いつだって僕の感情は欠落している

零猫

8

両親が死んで2年。中学の卒業式。

周りの女子は割と泣いていた記憶がある。
たかが卒業式で何故そんなに悲しみ、涙を流すことが出来るのか。
俺には理解できなかった。

表面上付き合ってきたただのクラスメイト。ただの同級生。だだの先生。
そいつらと離れて別々の場所に行くだけ。

それなのに何が悲しいのか。
ほんとうに、理解できない。



「いつだって僕の感情は欠落している」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く