話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

俺は自分の青春を諦めない

時の魔神

クラス分けテスト

俺の通っている高校は、数学と英語のクラス分けテストがある。
そのテストの点数によってクラスが決まる
点数のいい順に言うとA、B、Cとなっている。



「あーテストかぁダリィなぁ」
裕翔はあまり頭は良くない
「そうだね」
高山もだるそうだ
テストが始まった
「だる」
同じように英語もやった


次の日


「それではみんなのクラスを言います。」
次々とクラスが言われる。
「えー、多本くんB、高山くんA」
どんどん発表されて言った
「えー、大森さんA」
「へー、なぁ多本、大森さんって頭いいんだな」
「そーみたいだね」
ついでに英語のクラスは
多本C             
高山B
大森B
だった

「俺は自分の青春を諦めない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く