話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ハーフエルフの少年

リンネ

第32章 新たな仲間〜エルフの少年〜

「どうも初めまして、エルフのリーフです!」

「初めて見たな...エルフ」

「よろしくにゃ!」

クラーケンを倒した後、港で待ってた兄ちゃん達と合流した。
そして、リーフを今紹介してるところだ。

「人間の方がギン兄ちゃんで、獣人の方がヘレナ」

「わぁ人間も獣人も初めて見た〜。
ところで兄ちゃんって?」

「うんとね〜兄ちゃんみたいなものだから?」

「弟みたいなもんだな!」

「よくわからん理屈にゃ...」

「わかった!」

ズコーっとヘレナが前のめりに倒れた。
毎回思うけど、みんなオーバーリアクションだよね?

「それにしても綺麗な緑色だな〜その髪」

リーフは髪の色が緑色で、すごく色白い派をしてる。

「そう?」

「あ〜レナートも綺麗な銀髪だし、エルフやハーフエルフってみんなこうなのか?」

「ん〜少なくともエルフはそうなんじゃない?
ボク以外のハーフエルフって見た事ないし」

「そういや、レナートは最初銀髪だったよな?」

「そういえばそうだった」

すっかり忘れてた。
ボク元々金髪だったんだ。

「魔法使いすぎて銀髪になって以来戻らねぇよな?
こっちはこっちで似合ってるけどさ」

「へーレナちゃんは金髪だったにゃか〜」

「ボク的には今のレナートの方が好きだよ」

「あ、それよりリーフ、どうしたの?こんなところまできて」

「うんと、レナートの旅。ボクも連れてって欲しいんだ!その為に着た」

「なぬ?」

「にゃんだって?」

え?なんで?
というかエルフって滅多に里から出ないはず...
たとえ子供だとしても、っていうかリーフの親は?

「リーフの親は?」

「了承済み!」

「じゃあ族長さんは?」

「OKだした!」

「えーっと...」

「あのな?リーフ。俺たちの旅は危険なんだぞ?」

兄ちゃんそれは言わなくてもわかってると思う。

「あのでっかいイカみたいにすごい敵と戦うんでしょ?」

「まぁ、いや、つーか最終的に魔人ってのをぶっ倒さなきゃなんねぇんだ」

「知ってる。族長から全部聞いた」

あの族長さん、口軽い。
今度会った時文句言おう。

「ボク、友達をほっておけないよ」

「友達...?」

「うん、友達。レナートはボクの友達でしょ?」

「...うん、ありがと」

友達ってこういう感じなんだ。

「まぁ、レナートがいいんなら俺は構わねぇぜ」

「アタイも」

「キュー!」

あーなんかもう断れないや。
正直、危ないところに友達を連れて行きたくないけど、一緒に居たい。
うん、一緒に旅したい。

「うん、いいよ」

「よろしくね、レナート」

「うん、よろしくね」

「ギン兄ちゃんとヘレナもよろしくね!」

「おい待て」

「よろしくにゃ」

「今俺の事兄ちゃんつったか?」

「だってレナートのお兄ちゃんでしょ?
友達のお兄ちゃんをそう呼んでもおかしくないでしょ」

そんなもんなのかな?
ボクにはよくわからないけど、結局兄ちゃんは満更でもないんだよね、多分。

「アタイの事もお姉ちゃ...」

「兄ちゃん、2人目の弟だね!」

「茶化すな!レナート!」

「あれ?じゃあリーフはボクの兄ちゃんになっちゃうのかな?」

「なんだ、お前ら同い年じゃなかったのか」

「ボクがレナートより2つ上」

まー身長でそう見えちゃうのは仕方ないよね。
ボクはエルフよりは寿命短いし。

「レナートはそのままリーフって呼んでよ。
歳も関係ない。それが友達でしょ?」

そうだよね。
うん、これからもリーフって呼ぼう。

「リーフ、これからもよろしくね」

「うん!」

新しい仲間が増えた。
エルフ族のリーフ。
敵と戦う時以外は楽しい旅でありたい。
とりあえず、これからギルドに行って報告しないとだね。
あ、リーフの冒険者登録もしておこう!
そのあとはいよいよ船で大陸移動だね。


「アタイ、空気だったにゃ」

「ヘレナ姉ちゃん、何してんの?レナート達に置いてかれるよ?」

「!?何故今そう呼んだにゃ!」

「何故?そう呼んでって言ったのヘレナ姉ちゃんじゃん!違った?」

「リっちゃん!」


あれ?なんか後ろでヘレナとリーフが話してる。

「ハーフエルフの少年」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く