話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ねぇ、好きです…

はる

3

「え?!莉玖?!なんで?!」
驚きのあまり言葉が出てこない。
「なんでって言われても…好きなんだよ…
そんな驚くことかな…?莉玖くん、モテるよ」
「いや…なんか普通にびっくり…
芹梨もっと大人しい人がタイプかなぁって…」
「そんな事ないよ…私が普段騒がないから
その分たくさん話してくれる人がいいなって
それに昔から仲良いし…気づいたら
好きだなって思うようになってたの。」
芹梨は真っ直ぐな瞳で真剣に莉玖を
語っていて、本当に好きなんだと思った
「そうなんだぁ…全然気づかなかった〜…
なんだもっと早く言ってよ!協力する」
「えへへ、ごめんね?ありがとう 」
それにしても莉玖かぁ…
うーん、どこがいいんだろ…
確かに幼馴染だし友達としては
最高なんだけど…恋愛対象では…ないな絶対!
そう思いながらも絶対実ってほしいと
思う結衣であった

「ねぇ、好きです…」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く