それでも俺は異世界転生を繰り返す

絢野悠

〈expiry point 3-Who's Guardian〉 最終話

 今まで俺たちがいた場所になにかが刺さっている。地面に深々と、長く太い張りのようなものだった。その針は愛美から伸びている。腹辺りか。指が伸びるとかじゃなく、身体のどこからでもあれを出せるってなると相当面倒くさいな。

「押し問答をしてる時間はないんだ。今ので双葉も気付くだろうし、今すぐ俺の家に戻れ」
「アンタはどうすんの」
「やろうと思えばなんでもできる」
「死んだらどうすんの!」

 また針が襲ってくる。優帆を抱きかかえて針を避けていく。

「俺は死なない」
「そんな証拠ないでしょ!」
「頼むから」

 肩を掴んで視線を合わせる。優帆の目から涙が溢れた。

「死なないから、頼むから自分のことだけ考えてくれ」
「でも、でも……」
「お前に死なれたら俺が辛いんだよ。さあ行け」

 優帆は顔を歪め、涙を流した。

「もう知らない!」

 そう言って、俺から遠ざかったいった。

 それでいい。お前はお前のことだけ考えていてくれ。

「これで加減をしなくてもよくなったな」

 愛美の方を見ると、少しずつだがこちらに歩いてきている。きているのだが、身体がドロドロと解けているようにも見える。

「不完全なのか……?」

 それでも針は飛んでくる。が、そのうちに針ではなくなった。鋭利な触手へと変化し、攻撃しては戻り、攻撃しては戻りを繰り返すようになったのだ。

「不完全なら、俺一人でも戦える」

 触手は依然攻撃を続けていた。速度が早く、見てから避けるのはなかなか難しい。それでも直線距離でしか出せないようで、きちんと見て対処することは可能だ。

 拳を構えたまま一気に懐に飛び込み、アゴに向かって拳を振り上げる。

「龍顎砕!」

 クリーンヒット。彼女の身体が上空へと打ち上がる。でもそれを見ているだけでは意味がない。素早く飛び上がり、空中で無防備な彼女に一撃食らわした。

 地面に叩きつけられながら、ピクピクと痙攣していた。

「うし、これくらいなら俺でもできる」

 気持ちがいいものではない。彼女がこうなった原因を潰せなかった。

 彼女の身体がどろりと溶けて、水のようになっていた。

「優帆になんて説明すりゃいいかな」

 人間の形を失った彼女に背を向けた。頭を掻きながら歩き出し、ふと思うことがあった。

 今まで戦ったヤツらは灰のようになってはいなかったかと。

 急いで後ろを振り向くと、そこには誰もいなかった。なにもなかった。

 そう、水のようになってしまった愛美はそこに存在しなかった。

 ピチャリという音がして右を向く。次の瞬間、身体に衝撃が走った。視線を腹に向けると、なにかが突き刺さっていた。左側からだ。

「クソっ」

 急いで飛び退くがもう遅い。球体になったいくつもの「彼女だった物」が後を追ってくる。

 一人でなんとかできるだなんて思った俺がバカだった。

 球体が俺を囲む。壁や地面に張り付いていた。ここでようやく、スライムのような状態なんだなと気がついた。

 遠くの方でフレイアと双葉の姿が見えた。そして二人もまた、あの球体と戦っているようだった。

「一人じゃなかったのかよ」

 もうそういうところまで来たって感じだ。

 前回は無差別に一般人をモンスターに変化させてた。でもたぶん、今回は違う。計画的に社員を利用したんだ。

 でもなんで社員が協力してるんだ。同僚が死んだってことになれば、自分から協力するなんてバカがすることじゃないか。

 いや違うのか。協力してるんじゃない。協力させられている、ないし脅されているのか。じゃあなんで脅されているんだ。誰に脅されているんだ。

 球体からの触手攻撃を避けつつそんなことを考えた。だが完全に避けることはできなかった。腕にも足にも触手を刺された。背中を刺された痛みも徐々に強くなってきている。

 そして触手を避けたあと、膝がガクリと落ちた。

「ヤバっ……」

 命取りであると直感した。

 いくつもの触手が俺の身体を貫き、引き抜かれた。

 力が入らず、アスファルトに身体が打ち付けられてしまう。

「一葵!」

 優帆が走ってくるのが見えた。

「逃げろって、言ったのに……」

 優帆が俺に駆け寄って、俺の身体を抱き上げた。スライムたちはどうして見逃したのだろう。

「死なないって言ったじゃない!」
「まだ死んでないだろ」
「どうやって助かるのよ……」
「もう、無理じゃねーかな」
「どうして、こんな……」

 さめざめと優帆が泣いた。ぽたりぽたりと、俺の顔に雫が落ちる。こんな顔、させたくなかったんだけどな。

 どんどんと目の前が霞んでいく。

「ごめんな」
「なにがよ」
「たぶん、お前のことも助けられねーわ」
「私が助かっても、アンタがいなきゃ意味ないじゃない」
「どういう意味だよ」
「言わせないでよ、そんなこと」
「言ってくれなきゃわかんねーんだが……」

 彼女が唇を噛み、躊躇うように口を開けた。

「私が――」

 だが、その先を言うことはなかった。

 優帆の身体が彼女の物だとわからなくなるくらい、スライムの触手で貫かれていた。

 身体だけじゃない。顔面もだ。

 見慣れてはいるけど、優帆の顔は間違いなく可愛い部類だ。たくさんの笑顔も泣き顔も見てきた。

 それを、俺が壊したんだ。

 よく見えなくても、彼女が壊れたことはわかっていた。わかっていたから、目頭が熱くなってきた。

「俺のせいだ……」

 フレイアと双葉が駆け寄ってくるが、それさえも触手で貫かれてしまった。

 最後に彼女たちが俺を抱きかかえた。身体はボロボロなのによく頑張ったもんだ。

 でもどうしてだろう。今思えば、俺が死ぬ時は毎回フレイアや双葉と一緒にいる気がする。

 じゃあ、どうして触れているんだろう。

 そんなことを考えているうちに、俺は黒い泥に覆われていく。目を閉じれば、ドスドスと、身体がなにかに蹂躙されていく感触がやってきた。痛いことを痛いと叫ぶこともできなかった。

 またやり直しか。

 すでに、そんなことしか考えられなくなっていた。





【to the next [actuality point]】

「それでも俺は異世界転生を繰り返す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く