悪役令嬢は麗しの貴公子

カンナ

54. 黄金の正体



 やせ細った月が微かな光を帯びて佇む空の下、私はルビリアン公爵邸の門前に降り立った。
 男性は宣言通り、私を家まで送り届けてくれたのだ。

 「本日はありがとうございました」

 私に続いて馬車から降りた男性に向かって頭を下げる。

 「礼など要らん。お前はただ、俺に付き合わされただけだからな」
 
 「それでも、送って頂いたことに変わりありません。道中とても快適でしたし」

 「……奇特な奴め」

 そう言って再び頭を下げると、男性は呆れを含ませながらも目元を緩ませて微笑んだ。
 
 彼の『付き合わされた』という言葉はあながち間違いではない。 
 どんな話題を出しても会話は広がらなくて苦労したことは事実なのだから。
 正直、すごく気まずかった。

 「お前はいつもそうなのか?」

 「何がでしょうか」

 「お前の対応だ。俺がお前に対して名乗らなかったことといい、舞踏会で扇で打たれたことといい、何故怒らない?」
 
 彼の言いたいことは分かる。
 普通なら、ましてや貴族なら尚のことそういった無礼には敏感だろう。寧ろ怒らない方がおかしい。
 でもーーー。

 「意味がないことを知っているからです」
 
 「どういうことだ?」

 「殿下の仰ることは最もです。ですが、感情に身を任せて怒りをぶつけて何が得られましょうか。ただイタズラに時間と労力を消費するだけでなんの解決にもならない行為に意味などありません」

 前世でもそうだった。
 理不尽を押し付けられたり、他人のミスの尻拭いをしたり。そのくせ感謝の一言もない、やって当たり前だと思われる。
 何も感じない訳じゃなかったけど、気にしてたってどうにもならない。

 「まずは己が為すべきことを。怒ったり泣いたりするのは、全部終わった後でも出来ることです」

 やりたいことよりまずは為すべきことを。
 私の前世からのモットーだ。
 
 「それに、私は公私混同はしない主義ですから」
 
 「それは名を名乗らなかった俺に対する嫌味か?」

 「え、いやそういう意味ではっ…!」

 慌てて否定すると、男性は喉を鳴らして笑った。

 「冗談だ。それより、早く家に入った方がいいぞ」

 「? ……はい」

 私が不思議そうな顔をしたのが分かったのだろう。
 再び馬車に乗り込もうとした男性は驚いたように黄金色の瞳を見開いた。

 「本気で分からないのか?」

 「えっと…?」

 更に首を傾げる私をみて男性は大きな溜息をはくと、クシャリと私の頭を一撫でして馬車に乗り込んだ。

 「分からないならいい。もう片付いたようだしな」

 「は、はぁ…」

 「それと、名乗るのが遅れて悪かった。俺の名はエルバトール・ユリス・ヘドガー。…まぁ、お前は俺のことを知っていた・・・・・ようだがな」

 黄金色の瞳が宵闇の中で怪しく光る。
 気を抜けばこの場で食い殺されるのではと錯覚してしまいそうな圧力を感じた。
 それほどまでに圧倒的な強者のオーラがあるからだ。

 そう、この人がーーー。
 メイリンジャネス帝国の若き帝王にして絶対的支配者、『黄金の獅子』と恐れられるその人だ。

 「こうしてお会いするのは今宵が初めてです」

 「…本当まことか?」

 「本当です」

 暫くの間、私を鋭く射抜いていた黄金の主は、今度はからかうように目を細めた。
 
 「そうか。では、そういうことにしておいてやろう」

 馬車の中から逞しい腕が伸びてきて私の頭の上で着地する。
 クシャリとまた一撫でしたエルバトールが囁いた。

 「おやすみロザリー。またな」
 
 「お、おやすみなさい…え、名前…?」
 
 初めて名前を呼ばれたことに驚く。
 それに、またなって…。
 エルバトールを見上げると、彼はニヤリと意地悪く微笑むだけだった。

 頭の上からぬくもりが消えたタイミングで馬車が動き出し、徐々に遠ざかっていく。
 結局、早く家に入れと言われたのに見送りまでしてしまった。

 先程まであったぬくもりの上から被せるように、自分の手を頭にのせる。

 「…あんな人、だったっけ」

 ゲームに登場したエルバトールは、もっと、こうーーーやめよう。
 ゲームとこの世界は同じではない。
 私がここで生きているように、彼らも彼らの人生を歩んでいるのだから。
 
