話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ねぇ、好きです…

はる

8

わざと明るい表情をしながら、心の中が曇る。
そりゃ、先生かっこいいし
面白いし、素敵な人なんだもん…
彼女ぐらいすぐできるよね…
でもそれがわかってても好きなのに。
「なんやねん結衣様って笑
お前らも夏は楽しく過ごせよ!」
「あははー!言われなくても過ごすよ!
だから部活の日少なくしてよね!笑」
そうだ、部活でも会えるんじゃん!
それは数少ない夏休みの楽しみだった。
私と莉玖は陸上部に所属している。
芹梨はソフトボール部。
芹梨はソフトボールがすごく上手なの!
羨ましいなぁ〜!
とか言いつつも私も陸上は小学からやってて
選抜3人が選ばれる大会だって出たことあるの!
しかも顧問が森崎先生だもん、超やる気出る!
「うーん部活か…そんな事言われたら
もっと増やしたくなるなぁ?笑笑」
「うわ!鬼がいるー!!!」

「ねぇ、好きです…」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く