Dual Personality Duet

結月 五紀

5話面影と希望

巫女家の先祖、愛のことを知った藍は愛にこの世界を託されたと思い、愛のノートに書かれた結界を学び力をつけることにした藍であった。

「愛の本を一通り読んだが巫女の結界でここに書かれたものは見たことない…ここの世界に来て作ったものかな?」

そんなことを言ってるとサーシェアが寄ってきた。

「さっきから一人で何言ってんの?」

「愛の残したノート見てると巫女の私でも知らない結界が書かれてるの…何かわかる?」

「あっそれ魔法も少し組まれてあるよ。」

(魔法⁈結界が他のものと合わさることができるのか ︎)

「これってどうやるかわかるサーシェアくん?」

「このやり方は、多分園長しか分からないと思う。」

この瞬間一つ思ったことがある…愛しかできないものを園長が代わりにやっていると…愛の力を持った園長だからできるのか?藍の頭の中は、混乱していてる…そんな藍にサーシェアが提案をしてきた。

「その鍵持ってたの園長やろ?なら、園長に話を聞きに行こう。」

はっきり言ってそれしかない…なぜなら、当てがないのだからだ。

「そうだね…聞きに行こう。」

その頃、悪の人格は……

「乱花行くぞ」

悪の人格は乱花と呼ばれており、ある計画のために少しずつ動き始めていたのであった。

そして、藍の方では園長室に行き
話を聞いていたのである。

「園長、このノートに書かれてある結界についてなんですけど、私に全てを教えてくれませんか?」

藍のこの申し立てを園長は…

「それは、無理なことだ。」

「!?」

断ったのである。
園長は、思ったのだ…ここで了承してしまったら、あの時と同じになってしまう…あの時のように失うことになるかもしれないと…

「何故ですか?これは、元々我が先祖の考えた結界なら私にもできるはずでは?」

「この結界は、本当は無理な結界でなできないこともないが結界と魔法は、元々一つの物だったが、それを二つに分けたものがいてな、どうやって分けたかと言うとある方法で壊したんだよそれぞれにある魔法と結界のどちらかをそれ以来、魔法と術式を両方使えるものがいなかったんだ…でも愛は、それを知ってなお諦めなかった…俺に結界に組み合わせる魔法を教え、お前らの言う世界の悪を鎮めたのだ…だから、一人で全部は出来ないんだよ。」

この真実を知り、私では世界を救うことはできないと悟った藍であった

その希望を失いかけた時…ふと、思い出した。

「そういえば、私の他に迷い込んだ人っていますか?」

園長が答えた

「そういえば、女の子が隣町に気を失って倒れてあるグループに救けられたという話があったな。」

「?!…その子ってもしかして、私にそっくりな人ですか?」

「確かに写真を貰ったやつを見たらそっくりと言うか同じ人みたいだったな…⁈まさか…」

「えぇ!私の人格が二つに分かれたのでしょう…どうして、こうなったかはわからないですが。」

「藍くん…自分のもう一人と自分で術を完成させようとは、考えてないだろうな?」

険しい表情でこちらを見た

「考えてます…それが私に任された運命だと思うので。」

「お前らは、似ているな。」

小さな声で言い
園長は、止めずに忠告だけした。

「わかった…止めないが無理だけはするなよ。」

園長は、止めれなかったのである…失うことになるかも知れないが愛のようにまっすぐで一つの曇りもない綺麗な目に負けてしまったのだ。

「はい!」

心配をしなくて良いですよと言うかのように笑顔で返事をした藍であった。

藍に一つの希望がさし
それが自分を苦しめていることに
気づかない藍だった。



「Dual Personality Duet」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く