悪役令嬢は麗しの貴公子

カンナ

57. 人権を尊重して頂きたい



 
 舞踏会が終わり、特に予定のない私は夏季休暇を満喫しようと思っていたのだが、何故こうなった?
 
 「坊っちゃま、お加減はいかがですか?」

 「だ、大丈夫…」

 心配そうに顔を覗き込んでくるマーサに、動く度に生じる痛みに耐えて必死に笑顔を向ける。

 私は今、全身が筋肉痛でマーサにマッサージしてもらっている最中だ。
 マーサは時折こうして私の顔色を伺いながら全身の筋肉を解してくれている。
 
 (あの筋肉バカ共め…)

 はじまりはディルフィーネ伯爵家から届いた一通の手紙だった。

 前にも話したが、ディルフィーネ伯爵家は代々国王に仕える騎士の一族だ。
 男女問わず、幼少期から剣術を身体に染み込ませるように訓練している。

 『己を守れずして王は守れない』という初代ディルフィーネ伯爵の言葉に則り、ディルフィーネ家の者は剣術を身につける習わしがある。
 当然、ディルフィーネ家と婚姻・婚約関係にある者も例外ではなかった。

 つまり、カレンと婚約した私もまた、その対象になってしまった訳で。
 ほぼ毎日ディルフィーネ家に赴き、騎士団員に混ざって訓練を受けているのだ。

 元々、ルビリアン公爵家は文官の一族で剣術は嗜み程度にしか習わなかった。そのため、普段から鍛えている騎士達とは天と地ほども身体面で差があり過ぎるのだ。
 だが、カレンの父ディルフィーネ伯爵は問答無用で私を騎士団に放り込んだ。

 騎士団練習にはカレンの兄弟も欠かさず参加しているので、彼らから指南を受けることも多かった。
 最初は見た目がヒョロヒョロだのチビだの弱そうだのと散々言われたが、厳しくも分かりやすく指導してくれるいい人達だった。
 やっぱりこういう部分は兄弟だと思う。
 
 そんな訳で、私は今日までほぼずっと腹筋が割れた騎士達に揉まれ、筋肉痛に悩まされる日々を送っている。
 あと数日で夏季休暇も終わるというのに、結局何も出来ずじまいだった。
 
 ちなみにルミエラ嬢はあの後、処分が決定するまで自宅謹慎ということになっているらしい。
 父親のキャンベル侯爵から送られた直筆の謝罪文には、今後の処分については検討中とだけ書かれてあった。

 対処としては妥当だろうが、お父様とニコラスはそう思ってはいないらしい。
 お父様には『お前が望むなら侯爵家を潰すことも可能だよ』と満面の笑みで言われたし、ニコラスはその隣で既に侯爵家を潰す算段をつけていた。

 『侯爵家殲滅計画書』と書かれた書類を持ってこられた時は言葉を失った。 
 しかも、その束を持ったニコラスがこれまで見たことがないほど愉しそうな表情をしていたのだ。
 これが絶句せずにいられるか。

 「終わりましたよ。…気休め程度にはなったと思いますが、念の為に本日はもうお休み下さい」

 「ありがとうマーサ。そうするよ」

 マーサのお陰で幾らか身体がほぐれた私は、夜着に着替えてベッドに飛び込んだ。
 最近ではずっと動いているせいか、横になると直ぐに眠気がやってくるようになった。
 それは今夜も例外ではなく早々に睡魔がやって来て、それに抵抗せずにゆっくり瞼を閉じていく。

 安眠万歳、と内心で呟いて意識を手放そうとした、その時。

 「眠っているところ申し訳ないのですが起きてもらえますか、ロザリー・ルビリアン様」

 今の今まで気配すらなかった室内に私以外の知らない声が響いた。
 驚いて目を開ければ、黒いローブに身を包んだ青年が私を見下ろしている。

 我が家のセキュリティは万全の筈だが、私の部屋まで侵入されておいて家の者が誰も騒ぎ立てないということは、青年が侵入したことを知っているのは現状、私だけということになる。

 「な、…っ!」

 「お静かに」

 声を出そうとした途端、首筋に冷たいものが添えられた。
 暗くてハッキリと見えないが、この状況下においてソレが何かなんてことを聞くのは野暮だ。

 働かない頭なりにでも今、自分が不利であることは理解できるので取り敢えずは青年の言う通り口を閉じる。
 …まぁ最も、心臓は今も煩いくらい鳴り続けている訳だが。

 「賢い判断ですね。こちらとしても無駄な殺しは避けたかったので有難いです」
 
 にこりと微笑みかけられるが、その瞳は未だ警戒対象を見るソレのままだ。下手な動きをすれば、容赦なく命を刈り取られてもおかしくないだろう。
 正直言って、凄く怖い。

 これまでも身分や立場上、それなりに危険の矢は投げられていたのかもしれないが、こんな死に直結しそうな体験なんて今世になってからしたことがない。
 前世でだって平穏普通の生活を送っていたし、気づいたら死んでいた訳だし今みたいに緊迫した空気を味わったことはない。
 公爵家の使用人がどれだけ優秀か、今更になって実感する。

