話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

俺は自分の青春を諦めない

時の魔神

通話

中間テストが終わった日裕翔はテンションが上がっていた。
この日は大森さんと通話する約束した日だった。



「テスト終わったぜー」
生徒全員が少しホッとしていた。
「今日は通話だぁ(心の声)」
裕翔のテンションはおかしくなっていた。


学校が終わった、大森さんとの約束の時間は10時だ。


もう裕翔は準備完了
9時58分
「まだかなぁ」
10時になった
ここで自己アピールをすれば一気に好感度アップ
メール
「じゃあ電話かけるねぇ」
「OK」


「もしもーし」
「もしもし」

色んなことを話した。
4時間くらい電話した
時間は夢のように過ぎて行った。

「俺は自分の青春を諦めない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く