悪役令嬢は麗しの貴公子

カンナ

15. 貴公子は見た


 はぁ……やっと着いた。
 王宮内が広すぎてイベント開始までに薔薇園に辿り着けるか不安だったけど、なんとか間に合ったみたいだ。

 リディアの姿を見つけ、いつイベントが始まってもいいように会話が聞こえるくらいの距離を置いて木影に身を潜める。

 「そろそろだと思うんだけど…」

 リディアの呟いた台詞にやはり転生者だと確信する。キョロキョロと辺りを見回しているリディアはここに来るはずの王子の姿を探しているんだろう。

 あんなあからさまに探して……。ココはゲームではなく現実なのだから、いくらゲームと同じキャラやイベントが起こったとしても内容が完全に一致するわけじゃないのに。

 今からそれで大丈夫か、主人公ヒロイン。既に一抹の不安をリディアに抱きつつ見守っていると、待ち人が漸く現れた。

 「…誰だ。ここで何をしている」

 ゲームと同じ台詞と声でそう告げて、彼は姿を現した。月夜に照らされた彼は、まさに物語に出てくる王子様そのもの。我がリリークラント王国第一王子にして王太子であるアルバート・リリークラントその人である。濃紺の髪は風に靡いて揺れ、深海の色をした瞳は訝しむように目を細めてリディアを見つめている。

 「あ、あの! ごめんなさいっ! 道に迷ってしまって… 。それに、ちょっと…一人になりたくて」

 リディアは先ほどまでなかったはずの涙を両目いっぱいに溜めて瞳を潤ませている。
 なんて素晴らしい猫被りだろう。

 関心しながらこの後のイベント内容を思い出す。
 
 確かこの後、アルバート王子は主人公ヒロインに泣いている理由を問い、主人公ヒロインがこれまでの事情を説明する。そして、涙ながらに語るも必死に耐えて無理に笑おうとする主人公ヒロインの姿に心を打たれたアルバート王子はそんな彼女を優しく慰め、彼女の手の甲に口付けをして別れるという流れだった。

 あのスチルが間近で見られるのかぁ…、とワクワクしていたのだが。

 「……そうか。では、この通路を戻って突き当りを左に曲がれ。衛兵がいるはずだから、後は彼らに案内してもらうといい」

 「「え」」
 
 口から漏れた声がリディアと重なる。慌てて口元を手で覆う。大丈夫、きっと聞こえていない。

 その証拠に、リディアが王子に言い縋った。

 「あ、あのでもぉ…。私、今日が初社交界でお城の中とかよく分からなくて。そっ、それに! 今はまだ、会場に戻りたくなくって」

 「普通、デビューしたばかりの令嬢はこんな所に迷い込んだりしない。そもそも、これは君の自業自得だろう」

 「そっ、そうですけどまだ戻りたくないんです!」
 
 「君の都合は私には関係ない」

 「そ、そんなぁ……」

 必死に言い縋るリディアを間髪入れずに切り捨てていくアルバート王子。

 …おかしい。私は今回なんの介入もしていないし、主人公ヒロインであるリディアの台詞も一言一句一緒で完璧だった。
 なのに何故イベントの内容がこうも違う?

 ゲームであってゲームでない世界。現実だから。
 そう言われてしまえばそれまでだが、何か引っかかる。

 「兎に角、周りに迷惑をかけたくなければ早く会場に戻れ」

 「………………はい」

 一人考えている間にも会話は進む。
 完全にアルバート王子に打ちのめされてしまったリディアは、困惑と動揺の表情をしながら王子に教えてもらった道をとぼとぼ歩いていった。
 ちょっとだけ同情する。 

 それにしても、どうしてイベント内容が違ったのだろうか? 好感度は関係ないし、悪役令嬢ロザリーも出てきてない。私もアルバート王子と接触してないし……ん?
 アルバート王子と接触してない・・・・・・

 それだ! ゲームでは、悪役令嬢ロザリーがアルバート王子の婚約者でデビュー前に何度か顔合わせしている。
 しかし、今の私は男装している上にアルバート王子の婚約者でもなければ一度も会ったことがない。

 だが、それだけでこんなにもイベント内容が違うだろうか?

 「おい、いつまでそこに隠れているつもりだ。出てこい」

 また一人で考え込んでいたため、不意打ちでかけられた声にビクリと肩が上下する。

 木影からアルバート王子の方をそっと覗くと、彼は私の方をじっと見ていた。
 ば、バレてる…。

 これはもう腹を括るしかなさそうだ。
 私は一つため息を吐いてから観念して王子の前へと出ていった。






 漸くメインヒーロー出せました…

 本日もありがとうございました(´˘`*)
 次回もお楽しみに。
 

「悪役令嬢は麗しの貴公子」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く