悪役令嬢は麗しの貴公子

カンナ

58. 王冠を欲する少女



 後宮区画にある温室内にて。

 「ミルクやお砂糖は?」

 手入れの行き届いた花々と芳しい紅茶の香りが入り混ざる中、小さな少女がふわりと微笑んだ。

 「結構です。お気遣い痛み入ります、王女殿下」

 そう言ってカップをソーサーの上に戻すのと、王女殿下と呼んだ少女が手に持つカップに角砂糖を入れたのはほぼ同時だった。

 

 ……


 あの後、私は見ず知らずの青年に誘拐されてガラス張りの温室に連れてこられた。

 真夜中だと言うのに、何故かそこには第一王女であるエリザベスが従者の一人も付けず、夜着にカーディガンを羽織ったラフな格好で待ち構えていたのだ。

 青年は私から手を離すと、次の瞬間にはエリザベスの後ろに立っていた。そのまま彼女の護衛に徹するつもりらしい。

 何が何だか分かっていない私は、エリザベスに促されるままに温室内に設置されているソファに腰掛けた。
 そして、混乱している私の前にティーカップが静かに置かれる。
 手ずから紅茶を淹れ、向かいに座ったエリザベスは毒味の意味も込めて直ぐに私に用意したものと同じカップへと口付けた。

 「西方産の茶葉を使ったものよ。どうぞ召し上がって?」
 
 こちらの気を知ってか知らずか、王女は品の良い微笑を浮かべて紅茶を勧めてきた。
 引きつった笑顔のままお礼を言って一口ふくむと、少し渋みのきいた味が口内に広がった。

 「美味しいでしょう?」

 「とても。茶菓子と相性が良さそうですね」

 私の回答に満足したらしいエリザベスは、嬉しそうに瞳を細めて手に持ったカップをテーブルに置いた。
 次いで王女は、私に深々と頭を下げる。ぎょっと目をむく私を余所にエリザベスは言葉を紡いだ。

 「いきなりの事で驚いたでしょう。こちらの対応はそれだけ非礼なものでした。話をする前にまず、その事についてお詫びするわ。本当にごめんなさい」

 「頭をお上げください殿下。王族の命に従うのは、王国民として当然のことでございます」

 口では模範解答を言いつつ、内心ではラッキーだと口端を上げた。

 いくら王族とはいえ、ルールを無視していい権限なんてない。
 むしろ手本となるべき立場にいながらルール破りをしたのだ。その相手が己より身分の低い者であったとしても謝罪するのは当然の行いと言える。

 故に、王女の行いは正しい。
 あとは私がこの件について言及しなければ平和的解決となる…、が。

 「では、今回のことは」

 「ーーーただ」

 「……ただ?」

 エリザベスは一度表情を緩めたが、再び口を開いた私に僅かに眉をひそめた。

 「ただ、殿下が仰ったように私達が今こうして一緒にいることを知る者がどれだけいるか私には見当もつきません。ですので、この場で起きた全ては殿下の責とさせて頂きたいのです。それをもって、殿下からの謝罪を受け入れましょう」

 こちらは脅され、誘拐された身だ。
 いくら自分より年下の少女が相手とはいえ、彼女もまた王族の一人。謝罪してきたということは、己に非があることをきちんと理解している証拠だ。
 だとすれば、これくらいの要求はして然るべきだろう。