 思考を中断して門をくぐり屋敷へと歩いていく。
 私の姿に気づいた使用人達が屋敷の外まで出迎えに来てくれた。
 皆の姿を見たら安心して肩の荷がおりた気がする。

 長い一夜だったと、気が抜けたせいかもしれない。
 私を出迎えてくれた使用人達の黒い制服の裾が所々、赤黒く色づいていたことには気づけなかった。
 


 ……

 
 リリークラント王国、城門にて。

 「漸く戻ってきた」

 背中を柱に預けた少年が、こちらへ向かってくる一台の馬車を見つめて気だるそうに呟いた。
 黒漆の馬車は少年の前で留まると、内側から扉が開けられる。

 「待たせた」

 「えぇ、本当に」

 少年は、既に中にいた人物ーー兄であるエルバトールを軽く睨みながら自身も馬車に乗り込んだ。
 ドサリと音を立てて座り、慣れた手つきでネクタイを緩め上着とシャツのボタンを開けていく。
 上座に座るエルバトールは、そんな少年を苦笑交じりに見つめていたが、少年に気にした様子はない。

 「それで? 可愛い弟を残して帝王様は今の今まで何処をほっつき歩いてたンですか?」

 足を組み、頬杖をついた少年は気だるそうに黄金の瞳を兄へと向ける。

 金の瞳は帝国の皇族たる象徴。帝国民なら崇拝する対象となる。
 しかしこの弟は、気だるげな表情、意欲の感じられない態度、加えて面倒臭がり屋という3点セット付き。
 残念であることこの上ない。
 
 同じ黄金でもこうも違うか、とエルバトールは密かに思った。

 「宝石を家まで送り届けてきた」

 「…ふざけてンですか?」

 「大真面目だが?」

 真顔のエルバトールに少年は舌打ちした。
 しかし、舌打ちされたエルバトールは慣れているのか、敢えて何か言うことはない。

 「社交を疎かにするくらいその『宝石』が気に入ったンですか?」

 「あぁ。お前もきっと気に入る」

 ふ、と穏やかに微笑んだエルバトールを少年は意外そうに見つめた。
 なんせ普段から無表情が常である兄が、表情を崩すばかりか微笑んでいるのだ。
 明日には雪でも降ると思ってしまうのも無理はないと言える。

 「この国においておくには惜しい。お前、どうにかして帝国うちに連れてこれないか」
 
 「どンな無茶ぶりですか。そもそもオレ、その『宝石』のこと知らねぇし無理ですよ」

 「今夜会った中にいたぞ。まぁ、またいづれ会えるだろうがな」

 今夜会った。 いづれまた会える。
 兄のヒントを基に舞踏会にいた人物リストを思い起こす。
 勿論、手がかりが少ない現状では絞り込むのは不可能に近いのだが。

 必死で記憶を辿る弟を見つめたエルバトールは、もう一つヒントを与えることにした。

 「あぁそうだ、学園ではお前と同じクラスになるよう手配しておいてやろう」

 礼なら要らん、とつい最近言ったような台詞を再び口にする。
 エルバトールはそれっきり口を閉ざしてしまった。

 少年は端正な顔を歪めて自身の兄である皇帝を気だるそうに見つめていた。
 
  




 お屋敷の使用人さんってなんでもやるんですね…。



 本日もありがとうございました(´˘`*)
 次回もお楽しみに。
 


「悪役令嬢は麗しの貴公子」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • カンナ

    屋敷を守るのも使用人の務め、その為なら時には手段を選ばないこともあるのではないでしょうか。

    あたたかいお言葉をありがとうございます(๓´˘`๓)‎
    皆さんの応援に応えるように精進して参りますね!
    今後ともよろしくお願いします。

    2
  • ノベルバユーザー248828

    使用人さん達……何が?ヒト狩やっちゃいました?Ψ( ̄∇ ̄)Ψエル様にも気に入られてロザリーちゃんこれからも大変ねっ頑張って。・゜゜(ノД`) カンナ様いつも楽しく読ませて頂いてますっ、忙しいでしょうが無理などせず頑張って下さい!!

    1
コメントを書く