話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

俺は自分の青春を諦めない

時の魔神

友達

自己紹介も終わってひと段落ついた
大体最初の席は番号順だ
一人でどうしようか迷っていた俺に話しかけて来た人がいた
「おっす」
彼の名は高山新太、話してみたら隣の中学のやつだった
「うっす」
「俺、高山新太よろしく」
「多本裕翔よろしく」
話は中学の頃の話になり結構盛り上がった
中学でハンドボールをやっていたらしい
ちなみに裕翔は卓球
学校が終わった
「いやー初日で友達ができるとわな」
「明日から青春するぞー」
そして初日の学校が終わった

「俺は自分の青春を諦めない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く