話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

俺は自分の青春を諦めない

時の魔神

席替え

中間テストが終わったら次は席替えだ。




中間テストも終わり一息ついたところで次のビッグイベントは席替えだ。
「おっしゃー席替えだぁ」
「どうせ裕翔は大森さんと、隣になりたいだけだろ」
「もちろん」
「そーうまく行くかね」
「俺のくじ運まじですげーから」
先生が入ってきた。
それでは席替えを始めます。
順番に一人一人くじを引いて下さい。
そして裕翔の番
「20番か」
「20番ってどこ」
20番は黒板から見て左のはじの2列目だ
「結構前の方だな」
「そーいや、大森さんは」
裕翔は大森さんに近づいた
「大森さん何番?」
「えーっと、13番かな」
大森さんの席は、ちょうど真ん中の列の2列目だった
「マジすか」
裕翔は儚く散った。

「俺は自分の青春を諦めない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く