悪役令嬢は麗しの貴公子

カンナ

56. とある王女の思惑



 ーーーリリークラント王国、後宮にて。

 リリークラント王国は建国より数千年の歴史があり、それなりに広い土地を有している国家である。
 建国当時に建てられた宮殿は、初代国王が建設の指揮をとったという逸話があることでも有名な美しい建設物だ。

それは本殿に限らず、かつての王達が娶った幾人もの妃達が住まう後宮も一緒で、白で統一されたそこは月日が経っても気品を失わない豪奢な場所だった。

 しかし現在、そんな広すぎる後宮に住んでいるのは実質たったの二人のみ。
 一人は国母であり王国唯一の妃イヴァンヌ・リリークラント。
 そして、もう一人は彼女の娘エリザベス・リリークラント第一王女である。

 父親譲りの深海色の瞳をした王女は、まだ幼女と呼べる年齢であるにも関わらず常に大人びた雰囲気を醸し出していた。
 兄であるアルバート同様、両親の美貌を受け継いだエリザベスは、既に他者を引き付けるだけの魅力を持ち合わせているようだと周囲は噂する。

 そんな彼女はここ最近、後宮区画に設けられたガラス張りの温室に入り浸っている。
 そこにはグランドピアノが設置されており、彼女はそれを目当てに毎日温室まで通っているのである。
 そして今日もまた、沢山の花々が咲き乱れる静かな温室で一人、エリザベスはピアノを奏でていた。
 
 普段なら誰も彼女の邪魔などしないのだが、今日はピアノを弾いている彼女に近づく者の姿があった。

 「ーーー戻りました、殿下」

 「あら。もうお開きになったの? 随分と早いのね」

 背後で頭を垂れている者を見向きもせず、エリザベスはピアノを弾き続けている。

 「いえ、まだお茶会は続いているようでしたがこれ以上は無駄と判断し、早々に切り上げて参りました」

 背後から受けた報告にふーん、と素っ気ない返事をしたエリザベスは、丁度区切りよく曲を演奏し終わったためそこで一度手を止めた。
 くるりと身体の向きを反転し、それまで背後にいた者へ漸く目を向ける。

 「結局、今回も私の予想通りの結果になりそうね。兄様って本当につまらない方だわ。……どうして皆あんなのがいいのかしら」

 「殿下、どこで誰に聞かれているかも分からぬのです。発言にはご注意を」

 「ここには貴方と私しかいないのだから少しくらいいいじゃない。それに、否定しないということは貴方もそう思っているということなのでしょう?」

 「……それについては、殿下のご想像にお任せ致します」

 「相変わらず素直ではないのね。…まぁいいわ。兄様が誰を娶ろうとどうだっていいもの」

 瞳を細めて近くの噴水を眺めるエリザベスは淡々とした声でそう告げた。
 わざわざ調べさせたくせに報告を聞いた途端から興味をなくした主人に、頭を垂れ続けている者は呆れを含んだ息を吐いた。

 「労いの一言もなくそんなことを口にする方が主人とは…」

 「言ってくれさえすれば私だってきちんと労うわ。そういう所が素直ではないと言っているのよ」

 「わざわざ言わずとも察して下さるのが真の主人というものです。……少し留まりすぎました。これにて失礼致します」

 会話を切り上げて立ち上がろうとする者を『待ちなさい』とエリザベスが制止した。
 再び片膝をついた者は、優雅に足を組んだ小さな主人がこれから自分に新たな命令を下すことを確信する。
 彼女が足を組むのは、決まって何か命令をする時に限ることを知っているからだ。

 「次は何を致しましょうか?」

 そう問えば、目の前で自分を見下ろす深海色の瞳が嬉しそうに細められる。
 愛らしい見た目のこの少女は、決してその中身まで純真な訳ではないことを知っている者など果たしてどれだけいるだろうか。

 「兄様の初恋のお相手だという貴公子ーーーロザリー・ルビリアン様を私のところまで引きずって来て頂戴」

 少女は無邪気にコロコロと笑う。
 楽しそうな声で歌うように命じた主人に深く頭を下げた者は頷き、次の瞬間にはその姿を消した。
 命じた者がいなくなったことを目で確認したエリザベスは、再びピアノへと手を伸ばし奏で始める。

 会ったことは一度もないが、よく両親や兄がその名を口にしては柔らかく表情を緩めていた。
 公爵家の子息としてではなく、一人の人間として自分の家族が高く評価しているその人物にエリザベスも興味を持ったのだ。
 しかも、王太子でもあるあの兄・・・が恋をした相手というのだから興味を持たないわけがなかった。

 「愚直な兄様を虜にさせた方ですもの、きっと私のことを楽しませて下さるに違いないわ」

 少女は瞳を閉じてうっとりと語る。
 その日、少女の演奏を阻む者はもう現れなかった。






 (2.3.11)一部修正しました。

 本日もありがとうございましま(´˘`*)
 次回もお楽しみに。



「悪役令嬢は麗しの貴公子」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • いちご大福

    更新ありがとうございます

    1
  • ノベルバユーザー248828

    アル様の妹君(((((゜゜;)マジヤバソウ…… ロザリーちゃん大変そうな子にまで目ェ付けらて( ノД`)ヨヨヨ…やっぱ王族コワ(-""-;)

    1
コメントを書く