話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

少女と蛇神様

黒猫

昔の話

「スペルビア、アケディア、ルクスリア、インウィディア、イラ、アワリティア、グラちも七つの大罪の呼び方はねふたつあるのよ」誰かが言う。
懐かしい声で懐かしい感触で私の頭を撫でる。
「じゃあお姉ちゃんはイラなの?」私は幼い声で姉にそう聞いた。
「そうだね…怒ったら角が生えてしまう私はイラだよ。」姉さん…そうだ…姉さんだ…まって…いやだ!!これ以上は見たくない!!お願い!!思い出させないで!!お願い…「お姉ちゃん!!嫌!!離して!!」お姉ちゃんはお狐様に捧げる生贄として選ばれた。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ちものお姉ちゃんの話書こうと思うので幕間です。

「少女と蛇神様」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く