れているのでは? 葉を付けていない木ならば、風には揺れない」「だが、葉は付いていたと言っている。だが、他の木と少しだけ違っているとも言っている」「ふむ……それに良く考えれば、その一本だけ枯れているのは不自然だな……」「いや……不自然ではないぞ」「ババ様?」
 村の皆の視線が、ババ様と言われた、白髪を伸ばしたお婆さんへと注がれた。
「一本だけ枯れているのは不自然ではない。精気を吸われた後だと考えればな」「精気を吸われた後だと……?」「ネクロマンサー……」
 エミナさんがぼそりと言うと、皆の視線はエミナさんへとそそがれた。
「そうじゃ。リビングデッドを操っていたのなら、その主はネクロマンサーと考えるのが自然じゃろう」「でも、ネクロマンサーが、生きている何かの精気を吸い取るのは……」
 エミナは深く考えているようだ。
「ライフスティールという呪文は聞いた事があるじゃろう?」「ありますけど、木を丸々一本枯れさせています」「うむ。並みのネクロマンサーには不可能じゃろうが……相当に熟練されたネクロマンサーなら、それも可能じゃ。ファイアーボール一つでも山を一つ焼ける魔法使いを、私は何人か知っている」
 辺りがざわつく。
「そんなに強力なネクロマンサーが……」「まともに戦っては、まず勝ち目は無いじゃろう。じゃが、戦わずともロビンは救い出せる筈じゃ」「戦わずとも……」「一つだけ枯れた木、恐らく、ネクロマンサーは、そこを一時的に拠点にしていて、ロビンもそこに居る可能性が高い」「つまり、ネクロマンサーに見つからない様に、そこに侵入すれば……」「そうじゃ。そして、そのためには強い腕力を持つ戦士よりも、器用な魔法使いが有利じゃろう」「え……ババさま、それって……」「うむ。エミナ、お前が一番適任じゃ。ロビンの事も良く分かっておるじゃろう?」「ええ、そうですね……」「何か、浮かぬ顔をしておるな」「少し……怖いです。でも、そういう事ならやってみます」「ふむ、他にもう一人選んで連れて行くとよいじゃろう。だらしない大人達で申し訳ないが、エミナ、お前だけが頼りじゃ」「もう一人……ですか」
 エミナさんが皆を見回す。
「村一番の戦士ブライアンか、魔法においてエミナに引けは取らないロイじいさんか……森の中に行くのなら、ハンターのシリーを連れて行くのも良いじゃろうな」
 張りつめた空気の中で、エミナさんがこくりと頷く。
「では……」
 エミナさんは、連れて行く人を決めたようだ。
「ミズキちゃん……ミズキちゃんがよければ、私と一緒に来てくれない?」「ふえっ!?」
 エミナさんは、今、何て言った? 僕を連れて行くと言ったのか?
「ぼ、僕?」「うん」
 エミナさんが頷く。目線は常に僕の目を見ている。
「ええと……」
 本当に僕でいいのか? そもそも、僕が行って大丈夫なのか? 僕は何かの冗談かと思ったが、エミナさんの目は真剣そのものだ。
「い、いいけど……僕で大丈夫なの? 特に喧嘩も強くないし、魔法も使えないし……」「うん。私、ミズキちゃんを一目見た時から何か……感じだって言うのかな。ピンときたの。なんでかは分からないけど……」「ええ? つまり、勘って事じゃ……」「勿論、それだけで選んだんじゃないわ。ミズキちゃんはリビングデッドに襲われた時、ホーリーライトで浄化した。ホーリーライトをノンキャストで、しかも無意識のうちに使えるのって、相当な魔法の使い手だと思うの」「んん……そうなのか……でもなぁ……」「ほう……感覚だけで選んだわけではなさそうじゃな」「はい。それに、女性二人なら相手も油断すると思うし、ミズキちゃんは私よりも小柄です。相手が仕掛けてくるとすれば奇襲。小柄な魔法使いなら、それに素早く対応出来る筈。それに見合う人は、この町にはミズキちゃんしか居ません」「なるほど。じゃが……客人を疑うようで悪いが、ミズキ殿がネクロマンサーだった場合はどうするのじゃ? 一見大人しそうじゃが、この村に現れたタイミングから考えると、ネクロマンサーだという確率は高いぞ。その上、記憶喪失で素性も分からん」「だとしたら、尚更、私が近くに居た方がいいと思います。闇討ちされるよりも、見える所から攻撃された方が対処しやすい」「なるほどな……よかろう。もう一度聞くが、ミズキ殿、貴方もよろしいか?」「あ……は、はい。泊めてもらった恩もあるし、僕で何か役に立てるなら……」「よし、それから傭兵も一人付けよう。たった今連絡があってな、腕の立つのが一人見つかった」「もう見つかったのですか」「もうといっても、もう大分日が高くなっておるぞ。とはいえ、この辺境の地では中々見つかるものではないが……じゃが、幸いな事に、ギルド所属の者が近くに居たのじゃ」
 ババさまが横を向く。その先には、僕よりも小さな女の子が居た。
「イミッテだ! 宜しく頼むぞ!」
 ――といった経緯で、僕とエミナさん、イミッテの三人は谷底の森を歩いている。 谷底までは、谷を削り取って作ったのであろう階段を降りればすぐだった。が、それからの方が大変だった。
「はぁ……はぁ……」
 道はぬかるんでいて滑り易い。時折、横道に入って怪しい所を探したりするが、その時にも蔦や伸び放題の草、木の根が足に絡み付き歩きにくい。体力がどんどん奪われていくみたいだ。
「おい、息が切れてるぞ。大丈夫か?」
 イミッテが僕に言う。 イミッテは、僕より濃いピンク色の髪色をしていて、髪は背と同じくらい長く、地面まで垂れ下がっている。といっても、イミッテは僕の半分くらいしか背丈が無いが……。 服は、これまたピンクのチャイナ服だ。 色白だが、髪と服装がピンク一色なので、肌までピンク色に見える。
「いや……大丈夫だよ。本当に疲れたら言うから」「そうか? ならいいがな!」「私も、ちょっと疲れてきたかな」
 エミナさんが額を拭った。
「この状態で襲われたら、ちょっと不利かもしれない」
 エミナさんが続けた。
「確かにな……このぬかるみで、私も少々足が疲れてきている。格闘家の私としては、万全の状態とは言い難いな」
 どう見てもピンピンしているイミッテも、そんな事を言っている。
「この先に川があった筈だから、そこで一息つこっか」
 エミナさんはそう言うと、僕とイミッテを川まで案内した。

「内気な僕は異世界でチートな存在になれるか?@異世界現代群像のパラグラフ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く