話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

俺は自分の青春を諦めない

時の魔神

昨日フレンドとメールを交換した人の名前は、大森里紗(おおもりりさ)


「友達も出来たし結構高校ていいかも」
「まさか女子と話せるなんてなぁ」
大森さんは優しい人だった。
「大森さんってすげーな」
高山が急に言ってきた。
「そーだね」
「何であんなに手伝いとかしてるんだろう」
「まぁそういう人なんじゃない」


それから何日かたった


「ねぇねぇ大森さん今日ゲームやんない」
「うん、いいよ」
明るい返事をしてくれた。
その日の夜は2人で2時間くらいゲームをした。
そして裕翔はあることに気づいた。
「俺、初恋してんじゃね」

「俺は自分の青春を諦めない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く