悪役令嬢は麗しの貴公子

カンナ

11. 対面(前編)


 前公爵夫妻が来る当日、使用人達は皆準備のため朝から慌ただしく動き回っていた。
 私付き専属侍女のマーサも人手が足りず、私の朝の身支度を手伝うと準備に駆り出されていた。

 執事長が言うには、前公爵夫妻は正午頃に来訪するとの事だったので、それまで暇だった私は邪魔にならないようニコと(本日は仕事を休んだという)お父様と一緒に大人しく居間で待つことにした。


 やがて前公爵夫妻が到着し、玄関ホールで出迎えると祖母と思わしき女性がお父様へ親しそうに話しかけた。

 「久しぶりねぇ、クラウド。元気そうでなによりだわ」

 「母上も相変わらずのようで安心致しました」

 「クラウド、仕事は滞りなくやっておるのだろうな」

 「勿論。父上が心配なさることは何も」

 お父様と同じ銀髪と銀色の瞳の祖父は、お父様があと数十年したらこうなるだろうと言えるくらいとてもよく似ていた。
 しかし、お父様とは違い眉間には深く皺が刻まれ、その瞳は見る人を威嚇する様に吊り上がっている。

 祖父に寄り添っている祖母は、厚く塗りたくった化粧と鼻につく香水、煌びやかでいかにも高そうなドレスを身にまとっている。

 二人は言葉とは裏腹に、お父様に鋭い視線を送っている。お父様の後ろに控えている私達には気づいているのかいないのか、スルーされている。

 ……三世帯揃ったのに、何だこの殺伐とした空気は。

 「皆様、客室の用意が出来ましたのでそちらへご案内致します」

 そんな空気を破ったのは執事長の一言で、それぞれが客室へ移動すべく歩き出した。

 客間では、前公爵夫妻と対面する形でお父様を中心に私とニコが両脇のソファーに腰掛けた。

 「それでクラウド。私はいつになったら孫の名前を教えてもらえるのかしら?」
 
 目が笑っていない微笑みで催促してくる祖母と、同じことを目で訴えかけてくる祖父にお父様は苦笑した。

 「そう急かさずとも、きちんと紹介致しますよ。ーーーー ローズ、ニコラス」

 お父様は私とニコへ視線を向けて挨拶するよう促す。私達もそれに目で頷きかえし、立ち上がる。

 「お初にお目にかかります。ロザリー・ルビリアンと申します。この度は、前公爵夫妻様にお会いできて嬉しく思います」

 私は笑顔の仮面を貼り付けて、恭しく紳士の礼をした。そして、それにニコも続く。

 「同じく、ニコラス・ルビリアンと申します。前公爵夫妻様におかれましては、ご機嫌麗しくーーーー」

 「まぁ!ロザリーと言うのね!幼い頃のクラウドにそっくりだわ」

 ニコがまだ挨拶し終わっていないにも関わらず、祖母は私に微笑みかける。祖父は何も言わないが、私に品定めの目を向けている。
 ……どうやら、ニコのことを完全に視界から排除しているらしい。

