話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ねぇ、好きです…

はる

ねぇ、好きです…2話目

「まじ?芹梨ったら真面目ー!」
学校の授業の事考えるとだんだん
自転車を漕ぐ足が重くなってきた…
学校ってめんどくさいなぁ…
せめて…せめて恋をしたい!
パーっと弾けるような青春をしたい!!
結衣は今まで恋をしたことが無かった。
「ねぇ、芹梨はさ、好きな人いるの?」
なんとなく聞いてみた。
「うええええ?!私はいないよっ!」
「そんなおどろく?」思わず笑ってしまった
「だって急にいうんだもん!」
芹梨野顔が赤くなる。可愛いなぁもう!
「あれれ?その顔はいますねぇ! 
誰なの?誰なの??」
「もう…教えないもん!」
「えー!なんでなんでよぅ!教えてよ!」
「やだやだ!言うでしょ誰かに!」
「言うわけないじゃーん!この結衣様を
信じなさいっ!」
「あーもう分かったよ…
絶対言わないでよ?りくくん…」

「ねぇ、好きです…」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く