話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ねぇ、好きです…

はる

4

学校につき、用意をし始める。
「結衣、芹梨おはよう!」
幼馴染のりくが挨拶する。
「あ、おっはー」何気なく挨拶をするが
さっきの話をどうしても思い出してしまう。
まさか芹梨が莉玖を好きだなんて…
そんな事を思いつつさっさと用意を進める
「莉玖くんおはよう 」
芹梨が笑顔で挨拶。うわ、知ってから見ると
めちゃめちゃわかりやすいじゃん、芹梨!
みんな恋する乙女だなぁ…
とか思いつつ私も気になる人は
いるっちゃいるんだけど…
絶対かなわない想いだからなぁ…
でもつい、毎日学校へ来ると
早く教室に来て!って考える。
その相手は…

「ねぇ、好きです…」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く