それでも俺は異世界転生を繰り返す

絢野悠

〈actuality point4-Second Name〉 一話

 体中に穴が空くという異常な感覚。それが全身を巡り、自分の身体が自分の物ではなくなるのではという寸前で目を覚ました。

「あっ……ああ……くそっ……」

 額に手を当てうつむいた。滴るほどの汗が手にべっとりとついたが、それすらも気にならないほどに憔悴していた。

 優帆を助けられなかった。このままいけば優帆はまた危険にさらされる。なんとしても彼女だけは助けなければ、どうにかして彼女を逃さなくては。そう考えれば考えるほどに、時間が足りないことを思い知らされる。

 今は今、過去は過去、そして未来は未来だと割り切らないとやっていけない。わかっていても、自分の中で処理できない。

「今度の敵はメリルか、どうする、どうしたらいい」

 ダメだ。考えるな。行動しろ。

 握りこぶしを軽く作って、額をトントンと叩く。

 急いでベッドから降りて支度を済ませる。時刻を確認。メディアが来るまでは一時間以上ある。一時間あれば対処はできるはずだ。

 メディアが来ていないということは、ゲーニッツとフレイアと双葉もまだ宿にいるはず。だが部屋にはグランツもゲーニッツもいない。二人共夜回りでもしてるんだろう。

 大丈夫だ、大丈夫だと自分に言い聞かせて部屋を出た。

 女性部屋をノックすると、中からメディアが出てきた。

「どうしたの、こんな時間に」
「時間がないんだ。すぐに支度してくれ」
「よくわからないのだけれど、説明してくれるのよね?」
「あとでちゃんと説明する」

 メディアの向こうでは双葉とフレイアが寝ていた。少しだけ、肩の荷が降りた気がする。

「フレイアはまだ本調子じゃない。こんな体調で外に出すわけにはいかないわ」
「俺の未来予知を信頼してくれ。頼む。近くまでデミウルゴスが来てるんだ。今すぐ出ないとマズイことになる」
「マズイことって?」
「全員死ぬ。グランツもゲーニッツも、双葉とフレイアを人質に取られて、そのまま殺される」

 メディアの瞳を見ると、月明かりの中でも懐疑の光が見てとれた。

「ふう……アナタの未来予知には一度救われているし、信じるのが一番みたいね。敵の数をこちらの戦力では押せないの?」
「フレイアも双葉もいるし、それは無理だと思う。敵の数も多い」
「わかった、言うとおりにするわ。すぐ二人を起こすわ」
「ありがとう。俺はグランツとゲーニッツの荷物をまとめておく」
「宿の入口で合流しましょう」
「わかった」

 急いで部屋に戻って三人分の荷物を肩にかけた。二人共、綺麗に荷物をまとめておくなんて律儀じゃないか。

 宿の外に出ると、寝ぼけ眼の双葉と、ぐったりとしたフレイアがいた。フレイアはメディアに身体を支えられていた。

「大丈夫、だから……」

 そういって、ふらふらしながらメディアから身体を離すフレイア。心配ではあるが、今は一人で動いてもらうしかない。

「グランツとゲーニッツは?」
「連絡した。しばらくしたら来るわ」

 待っているほどの時間はないのだが、と思った矢先に二人揃って現れた。タイミングがいいのはいいことだ。

「双子を助けた件があるし、俺はボウズを信じていいと思う。このまま逃げるが、いいか?」

 ゲーニッツが言うと全員が頷いた。正確には一人を残して、全員が頷いた。

「お前が言い出したことなのに、なんでお前が納得してねーんだよ」

 そう、頷かなかったのは俺一人。

「やり残したことがある」
「言ってみろ」
「メリルを、救いたい」
「メリル? 誰だそりゃ」
「昨日一緒にティアマトの血液を取りに行った冒険者だ」
「助けたいなら助けりゃいいじゃねーか。デミウルゴスに人質にでも取られるのか?」
「メリルがデミウルゴスの人間なんだ」
「それを救うって? 意味がわかんねーぞ。お前の未来ではデミウルゴスの手で俺たちが殺されるんじゃねーのかよ」
「そうだ。でも、彼女は自分の意思で俺たちを殺すわけじゃない。上から命令されてやってるだけだ」
「命令だろうがなんだろうが敵であることには変わりねーんだよ。殺すか逃げるか、その二択だ」
「いや、彼女はすぐに殺せたはずの俺を殺さなかった。なんだか暗くて、あれが彼女の本心だとも思えない」
「お人好しもいい加減にしろよ。こっちは命がかかってんだ。行くなら一人で行くんだな」
「もとよりそのつもりだ。みんなはこのまま町の外に逃げてくれ。デミウルゴスの兵士たちとメリルが合流する前にケリをつける」

 ゲーニッツが額に手を当て「マジかよ」と言った。強く言えば俺が引くとも思ったのだろう。

 俺がゲーニッツたちの力を頼っているのは、最初に会った時も、それは今だって変わらない。でもこれだけは付き合わせるわけにはいかないんだ。

「ワガママを言っている場合じゃないでしょう? アナタも一緒に逃げるのよ」

 諭すように言うメディア。しかし、俺はそれに従うことはできない。

 メリルとは出会って間もない。俺が彼女のなにを知っているかと言われると反論できない。それでも彼女を救いたいと思うし、彼女の気持ちと行動が一致していないのは事実だ。

 俺と一緒にティアマトの血液を取りに行ったのだ。まったく疑われてない状況で最後まで付き合ってくれたのだ。山で俺たちを殺すことだってできたはずだ。メディアだってフレイアの看病で忙殺されていた。後ろから殺すことだってできた。誰かを人質に取れば、前回のようにゲーニッツだっておとなしくなる。

 でも、彼女はそれをしなかった。

 それが、なにかの合図のように感じたのだ。

「お前一人でなんとかなるとでも思ってんかよ。レベルが上ったと言ってもまだまだ半人前じゃねーか」
「だからメリル一人の時に説得するんだ。今回は俺一人で解決する」
「それができるかできねーかわかんねーから話をしてる」
「やると言ったらやるんだ。この件に関しては絶対に引かない。俺が引かないんだから、みんなは生きるために逃げるしかない。さあ行ってくれ」

 背を向けて歩き出す。

「それでも俺は異世界転生を繰り返す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く