話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

転生チートで英雄に!

空の星

第五話 冒険者…………テンプレ乙

「……………………あぁ、ヒュドラ倒したんだっけ…………うし、ここを出たら近くの街で冒険者になった方が動きやすいか。」
ふと気づいたのだ。異世界なのだから冒険者という職業があっても可笑しくは無いだろうと。そこで、前世の知識で冒険者だとそれが通行許可証となるので、手に入れた方が動きやすくなるのでは?と。
ここを出てまずは近場の街で冒険者となるのもいいだろう。
起き上がって倉庫に浄化したヒュドラの遺体を仕舞い、ここを出た。
俺がいた場所の反対岸にひとつの道があったのでそこを駆け抜ける。
暫くすると光が見え、そこを出たらこの世界を見渡せる程の高度な山の中腹に出た。
ただ、その山よりもっと上に現実的にありえない巨木があった。
この巨木がこの世界で重要なのは明白なので即席でどこぞの豪邸並みの家を建てて俺以外には認識できなくしたり地下室に転移方陣を書き、下山した。
途中で魔物が出てきたがヒュドラ程では無いため一斬で仕留めながら移動する。
因みに死体はそのままだ。ここに魔物が増えたら、おいそれと中に入れないだろう。序に魔物だけここに入ったら二度と山から出れなくなる結界と洗脳無効領域の概念を付与したのでヒュドラ並の化け物が誕生してもここからでなければ被害が出ないので安心だし、何人たりとも洗脳は不可能だ。
下山する前に確認をしたが、暫くは森なため、飛空術を使いショートカットをした。
アスファルトではない道を見るのは何か新鮮さがある。
取り敢えず、マップを展開して1番近い街を確認したらここから5分後くらいで着く場所があった。
少しワクワクした気分でランニング感覚の走りをしながら街に向かった。

どうやら今いる国は中立国で種族を問わず、活気のいい国なようだ。そして、俺が向かっている街は廃滅の森が近いため特殊な壁で覆われている。街の入り口には、行商のキャラバンや戦争から避難してきた者に他の街や国から来た冒険者達が並んでいた。街の中に入るので仮面だけをとり、最後尾に並んだ。

暫くしたら俺の番になったので門番の前に出た。
「行商や冒険者なら証明書をその他なら銀貨1枚を出してくれ。」
やはり、金が必要らしい。まぁ、運良く誰かの財布が落ちていたため中身だけを頂いたので大丈夫だが。
通貨は世界全体共通で
鉄貨    =100円
大鉄貨=500円
銅貨    =1000円
大銅貨=5000円
銀貨    =10000円
大銀貨=50000円
金貨    =100000円
大金貨=500000円
白銀貨=100000000円
白金貨=500000000円
黒銀貨=1000000000円
黒金貨=5000000000円
といったところでお金の価値が色々とおかしいのである。
まぁ、素直に払い中に入る。
「あ、門番。」
「なんだ?要件は早く言え。」
「冒険者の組合ってどこだ?」
「………年齢的に早いがそこの中央の道を進めば盾に剣と槍をクロスした看板がある。それが冒険者ギルドだ。」
「ありがとな」
あまり怪しがられたくないので聞くことは聞いたのでそのまま言われた通りに動く。
冒険者ギルドに着くまではそう時間は掛からなかった。
中に入り受付に向かう。
「なぁ、冒険者になりたいんだが新規登録はここであってるか?」
「はい。冒険者になるのですね。この用紙に名前と年齢を記入してください。あとはこちらが用意したギルドプレートに血を垂らすだけです。」
ヴォルグの名が有名か無名か分からないため、ルナデュールとだけ書いた。勿論年齢は10歳と書いた。
「………………で、では、こちらのプレートに血を垂らしてください。」
年齢に物申したかったのだろうか堪えてくれたようだ。俺は出された針を親指に刺す。

ポキッ!

「「…………………………」」
俺は物理干渉無効のことを忘れていたため無言となり、受付嬢はミスリル製の針がポキッと折れたことでお互いが無言になり固まった。

スッ

先に戻ったのは受付嬢である。さすがベテラン。どうやらオリハルコン製の針を用意したようだ。
ってかなんで鉄や銀ではなくミスリルやオリハルコンなどの希少金属なのだろうか?
俺は一時的に物理干渉無効を解除して針を刺す。どうにかプレートに血を垂らして証明書が完成した。
「……………冒険者ギルドについての説明をしましょうか?」
「いや、クエストランクだけでいい。」
「わかりました。クエストランクは一番下からG・F・E・D・C・B・A・S・SS最高でSSSとあり、冒険者達のギルドランクはクエストランクと同じです。そして、受けるならば己のギルドランクのひとつ上までしか受けれません。ただ、指名依頼の場合のみ例外です。最後にこのギルドプレートは貴方の証明書であり、ギルドランクやこれから狩る魔物などの記録をするものでもあります。無論、今まで狩った魔物も記録されます。えぇと、貴方はヒュドラを討伐したようですね。ってヒュド………え、えぇ………少々お待ちください。」
どうやらヒュドラの討伐をした事はバレたようだ。受付嬢がどこかに行っている間にかなり大柄でスキンヘッドな男が俺のところに来た。
「よォ坊ちゃん。あんた見てぇなちっちぇえ奴は家帰ってママのおっぱいでもしゃぶってな!」
この男は初心者いびりをする質らしい。
「……………悪ぃが俺にゃ家がねぇんでな、生き延びるならばこの職業が割にあってるから新規登録したんだろぉが。」
「あぁ?なんだ?愛想つかされて捨てられたか?」
「さてな。7年前に親父が俺を廃滅の森に投げ捨てたこと以外は知らねぇよ。っと、来たようだ。じゃあなスキンヘッドのおっちゃん。」
俺はそそくさと受付嬢の元に戻る。
「………………ギルドプレートに書かれたヒュドラに廃滅の森、今ここにいるって…………まさか………って、上手くそらされたし!?」

スキンヘッドのおっちゃんがなんか言っていたが無視して受付嬢と話の続きをする。
「申し訳ございませんがギルドマスターがお呼びですので付いてきて下さい。」
どうやらヒュドラの件はそう易々と終わらないらしい。
初心者いびりを受けたり、来て早々ギルドマスターに呼ばれるとかどんだけテンプレなんだか…

「転生チートで英雄に!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く