 恐怖のあまり黙ったままの私を余所に、青年は『失礼しました』と言ってやっと首元に添えられていたモノをしまってくれた。

 「公爵家の方は随分と眠るのがお早いんですね」

 「何が、目的ですか……」

 青年の言葉を無視してそう口にする。
 聞きたいことは山ほどあったけれど、一番先に確かめなければならないことはやはりこれだろう。

 監視の目を掻い潜ってここまで来たのに、私がまだ殺されていない理由なんてある程度察しがつく。
 その理由によっては、今後の出方もかなり変わってくるし、知っておいて損はない筈だ。
 …勿論、そう都合良く教えてくれるとは思っていないけれど。

 「やだなぁ~、そんな怖い顔しないでくださいよ。別に取って食ったりなんて真似しませんから」

 しかし青年は、身構える私に対してあっけらかんとこたえた。
 彼の人好きしそうな笑顔にいいから早く言え、と目で訴えかける。
 それがきちんと伝わったらしく、青年は瞬時に表情を引き締めた。

 「ロザリー・ルビリアン様。本日は、我が主人の命でここへ参りました」

 「…主人?」

 予想だにしない理由に眉を顰める。
 まだそこまで遅い時間帯ではないとはいえ夜に、しかも侵入して伝言を伝える相手に刃物を突きつけるような人の主人って一体……。
 訝しむように睨めば、青年は眉を八の字にして微笑んだ。

 「恐ろしい思いをさせてしまい申し訳ありません。貴方を主人の元へお連れしても害がないか試させて頂きました。ご無礼をお許し下さい」

 言葉とは裏腹に全く悪びれていない様子に呆れてしまい、逆に何も言えなくなる。
 あんな事されて許してほしいとか言われても許せる訳がない。だって私は寛容でもなければ聖人君主でもないんだから当然だ。

 「許しません。でも、貴方の主人が貴方に命じた内容くらいは聞いてあげましょう」
 
 武器の一つもない今の私が青年に武力で勝てるとは思わないが、せめて嫌味の一つでも言ってやりたかった。
 そうでもしないと、胸に溜まったままの怒りのやり場を失くしてしまう。

 客観的には、物凄く上から目線な台詞に聴こえただろうが、青年は特に気にした様子もなく『ありがとうございます』と口元を和らげた。

 「我が主人は貴方にお会いしたいようで、貴方をご案内するように、と私に命じられました」
 
 そう言って、青年はまるで騎士のように私に手を差し伸べてきた。
 まさかご案内って…今から!?
 
 冗談でしょう、と内心で思っていたことが顔に出ていたのか、青年は釘を刺すように『今からです』と告げてきた。

 「明日とかでは駄目なんですか…」

 「駄目です」

 「理由は?」

 「主人が待っているからです」

 当然とばかりの笑顔を向けられ、思わず頬が引き攣った。
 狂っている。そう思わずにはいられない。
 仕える主を第一と考えるのは良いことだが、度を越せばソレは一種の狂信だ。

 こういう類の人間に何を言っても無駄だろうが、こちらにも譲れないものがある。

 例えば今は夜で、成人前の子どもである私はもう寝なければならないだとか。
 例えばただでさえ疲れているのに無理やり起こして刃物を突きつけた上、怖い思いをさせた自覚があるのにまだ私の身体にムチを打つ気なのかとか。
 
 言ってやりたいことは沢山あるが、取り敢えずこれだけは言わせてほしい。

 「眠いから明日にして下さい」

 「却下です」

 私の心からの訴えは青年によって呆気なく切り落とされてしまった。
 その上、青年は私がまた何か余計なことを言わないようにしたのか、足音もなく私に近づいて手を伸ばしてきた。

 「失礼致します」

 「え、なに…って、ちょっと!」
 
 急に身体が宙に浮く感覚に思わず上擦った声が出た。
 腹部に腕を回され、脇に抱えるように持たれる。
 私より背が高くて体格も良いのだからもっと他の持ち方だってあっただろう!
 
 「離して下さい!」

 「申し訳ありませんが、あまり主人を待たせる訳にもいかないので暫く我慢して下さい。……暴れると落としますよ」
 
 最後に低い声で脅迫めいたことを口にした青年に戦慄した。
 先程のような言葉を吐く彼なら、いくら主人の命じたこととはいえやりかねない。

 諦めた訳じゃないが、これ以上は身の危険を感じてぐっと感情を抑える。
 そんな私を苦もなく抱え上げた青年は、迷いのない動作で窓を開け身を乗り出した。
 え、嘘でしょ。まさか……!
 
 「口を閉じていて下さい。舌を噛まれても迷惑なので」
 
 そう思うならもっと別の手段で運べ、と声を大にして抗議したい。
 私自身、痛いのは嫌なので唇を引き結んだが、いけ好かないので代わりに思い切り青年を睨んでやる。

 しかし青年に堪えた様子は勿論なく、『行きますよ』と声をかけられた直後、戸惑いなく窓から飛び降りた。
 そしてそのまま、私は誘拐されるような形で青年に連れ去られたのだった。








 本日もありがとうございました(´˘`*)
 次回もお楽しみに。


「悪役令嬢は麗しの貴公子」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • いちご大福

    投稿ありがとうございます!体に気を付けて頑張ってください!

    1
  • カンナ

    嬉しいコメントをありがとう
    ございます(*´`*)
    世間では休校、休業している所もあるようなので読者の皆様も体調にはお気をつけ下さい。
    気まぐれ投稿が多いですが、これからも読んでいただけると幸いです。

    2
  • ばど

    いつも楽しみにさせて貰ってます!
    体に気をつけて毎秒投稿頑張って下さい!

    2
コメントを書く