悪役令嬢は麗しの貴公子

カンナ

#閑話 side ヴィヴィアン




 「何があったんだい、アル?」

 「なんだ藪から棒に。お前らしくもない」

  「誤魔化さないでくれ。
 これまで散々ご令嬢達とは深く関わろうとしなかった君が、急にリディア嬢にだけ優しくなったんだ。何かあったと思うのが普通だろう?」

 「大したことはしていない。別に普通だろう」

 「……そんな嘘が俺に通用するとでも?」

 「随分と信用されてないんだな、俺は」

 形の良い眉を下げて苦笑するアルバートをジトリと睨む。
 本当は胸ぐらでも掴んでさっさとアルバートの本音を全部吐かせてしまいたいが、それをできるような場所ではない為にぐっと堪える。

 俺達が今いるのは、王都にある最も古い歴史を持つ大神殿。
 つい先日、アルバートとリディア嬢本人の証言のもと、彼女が本物の聖女であるか検証する為に秘密裏にここへ来ている。

 とは言ってもリディア嬢は現在、聖女検証の真っ只中であり、俺達は神殿内にある別室で待機している訳だが。

 陛下からリディア嬢との一件を書類に纏めて提出するよう言われた時も、陛下が彼女との婚約を匂わせる発言をした時も、アルバートはあっさりと従った。
 これまでのように反抗するでもなく、ただ微笑んで頷いたのだ。

 俺は不敬にも、そんなアルバートがどうしようもなく薄気味悪く思えた。
 
 「…本当にいいのかい?」
 
 「何がだ」

 「リディア嬢が聖女だと証明されれば、彼女と婚約することになるかもしれないんだろう? 
 君、あんなにロザリーに拘っていたじゃないか」

 「そうだな。…だから?」

 「だから、って…。君、ロザリーを好いていたんじゃなかったのかい?」

 初めから何もなかったように冷めた反応を示すアルバートに違和を感じる。
 少なくとも俺が知っているアルバートは、ロザリーを見つけた瞬間には瞳を輝かせて柔らかく微笑んでいた一人の恋する少年だった。

 けれど今、目の前にいる彼は。

 「ふっ…く、ふはははッ!」

 何が面白かったのか、急に顔を片手で覆って嗤いだしたアルバートの狂気的とも言えるその笑みに背筋がゾクリとさせられる。
 彼は、俺の知っているアルバートは、こんな風に嗤う男だっただろうか。

 「何か可笑しなことを言ったかい?」

 「いいや。ただ、お前がそんな事を気にしていることに驚いただけだ」

 「そんな事、って…。君にとっては」

 「そんな事、だろう? お前達にとっては・・・・・・・・

 「……」

 アルバートは俺の言葉を遮って小馬鹿にしたように目を細める。
 お前達にとって俺の気持ちなんてどうでもいいんだろう?、と見透かしたように仄暗い瞳が語っていた。

 「そろそろ検証が終わる頃だろう。俺はリディアを迎えに行く」

 何も言い返せないでいる俺を鼻で嘲笑い、さっとソファから立ち上がったアルバートは一人で部屋を出ていってしまった。
 俺を突き放すような冷たい声が、お前は来なくていい、と言われているようで途端に身体が動かなくなる。

 (いつもならそれが当たり前みたいに『着いてこい』と言う癖に)

 「本当に、どうしてしまったんだいアルバート?」

 彼が出ていった扉を見つめて一人ごちる。
 ロザリーがいなくなっただけでこうも変わるとは思ってもみなかった。
 ……それも、悪い方向に。

 「クソっ」

 部屋に一人なのをいいことに、髪をガシガシと掻いてやり場のないモヤモヤした感情を汚い言葉と共に吐き出す。

 いつもの、俺の知っているアルバートなら、こんな風になる前に俺を頼ってきてくれていただろう。
 いや、そもそもこうなる前から片鱗は見え隠れしていたし、俺自身もそれに気づいていた筈だ。

 「ハハッ…また、やらかしたみたいだね」

 乾いた笑いが口から漏れる。
 アルバートがロザリーに友愛以上の想いを抱いている事に気づいた時のように、今回もまた、アルバートの心が壊れかけている事に気づいていて目を背けた。
 その結果がコレだ。

 全くもって自業自得。
 滑稽すぎて笑えもしない。
 確かにこんな男に頼れという方がどうかしている。

 乱した髪を整え直し、ついでに心も落ち着かせようと深呼吸をしていれば、アルバートが出ていった扉が開く音がする。
 靴音だけで誰か分かってしまい、嫌気が差したが顔には笑みを貼り付けて振り向いた。

 「忙しいからここへは来られないと言っていたのにどういう風の吹き回しですか、父上」

 「可愛い息子のことが心配でね、途中で切り上げてきたんだよ。まぁ案の定、また殿下をお一人にしてサボっていたようだけれど」
 
 「酷い言われようですね。
 今回は殿下が俺の同行を望まれなかったというだけですよ」
 
 「ほぉ…つまり、主人に言われた『待て』を律儀に守っているだけだと主張するのかな?」

 声音は穏やかな筈なのに、まるで咎めるようにダニエルは告げる。
 やれやれと肩を竦める父親の姿に、ヴィヴィアンはこれから説教が始まる事を確信して両手を背に組んだ。

 「従順であるだけの犬は必要とされないんだよ、ヴィヴィアン。
 君が、常に二手三手先を考えて行動しない犬だから殿下に『待て』を強いられたんじゃないかな」

 「それは…」

 「 全く君は母親に似て現実逃避する癖があるし、せっかく賢いのにそれを上手に活用できていないなんて」

 嘆かわしい、と非難でないただの事実の指摘に最早なにも言葉が出てこない。

 唇を引き結び、父親からの駄目だしに耐えるヴィヴィアンを、ダニエルは楽しそうに眺めている。
 こんな父親の姿にも慣れたが、相変わらず愛情が歪んでいると思わざるを得ない。

 「まぁいいさ。そろそろ潮時だ。殿下の価値も下がってきた頃だし、アレでは使い物にならないだろうねぇ」

 淡々と、宰相としての顔と声でダニエルはそう告げた。
 例え、相手が自国の王子だろうと不要なら切り捨てる。
 ブレないなこの人は、と私情など一切含ませない判断を下した宰相に頬が引き攣りそうになった。

 「しかし、ここで殿下と手を切るのは時期尚早かと」

 「俺は何も今すぐ殿下を切り捨てるとは言っていないじゃないか。早合点するのは良くないよ、ヴィヴィアン。
 それにね、俺は立場上、安易に陛下を裏切れない」

 その点ではどっかの公爵家は気楽でいいよね、とダニエルは呑気に微笑んだ。

 「では、どうされるおつもりで?」

 「それは態々わざわざここで話すことでもないよ」

 そこで話を打ち切るように今しがた入ってきた出入口の取っ手に手を置いたダニエルは、自身の息子に皮肉げな笑みを向けた。

 「それでは我々も祝いに行こうか。
 新しい聖女様の誕生を」






 本日もありがとうございました(´˘`*)
 次回もお楽しみに。

  

「悪役令嬢は麗しの貴公子」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く