悪役令嬢は麗しの貴公子

カンナ

53. 家に着くまでが遠足



アルバートが姿を現した途端、室内は沈黙に包まれた。
 …なんでここにアルバートが?

 「顔に怪我を負っただろ。手当は済んだのか?」

 唖然とする私の頬にさり気なく触れようとしてきた彼の手をサッと避ける。
 そして、気を逸らすように尋ね返した。

 「殿下こそ何故こちらへ?」

 「俺もあの現場にいたからな。お前が心配で抜け出してきた」

 抜け出してきた、その一言に私の頬は更に引くつく。
 一悶着起こした側から言えることではないけど、彼は今夜がどれだけ重要な催しか分かっていないのだろうか。
 少なくとも一国の王子が抜け出していいなんてことはない。
 一体、保護者ヴィヴィアンは何をしているんだか。

 「アルバート様、私を気遣って足を運んで下さったことは感謝しています。しかし、物事には優先順位というものがあるのです」

 「なんだ、いきなり畏まった言い方をして。お前らしくもない」

 「話をはぐらかさないで下さい。きっと国王両陛下やヴィヴィアン様も心配していらっしゃる筈です」

 遠回しに会場へ戻るよう言ってもアルバートには伝わらなかった。

 「兄上の言う通りです。幼子ではないのですから聞き分けのないことを言わないで下さい、殿下」

「そう急かすな。ヴィーに任せてきたし、後数分は大丈夫だ」

 やや強めな口調で退出を促すニコラスにもアルバートが動じることはない。
 
 「ーーーチッ……面倒な」

 重低音で呟いたのはニコラスだった。
 ニコラスは怒気を含んだ無表情のままアルバートの元へ来ると、彼の腕を捻りあげるようにして引っ張った。

 「何をするニコラス! 離せッ、おい!」

 「ほら、行きますよ。王子だと豪語するのであれば、それ相応の義務は果たしてきて下さい」

 相当イラついているのか、ニコラスが加減しつつも強引にアルバートを引きずっていく。
 そして、アルバート付きの護衛にポイ、と投げると会場へ連れていくよう頼んでそのまま扉を閉めてしまった。

 「驚かせて申し訳ありません。兄上、そしてカレン嬢」

 「確かに驚きはしたが、私は気にしていない。ニコラス殿こそ大変だったろう」

 「このぐらい、普段から学園で共に生活している兄上に比べれば大したことはないですよ」
 
 再び静寂が訪れた室内で、ニコラスは肩を竦めて苦笑した。

 「陛下からも許可を頂きましたので、兄上達はもうお帰り下さい。馬車は既に手配してあります」

 おそらく、この対応は陛下からの謝罪を意味するのだろう。
 貴族たちが集まる催しで何か問題が起きた場合、責任を取るのは主催者の義務だ。
 しかし国王という立場上、容易にそれを認めることはできない。
 だからこそ、この『配慮』なのだろう。

 こちらとしても好都合なので甘えさせてもらうことにした。
 ニコラスに礼を言ってソファから立ち上がり、カレンをエスコートしながら城門へと向かう。
 そこには、既に二台の馬車が到着していて私達を待ってくれていた。
 
 カレンを彼女の家まで送り届ける気でいた私は、馬車の台数に疑問を抱く。
 
 「君の紳士なところは素晴らしいが、己の身も労ってやってくれないか。これでも武家の出だ、夜道を怖がるほど弱くはない」

 手当を施した方の頬に手を添えたカレンが苦笑する。
 そんな風に言われては受け入れるしかないじゃないか。

 「ありがとう、カレン」
 
 「礼を言うのはこちらの方だ。君のおかげで夜会を楽しむことが出来た」

 目尻を緩ませた彼女の表情は、心から楽しめたことを言葉以上に雄弁に語っていた。
 そのことにほっと胸を撫で下ろす。

 「では、次も楽しんでもらえるよう努力しなくては」

 引き寄せてカレンの手の甲に唇を落とす。
 婚約してから初めて参加する夜会なのに、完璧なエスコートを出来なかった。
 だから、そのリベンジの誓いの意味を込めて彼女に別れのキスを送る。

