悪役令嬢は麗しの貴公子

カンナ

#閑話 舞踏会のその後



 (※以下、アルバート視点)

 ゆったりした音楽と弾んだいくつもの声達が混ざり合う舞踏会場。
 その場に力ずくで連れ戻された俺は、自分の娘を売り込む者達と会話をさせられている。

 「それに私の娘は裁縫も上手でしてね。身内の贔屓目を差し引いても器量が良いと思うのですよ」

 「手先が器用なのは良いことだ」

 「おぉ、殿下もそう思われますか! であれば、一度会話の席を設けて…」

 「いやいや殿下、器用という点ではわたくしめの娘も負けてはおりませんぞ。この娘はダンスが得意でしてな」 

 「ダンスが上手だとパーティでは映えるからな」

 「そうなのですよ。殿下も一曲いかがでしょう?」

 かれこれずっとこの調子である。
 正直に言って、そんな話をされても彼女達に毛ほども興味が湧かない。

 平坦な声で当たり障りない返事を事務的に繰り返す単調な作業だが、これが中々に疲れる。
 
 「お話中に失礼致します。所用がありまして、少々殿下をお借りしますよ」
 
 笑顔を貼り付けたヴィヴィアンに腕を引かれ、輪の中から連れ出される。

 「助かった」

 「お礼を言うくらいなら自分で抜け出すように努力しなよ」

 呆れ顔で言われてしまってはぐうの音も出ない。
 会場の隅の方まで避難すると、ヴィヴィアンは片手を上げて踵を返した。

 「俺はもう戻るよ。次は助けてあげれないから自力で頑張って」

 「お前が休憩しないなんて珍しいな」

 「…ローズをあんな目に合わせてしまったんだ。せめて後始末だけでもしないと」

 いつにない真剣な表情でそれだけ言うと、ヴィヴィアンは再び群衆の中へと戻っていった。

 (ローズは…そろそろ家に着いただろうか)

 柱の影に身を潜めていても考えることはやはりローズの事。
 口から血が出るほど強く叩かれたというのに、どこまでも凛と美しく振る舞うアイツに見惚れてしまった。

 ただ見ていることしか出来なかった自分が恥ずかしい。
 権力や地位があっても友一人助けられないのでは意味がない。
 だから医務室に見舞いに行った時、ローズは俺にあんな態度をとったのだろうか?

 「本当に、何をやっているんだろうな…」

 「何がですか?」

 「ッ!!」

 急に横から声をかけられて驚く。
 完全に気を抜いていたせいか、近づいてくる気配に気づけなかった。
 だが、声の主が誰か直ぐに分かってしまった俺は不躾に顔を覗き込んでくる女を睨んだ。

 「何の用だ」

 「あ、あのアタシ、急に声かけちゃってごめんなさい! なんだか落ち込んでるみたいだったからどうしたのかなって思って…」
 
 両手の指を胸元で組んで上目遣いでそんなことを言ってくるのは、常々俺に付きまとってくるリディア・クレイン男爵令嬢。
 俺はこの女が苦手だ。
 
 「休憩していただけだ。悪いが一人にしてくれ」

 視線も合わせずわざと冷たい声であしらう。
 ただでさえ疲れているんだ。この女に構ってなんていられない。

 「そんなことっ…出来るわけないじゃないですか!」

 「は?」
 
 「そんな悲しいこと言わないで下さい! アタシがそばにいます!」

 俺が言いたいのはそういうことではないんだが、どうやらこの女には伝わっていないようだ。

 「大声を出すな。煩い」

 「あっご、ごめんなさい! でもアタシ、アルバート様には笑っててほしいです! その為ならどんなことでもしますから!」

 心からそう思っているなら俺に付きまとわないでほしい。
 声の音量もほとんど下がっていないし、本当に面倒な奴に捕まってしまったものだ。

 「…ロザリー君ですか? 貴方にそんな顔をさせているのは」

 急に何を言ってくるんだこの女は。
 コイツのこういう全て見透かしてくるような瞳や俺のことをなんでも知っているような口ぶりが気味悪くて苦手だ。

 「…やっぱりそうなんですね。ロザリー君のせいでアルバート様は傷ついているんですね」

 「何を……」

 「大丈夫です! アタシが癒して差し上げますから!」

 「はぁ?」

 戸惑う俺にずいずい身体を寄せてくる。
 恥じらいというものはないのかこの女!

 「アルバート様はいつもお仕事でお疲れなのにロザリー君は何も分かってない」

 「どういう意味だ」

 「だってそうでしょ? さっきだって、カレンを守って扇でぶたれてたけど、あれって女同士のいざこざに首を突っ込んで喚き立てて大事にしただけじゃない。アルバート様がその尻拭いをするなんて微塵も考えてない人の行動よ!」

 …本当に何を言っているんだこの女は。
 さっきというのはルミエラ嬢がカレン嬢に扇を投げつけた件だろうが、ちゃんとあの出来事を見ていたのか?
 いや、見ていたらこんな馬鹿なことは言わないはずだ。

 「外国の偉い人達もいるのに悲劇の主人公ぶって、あれじゃぁまるでーーー」

 「もういい黙れ」

 「え…」

 これ以上は聞くに耐えなかった。
 
 「俺を怒らせたくなければ、今すぐこの場から立ち去れ」

 「どうして…? 何がダメだったの?」

 どうしてだと?
 随分と笑わせてくれる。
 俺は何も応えず、泣き出しそうな女に背を向けた。そして、近くにいた近衛警備隊に女を連れて行けと命じる。
 近衛に腕を捕まれた女は俺に向かって叫んだ。

 「ねぇなんで! なんで主人公アタシがそんなこと言われなきゃいけないの!? それを言われるのはーーー……」

 俺は後ろで喚く女の声には耳をかさず歩き出した。
 だからあの女が最後に言った言葉を聞き逃してしまった。
 もし、この時にリディア・クレインの言葉を最後まで聞いていれば、俺は違った道を歩んでいたのだろうか?




 『それを言われるのはーーー
                      ーーーロザリー・ルビリアンのはずでしょ!?』








 本日もありがとうございました(´˘`*)
 次回もお楽しみに。



 インフルエンザが流行ってきてますね。
 皆様も体調にはお気をつけ下さい。
                                                       (1.11.20)


「悪役令嬢は麗しの貴公子」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • カンナ

    あたたかいコメントをありがとうございます⸜(*ˊᗜˋ*)⸝
    今後もと精進して参りますので、よろしくお願いいたします。

    3
  • ノベルバユーザー248828

    いつも連載楽しみにしてます。今度の冬はかなり寒いらしいのであまり無理などされませんように。(*・∀・*)ノ

    2
コメントを書く