話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ねぇ、好きです…

はる

16

翌日
学校に来て昨日の事を思い出しながら
ぼんやりしている。
「森崎せんせ…」
つい独り言に出してしまった。
すると後ろから誰かに背中を叩かれ
振り向くと莉玖がいた。
「お前何森崎の名前独り言に出してんのw
もしかしてだけど好きなのか?」
そう言われてハッとする。やばい。
「うっわぁ恥ずかし…否定しても
どうせそのうち気づくと思うから言うね
そうだよ、森崎先生が好きなの。
誰にも言わないでね!絶対。」
莉玖が一瞬悲しんだような顔をした気がした。どうかしたのかな。
「マジかよおい、禁断の恋やんwww
教師はやめとけよ!笑笑
絶対叶うはずの恋じゃね?」
そう言われて胸が痛む。
「っ…るさいな、恋愛ぐらい好きな様にさせてよ。初めてこんなにも好きだと想える
人が出来たのに、叶わないなんて
分かりきってるわよ!それでも好きなの…」

「ねぇ、好きです…」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く