 「おやすみカレン。良い夢を」

 「お、おや、すみ…」

 頬を朱に染めたカレンが、少し上擦ったぎこちない声で返答してくれた。
 その反応が愛らしくてもう少しこのまま見つめていたいけれど、そろそろ彼女を家に帰してあげなければ。
 
 馬車に乗るその瞬間までエスコートは続く。
 扉が閉まる間際、そっと離れた手に寂しそうな表情をみせたカレンを乗せて馬車は走り出した。

 一先ず役目を終えた、と肩の荷をおろしながら馬車を見送っていると背後から不意に声をかけられる。

 「王子様の役目は終えたか」

 低く、それでいて威厳のある声が響く。 
 驚いて振り返った私は、声の主を認めて更に驚くこととなった。

 向けられた鋭い双眸。
 襟足だけ伸ばした長い髪を後ろで一纏めにしている男性。
 黒を基調としたドレスコードを纏うも、まるで軍人かと錯覚してしまうほどに男性の身体は引き締まっていた。

 何故、ここにいるのか。
 緊張が全身を駆け巡った。

 「初めまして。ロザリー・ルビリアンと申します。このような格好でご挨拶させて頂く無礼をお許し下さい」
 
 動揺を理性で抑えつけ、膝をつき頭を垂れて『最上』の一礼をする。
 それが、この場で一番正しい対応だと思った。

 「構わん。楽にしろ」
 
 しかし、返ってきた言葉はそれだけ。
 名乗りもしない男性を内心で非難したが、顔には決して出さない。
 言われた通り礼を解き、失礼にならない程度に男性を見る。
 男性も私を冷ややかな双眼で観察するように見つめてきた。

 刹那の沈黙が生じる。
 無言の攻防をしているようだった。

 「驚いた。この国にもお前のようにマシな・・・貴族がまだいたとはな」
 
 ふ、と冷笑する男性。
 あまりに露骨な侮辱に喉元まで感情が押しあがってくるのを感じた。
 だが、直ぐに理性が働いてくれたのでなんとか耐えられた。

 ーーー落ち着け。
 心に言い聞かせてから男性をもう一度見つめ直す。

 彼は私を試している。
 目的は不明だが、今のやり取りを考えればそこに行き着く。

 私は曖昧に微笑んで片手を胸に添え、先程よりも軽く頭を下げてみせた。
 褒められた訳ではないから感謝の言葉は不要だと省く。

 「ほぉ……。度胸だけでなく聡明さも持ち合わせているか」

 私の行動をどう受け取ったのか、男性は形の良い唇を楽しそうに吊り上げた。
 怪しい輝きに満ちた瞳に捉えられる。

 本能が警告音を鳴らし、視線を逸らす。
 しかし次の瞬間には、男性はぐっと私との距離を縮め、鼻先が触れそうなほど近くまで迫ってきた。

 「な、」

 反射的に後ろへ下がろうとして、男性に腕を掴まれる。
 まるで、逃がさないとでも言うように。

 「お前、面白いな」

 少しだけ弾んだ低く艶のある声が囁く。
 
 「来い」

 混乱する私の手を引き、待たせておいた馬車とは別のーーおそらく男性が手配したであろうーー馬車に乗せられる。

 パタン、と扉が閉められたかと思えば、そのまま走り出してしまった。

 「殿下……!」

 これには流石に耐えきれずそう呼んだ私に、彼は薄く微笑んだ。

 「家まで送ってやる。その代わり着くまでの間、俺の話し相手になれ」

 有無を言わさぬ威圧的な物言いとは裏腹に、切れ長の瞳は新しいおもちゃを手に入れた子どものように輝いている。

 ーー早く家に帰りたい。
 既に向かっている我が家を恋しく思いながら、私は口を開いた。

 「では、殿下を退屈させないよう精一杯務めさせて頂きます」 







 本日もありがとうございました(´˘`*)
 次回もお楽しみに。



「悪役令嬢は麗しの貴公子」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • カンナ

    読んでくださっている皆様、更新が遅れており申し訳ございません。
    今後も更新は不定期ですが、あたたかく見守って下されば幸いです。
    段々と寒くなってまいりましたので、皆様も体調にはお気をつけ下さい。

    3
  • いちご大福

    新キャラや~✨
    更新ありがとうございます!

    1
コメントを書く