 ニコに視線をやれば、これまでの経験から慣れていることもあって特に気にした様子はない。
 
 「酷いわ、クラウド。跡継ぎが生まれていたのならその時点で教えてくれても良かったのではなくって?」

 そのまま ねぇあなた? と隣の祖父に同意を求めている祖母のことを、お父様は笑顔のまま冷たく睨んだ。

 「申し訳ありません、母上。息子達・・・のことは、ちきんと教養を積ませた後の立派な姿をお見せしたいと思っておりましたものですから」

 ワザと強調してニコの存在を暗に示すお父様。

 「あらクラウド、おかしなことを言うのね。私達の孫はロザリー1人でしょう?」

 まるで、他に誰がいるというの? とでも言いたげに祖母が顔を歪めた。
 それを聞いたお父様は、握っていた拳に更に力を込める。

 室内に一瞬の沈黙が広がったかと思えば、今まで会話を静観していた祖父が口を開いた。

 「己が息子を立派な跡継ぎとする為に志しを高く持ち、教養してきたことは賞賛に値する。だが、養子スペアを引き取る必要はない」

 「ニコラスはスペアではありません、父上」
 
 「ほぅ…、ではソレはなんだと言うのだ? なんの為に公爵家ここに置いている?
 よもや、亡き義娘つまの贖罪にでもするつもりか?」

 その時だった。私の頭の中で何かがブチっと音を立てて切れたのは。

 お父様はそれを受けて黙したがそれは祖父に臆したからではなく、彼らにいくら説明した所で無駄だと判断したからだろう。

 祖父も言いたいことは言ったとばかりに口を閉ざした。
 室内が再び沈黙に包まれる中、私は込み上がる怒りを押し殺して口を開いた。
 
 「失礼ですが、何か勘違いをなさっているのでは?」

 私の低い声は静かな室内によく響いた。
 その場にいた全員が疑問の目を向けてくるが、それに構わず私はニコの傍へ歩みを進めた。口元を弧に歪ませて。

 「先程、お爺様はまるで私が跡継ぎと決まっている様な口ぶりで仰っていましたが、父上はまだ一言も私が跡継ぎだとは言っていませんよ?」

 ニコの隣に立った私は、向かいに座っている前公爵夫妻に挑発的に笑ってみせた。
 祖父はそんな私を更に目を細めて睨み、その隣にいる祖母は眉間に皺を寄せてパクパクと口を開閉させていた。
 ニコも私を見つめたまま目を見開いて固まっている。

 その中で唯一、お父様だけは私の考えが分かったようで面白そうに微笑んで頷いてくれた。『好きになさい』ということらしい。
 
 「お前が跡を継がずに誰が跡を継ぐというのだ」

 祖父は怒気を含んだ声をしていたが、口調は平静を保っている。

 「いるでしょう、ここに」

 そう言って、隣にいるニコの背に手を添える。
 ニコはビクリと肩を震わせ、不安そうな瞳で私を見上げたので、私はそれに『大丈夫』とニッコリ微笑む。

 「私の義弟ニコラスは、たいへん優秀で何においても私に引けを取りません。覚えも早く、真面目で努力家でもあります。次期当主の候補として申し分ないかと」

 「冗談じゃないわ! そんな卑しい女の血を引く子どもなんて!」

 突然立ち上がった祖母は、怒りに任せて怒鳴り散らした。私が言ったことが余程気に食わなかったんだろう、両手を握りしめてプルプルと震わせている。

 「母上、孫相手に叫ぶなどはしたないですよ」

 「クラウド! 元はといえば、貴方の躾がなっていないからこういう事に……!」

 「母上は不思議なことを仰る。人の意思は躾でどうにかなるものではないでしょうに」

 「なっ?!」

 口元に笑みを浮かべるお父様に虚をつかれた祖母は勢いが衰え、どもってしまった。
 チラリとお父様が私を見て微笑む。『静かになったから続きをどうぞ』とその笑顔が語っていた。
 ありがたいけど実の母親にそれでいいのかと思ってしまう。

 「兎に角。私は弟のことを高く評価しています。それこそ、血筋に関係なく。例え私が当主になったとしても支えてくれることでしょう」

 そこで私は一度言葉を切り、祖父の目の前に仁王立ちしてその鼻先に指をさした。

 「なので、たかが・・・血筋程度で私の大切な弟で将来の自慢の部下をぞんざいにしないで頂きたい」 

 子どもは親を選べない。そして、子どもは親で判断される。ココはそんな世界だ。その理不尽に耐え、今なお努力し続けているニコを悪く言う奴は許せない。
 身内であれば、尚更。

 「っ、ふ、ふふふふ…はははははははっ」

 突然祖父が大声で笑いだした。え、待って怖いんだけど何急に。
 驚いたのは私だけではないようで、皆固まって笑い続ける祖父に目を見開いている。

 「ふふっ…なるほど。ただのスペアではなかったということか」
 
 独り言のように呟いた祖父は、信じられないくらい穏やかな笑みを浮かべていた。

 



 半端なので一度切ります。
 今更ですが、お父様の名前はクラウドです。
 忘れていた訳ではありませんよ?


 本日もありがとうございました(´˘`*)
 次回もお楽しみに。


「悪役令嬢は麗しの貴公子」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • カンナ

    コメントありがとうございます!

    2
  • ノベルバユーザー194179

    続きを待ってます!

    2
コメントを書く