話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ハーフエルフの少年

リンネ

第20章 精霊と契約せし者

「誓いをここに」

誓いって何?

「ボクら精霊と契約を交わす時に何々する事を誓う!みたいな事を言うんだ」

「我らは主が誓いを守り続ける事で契約が受理し続ける」

「つまり、オイラ達に誓った事を守れなければ」

「契約はその時点で破棄となります」

なるほど。
つまり〜契約書みたいなのを言葉で交わすわけね。

「じゃあ...」

えーっと、どうしよう。
う〜ん、これでいいかな。

「ボクの、大切な人達。そしてみんなが笑って暮らせるように、どんな困難にも立ち向かう事をここに誓います」

「誓い、確かに聞き届けたり」

「悪くないね!ボクはますます気に入ったよ」

「オイラも君にならこの力存分に貸してあげるよ」

「我らが契約者、レナート。
貴方に精霊の祝福を」

ウンディーネが最後に言い終わると、ボクの中に精霊達が入ってくるのを感じた。
終わった...んだよね。

「へ〜精霊と契約しちゃうんだ」

なっ!?魔神!?
なんで、ここにいるんだ!

「ますます面白いね、君」

「キュー!」

隠れてたスエールがいきなりブレスを吐き出した。

「ちょっと、君のペット躾がなってないよ?」

片手でブレスを抑え込んでる。

「なんでここに!」

「なんか面白そうじゃん?ハーフエルフの君がエルフの里に行くなんてさ〜」

「いつから...」

「ん〜いつからだろうね〜?」

「まぁ今日は様子見だから戦う気はないよ?」

じゃあなんで出てくるの?
わけわかんないよ。

「イグニス!」

ボクは火の精霊を召喚する。

「消し炭にしてくれる!エクスプロージョン!」

すごい...威力。
この遺跡大丈夫!?

「ぐっ、流石に精霊相手はキツイなぁ」

ダメージはある。
でも、決定打にはなってない。

「まぁでも、その方が今後やり甲斐があるね。
じゃあまたね〜!今度会う時は全力で行くよ。
ククク」

また黒いゲートでどこかへ行ってしまった。
今度会う時は全力...か。

「ねぇイグニス」

「どうした、主」

「精霊って君達だけ?」

「いや、他にも精霊はいる。
我ら以外だと、雷 氷 光 闇 そして精霊王がいらっしゃる」

「精霊王?」

「我ら精霊の長だ。
契約条件は我ら四大精霊の他、全ての精霊と契約を結ぶ事」

うん、じゃあ当面の目標は決まった。
まずは各属性の精霊と契約する。
そして、最後に精霊王と契約を結んで、あの魔神を倒す。

大変だけど、頑張ろう。



精霊と契約した事、そこで魔神と出くわした事。
そしてこれからの方針について、族長さんに報告しに来た。
ただ、明るい内に里を歩く事になってしまい、エルフのみんなから視線を浴びる事になった。

「ねぇ、そのドラゴン名前なんていうの?」

「え?」

「キュ?」

突然後ろから話しかけられて、振り向くとエルフの子供が立っていた。

「この子はスエール...」

「へぇかっこいいねぇ!ボクはリーフ!君は?」

「レナート...」

「レナートか〜歳いくつ?ボクは12歳」

「10歳...」

ボクに話しかけていいのかな...?
周りのエルフ達は何も言わないけど...

「なんだ同い年かと思ったのに、年下なんだ。
それじゃあ身長高いんだね!」

「ボク、ハーフエルフだから...」

「ハーフエルフ? エルフじゃないの?」

「ボクは半分人間...純血じゃないんだ...」

「ふーん、でも半分エルフなんでしょ?」

ボクは周りが気になってキョロキョロしてると、

「大丈夫!話しかけてもいいかちゃんと大人達に聞いて来たから」

「へ?」

「だってレナート、この里に来てからなんか大人達に嫌われてるみたいだからさ〜なんかしたの?」

何もしてないよ。
本当になんにもしてない。

「ボクは純血じゃないから嫌われてるんだ」

「変なの!半分でもボクらと同じエルフじゃん!」

リーフ君はボクがハーフエルフでも気にしないみたい。

「ねぇここで暮らしなよ!
大人達かなんか言ってきたらボクが守ってあげるから!」

単純に嬉しい。
けど、ボクにはやらなきゃいけないことがある。
だからここでは暮らせない。

それに、やっぱり大人達の視線は気になるし。

「ごめんね、リーフ君」

「じゃあそのやる事が終わったらまたきてよ!
この里さ〜ボクと歳近い子いないから、友達になってよ!」

「え?」

「え?じゃない!そこはいいよってすぐに言うところだよ?」

「あ、はい」

なんかエルフなのに結構強引だなぁ。
いや、エルフって強情だから強引なのかも?

「いつまでいるの?」

「今から族長に会ってから出るつもり」

「なんだ、もう行っちゃうのか」

本当だったらボクも一緒に遊んだりしたいけど、兄ちゃんやヘレナを待たせてるし。
大人のエルフに何されるかわからないしね。

「必ずまたきてよ!大人達なんて気にしないでさ」

「うん、わかった」

「約束だよ?」

「うん!」



ボクは族長の家に再びお邪魔した。
精霊との契約。そして残りの精霊の居場所を聞きに。

「残る精霊は海の向こうと聞く」

「海の向こうですか...」

「うむ、船が出てる港へは王都から数日ってところかの?
じゃが詳しい精霊の居場所まではわからん」

「わかりました。じゃあとりあえず海を渡って見ます。
ありがとうございました。ハーフエルフのボクをここまでよくしてもらって」

「なぁに、気にするでない。
レナートさえ良ければいつでも来なさい」

「はい!友達もできたんでまた来たいです!」

「ほう、リーフの奴かい?」

「うん、さっき友達になりました」

「そうかそうか。あ、そうじゃ。
お主に選別じゃ!」

族長は古い箱を取り出し、ボクに渡して来た。
なんだろう?

「レナート、お主なら扱えるじゃろう」

ボクは箱を開けてみる。
これって...

「エルフ族に代々伝わる魔の弓、魔弓じゃ」

「魔弓...」

「持って行きなさい」

ボクは弓をしばらく見つめてから背中につける。
武器がもうひとつ増えた。
今度練習してみよう。
爺ちゃんから教わってるけど、うん。
しばらく使ってないからね。

「ハーフエルフの少年」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く