キャリコの唄
ファンタジー

連載中:2話

更新日:

キャリコの唄

  • あらすじ

     時は明治。
     夏目漱石や森鴎外などの文豪が次々と作品を発表し、近代化が進んでいた時代。
     東京の郊外ではまだまだ江戸の面影を残していた。
     本作の主人公、藤村清四郎は金魚の卸売業を営みながら物書きを目指す生活を送る青年。
     ある日とあるアメリカ人からの依頼でキャリコを仕入れることとなり、清四郎は金魚を題材に作品を執筆することを思いつく。
     中々筆が進まず、思案しているところに水槽から水音意外の音が響くところから物語は始まる。
     「もし、私は一体何処へうられていくのでしょうか」
     これを皮切りにほかの金魚まで話し始めたり庭の池に河童がやってきたり、死んだと思っていた友人が奥座敷からやってきたり。
     これは彼の妄想か夢か、それとも現実か。
     清四郎とキャリコ、そして彼らを取り巻く全ての物語。

「キャリコの唄」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品