悪役令嬢は麗しの貴公子

カンナ

50. ご機嫌斜めなアメジスト



 乙女ゲームというものには大抵、ある程度ゲームを進めていくとボーナスストーリーというものが発生する。
 発生条件は至って簡単。
 
 王太子であるアルバート。
 次期宰相候補のヴィヴィアン。
 気さくで頼れる先輩のクラン。
 心に傷を負った少年ニコラス。

 以上、四人のメイン攻略者達とBest ENDを迎える、たったそれだけ。
 勿論、ただクリアするだけでなく全員の好感度を上限まで上げる必要があるから面倒ではあるが。

 忍耐強くこれらの条件を満たしたプレイヤーだけが攻略出来るストーリー。
 それが、隠れ攻略者ルート。
 そして、その先に待っている攻略者全員から愛される逆ハーレムルートなのである。

 とはいえ、度々ならメイン攻略者ルートでも影絵と音声くらいでの登場はしていたので、この世界においてもいずれ現れるだろうとは思っていた。

 だが、隠れ攻略対象者と言うだけあって『彼』のルートは色々と特殊なのだ。
 難易度も高く設定されており、一つ選択肢を誤れば即座にBad ENDという徹底ぶり。
 ……中にはBad ENDを全て回収して逆の意味で話題となったプレイヤーもいたくらいである。

 ゲームの舞台が学園であり、攻略者は勿論、お助けキャラ達も含め全員が学園の関係者という設定だ。
 なら当然、隠れ攻略者も何らかの形で学園に関わる必要があった。
 さらに、隠れ攻略者としての特別感を持たせる為に追加された設定ポジションーーーそれが、『異国からの留学生』である。

 ゲームでは確か、『彼』の素性が明かされていくのはずっと先だったはずなんだけど、とゲームの記憶を辿りながら思う。

 『彼』自身も上手く素性を隠せていたし、事前に情報漏洩なんてしていなかったのに……クランの情報源ってどこなんだろう。
 つくづく謎である。

 「これで分かっただろ。俺が『お前ら』に協力を仰いだ理由」

 来年はニコラスが学園に入学する年でもある。
 だからこそクランは、『お前ら』と言ったのだろう。

 「クランはその留学生が誰かも知っているのかい?」

 「いや、そこまでは俺も知らねぇよ。ただ、留学っつうくらいだからどっかの貴族だろうとは踏んでるけどな」

 頭の回転が速いクランに思わず感心してしまう。

 「で、ここまで聞いたからには協力してくれんだろーな?」
 
 「押し付けがましいですよ。それに、先程クランは僕らにとっても悪い話じゃない、と言ったことを忘れていませんよね?」
 
 ニコラスはこの話のどこが良いんだ、と言いたげにクランを睨む。
 私もニコラスと同意見だった。

 せっかく中立の立場を保つ(という建前の)為に王家と距離を取ったというのにこれでは意味がない。
 そんな私の考えなど知らないとばかりにクランは不敵に笑う。

 「忘れてねーよ。今回の件、上手くいけば王家に貸しを作ることができる。しかも、リスクの高い内容だけに利子も上乗せされるかもしれねぇ。つまりーーー」

 「つまり、今の内に功績を立てることで王家から離れた公爵家への信頼は回復する。それと同時に貸しを作った王家は今後、公爵家に大きく出られない。よって、王家と付かず離れずに平穏無事な日々を送りたい僕らにとっては好都合、と言いたいんですね?」
 
 「まぁ、そんなとこだ。当たらずとも遠からず、ってやつ」

 確かにそう考えると決して悪い話ではないが、それだけリスクも高い。
 ……さて、どうしたものか。
 
 ニコラスは多分、私と同じ選択をするだろうから全ては私の返答次第となる。
 クランとニコラス二人からの視線を浴びる中、瞳を閉じて思考に耽ける。

 本格的にゲームストーリーが開始となる年に留学してくる帝国の隠れ攻略者スパイ
 その『彼』にとって、前世の記憶を持つ私や留学する真の目的に気付いているクランの存在は予想外だろう。

 調査するにあたっての下準備、情報収集、クラン達との連絡手段と共有場所、万が一に備えた証拠隠滅の方法……。
 リスクと成功した際の報酬を天秤にかける。
 私はーーー。

 「…手を貸そう。その代わり、調査中はある程度こちらの好きに行動させてもらうよ」

 「交渉成立だな」

 クランは満足そうに微笑んで手を差し出してきた。
 今度は私も彼の手をしっかりと握り返す。
 
 「では、僕は兄上のサポートを。……兄上の温情に精々感謝して下さい、クラン」
 
 「あぁ、恩に着るぜ二人とも」

 その後、一通り今後の予定について話し合った私達は解散した。

 ……

 
 「すまないニコ。また可愛い弟を私のワガママに付き合わせてしまうね」

 「そう思われるのなら断ればよろしかったのでは? 兄上は甘いんですよ」

 公の場では滅多に感情を表に出さないニコラスが、珍しく不機嫌さを全面に出していた。

 「クランと手を組んだことを怒っているのかい?」

 「兄上の下した判断に僕が怒るわけがありません」
 
 言葉とは反対に、ニコラスは拗ねた子どものようにそっぽをむいてしまう。

 「……本当に?」

 「兄上に嘘はつきません」

 「その台詞、私の目を見てもう一度言えるかい?」

 「……」

 からかい過ぎただろうか。
 顔どころか、声すら聞かせてくれなくなってしまった。
 その事にショックを受けつつ謝ろうとすれば、それより先にニコラスが私の袖端をキュッと掴む。

 「…調査協力なんてしたら、一緒にいる時間が減るじゃないですか。折角、来年から僕も学園に通えるのに」
 
 掴んだ袖端に皺ができるくらい強く握られる。けれど、私はそんな事を気にする余裕すらない。
 不意打ちでのニコラスのデレ発言はそれだけ威力が抜群だった。

 「本当にごめんね。私もなるべく一緒にいれるように努力するから機嫌を直してくれないかい?」
 
 「機嫌は悪くありません。普通です」

 「そう。なら、ニコの可愛い顔を兄上に見せておくれ」
 
 「今は、嫌です…」
 
 そんなことを言っても袖を握った手は相変わらずで、私はニコラスを微笑ましく思った。
 昔ほど素直ではなくなったけど、そんな所も可愛くて仕方がない。

 これ以上、拗ねているニコラスに何か言っても無駄だと思い、袖端の繋がりはそのままにバルコニーを後にする。

 会場内に入って直ぐ、私は何か違和を感じた。
 皆が一点へ視線を集めて何やらヒソヒソと話している。

 「変ですね。何かあったんでしょうか?」

 ニコラスも気付いたようで、私達は彼らの注目する先へ視線を追った。

 「あれはーーーって、兄上!?」

 彼らの視線を追って目にした光景に、私はニコラスの焦燥した声を振り切って走り出していた。
 
 
 
 
 



 2話連投の後半です(19.9.6)


 本日もありがとうございました(´˘`*)
 次回もお楽しみに。
 

「悪役令嬢は麗しの貴公子」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー248828

    ニコ君のツンデレ美味しいデスワ

    1
コメントを書く