 「ふふ、流石はルビリアン公爵家。
 ーーーいいわ。今宵、この場の全ては私が受け持ちましょう」
 
 「差し出がましいお願いを聞いて下さり、ありがとうございます」

 再び頭を下げれば、エリザベスは微笑を浮かべて首を振った。

 「いいのよ。それに、そういう貴方だからこそ、私は貴方をここに呼んだんだもの」
 
 引っかかりのある言い方に首を傾げる。
 王女は私の何を知っているのだろうか。

 「殿下。此度は何故、私をここに呼んだのでしょうか」

 意を決して聞くと、エリザベスは待ってましたとばかりに足を組んでパチン、と指を鳴らした。
 刹那、王女の背後にいた青年が目にも止まらぬ速さで動き出す。

 「いっ…な、何を!?」

 気づけば、瞬きをした間に私は青年に後ろから拘束されていた。
 どういうことか、とエリザベスに目で訴えかけるが王女は微笑を崩さない。

 「…今度はなんの真似ですか、殿下」

 「重ね重ねごめんなさいね。こうでもしないと貴方、逃げそうだったから」

 舌の根も乾かぬ内に、エリザベスは悪びれもせずコロコロと楽しそうに笑う。
 睨むようにエリザベスを見上げれば、王女もまた私を見つめ返して黒い笑みを浮かべた。

 「ねぇロザリー様。私、夢があるの」

 「……夢?」

 「私ね、王様になりたいの」

 『王様』とはつまり、彼女は女王になりたいということだろうか。
 驚く私にエリザベスは笑みを更に深める。

 「貴方は兄様と親しいんでしょう? なら、あの人が王に相応しくないことくらい気づいているんじゃなくって?」

 「それは国王陛下がお決めになることで私が判断することでは…」

 「私が貴方に求めているのはそんなつまらない建前なんかじゃないの」

 私の言葉を遮ったエリザベスは、テーブルの向こうから顔だけをグッと近づけてくる。
 国王やアルバートと同じ深海色の瞳は、彼らと違って冷たい光を宿していた。

 「疑問に思ったことはない? どうして生まれた順番や性別で王位継承者が決まるのか」
 
 「…王侯貴族間での無駄な争いを避ける為かと」

 「何故、避ける必要があるの?」

 「は? 」 

 キョトンと目を瞬かせるエリザベスに私も目を丸くする。

 「どうしてそんな顔をするの? 無能が王になったせいで傾国するよりずっとマシではなくって?」

 この少女は何を言っているのだろうか。
 驚きすぎて言葉を失う。
 王女は固まる私の頬に手を添えてクスクスと可笑しそうに嗤った。

 「そうしていると本当に人形みたいね。貴方が実は女の子なんじゃないかっていう馬鹿げた噂が出るのも納得だわ」

 真っ直ぐに向けられた視線にぶわりと鳥肌が立つ。
 私はそれを誤魔化すように首を降ってエリザベスの手を振り払った。

 「殿下は、王になる為に私に協力しろとでも仰るつもりですか」

 「そうよ」
 
 協力というより、これは最早利用する為の脅迫に近い気がするが。
 真顔で頷いたエリザベスの心情を読み取ることは出来ない。

 「何故そこまで王にこだわるのですか?」
 
 「兄様アレに国を任せられないと判断したからよ」

 なんの戸惑いもなく、王女は実の兄であるアルバートをそう切り捨てた。
 私を見つめる深海色の瞳に迷いや後悔の色はない。

 「民の血税によって何不自由なく生きる代わりにその生涯を民に捧げる。それが、本来の王族の在り方よ。でも、今の兄様はどうかしら?」

 婚約者を決める訳でも国政に携わっている訳でもない。ただ少しだけ周りより才を持っているだけのお坊ちゃまで、次期王としての自覚も国民の命を背負う覚悟もない肩書きだけの王子様。
 それはアルバートへの卑下でも批難でもなく、紛れもないただの事実。
 
 「一体、どっちが『温室育ち』なのかしらね…」
 
 皮肉げに、深窓の姫と噂される王女は唇を歪めて呟いた。

 皆が口々に言うエリザベス第一王女は、大切に愛されながらなんの苦労もせず育てられた理想のお姫様だった。
 しかし、目の前の少女はどうだろうか。
 悠々と生きてきたお姫様にはこんな表情きっと出来ない。

 「ねぇロザリー様、貴方は王都の外に出たことはある?」

 ポツリと呟かれたエリザベスの問いに一拍遅れて返事を返す。

 「勿論。これでも公爵家の跡取りなので色々と勉強しに」
 
 「そう。では、ボヌス領へは?」

 「ボヌス領、ですか……」

 突然振られた質問に頬が引き攣る。
 ボヌス領は通称『スラム領』と呼ばれている、貴族はおろか平民でさえ目を背けている王国内の汚点。

 「実際に行ったことはありませんが、知識としてなら知っています。
 先王時代に起きた戦争の跡地で、王都から一番離れていたこともあり戦後の復旧が遅れ続け、見放された地となった所ですよね」

 その見放された地に行き場のない者達が集まってスラム街のようになった。
 しかし何故、今そんな話を…と目で訴える私に気付いてか、王女は目を伏せて静かに話し始めた。

 「…7歳の時よ、ボヌス領のことを知ったのは。
 家庭教師から受けた歴史の授業でその名が出てきたけど、何故か彼らは皆ボヌス領の詳細を話したがらなかった。どうしてか知りたくて、一度だけ城を抜け出して見に行ったことがあるの」

 「殿下が!? まさか、お一人で…!」

 「まさか。さすがに影達にはついてきてもらったわ」

 焦る私に苦笑した王女は、傍に控えている私を誘拐した青年を指してそう言った。
 『影』とは、その名の通り影ながら王族を守り敵を排除するスペシャリスト集団である。

 エリザベスの発言に安堵したが、それでも治安の悪い場所に一国の幼い王女が自ら出向くなど危険でしかない。
 そんな私の心情を察してか、王女は自嘲気味を微笑んだ。

 「危険だってことは承知の上だった。それでもこの目で見ておくべきだと思ったの。
 誰もが目を逸らし、忘れ去ろうとしている過去の遺物を。
 だって、私はリリークラント王国第一王女エリザベスだもの」

 真っ直ぐに私を見つめる少女の顔は、お姫様ではなく第一王女としてこの国の未来を見据えたものだった。






 長いので一度区切ります。
 中途半端ですみません。


 本日もありがとうございました(´˘`*)
 次回もお楽しみに。


「悪役令嬢は麗しの貴公子」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • カンナ

    コメントありがとうございます。
    時間はかかりますが、これからもあたたかく見守ってくだされば幸いです
    ( ´﹀` )

    2
  • ばど

    久しぶりの投稿ありがとうございます!
    いくらでも待ってます!

    3
コメントを書く