俺が主人公でなにが悪い?!

絢野悠

第15話 クロスオーバー:誉坂志保

二階二棟のトイレの前にて、一郎くんの報告を耳にした。
「シホ、イチローがやられた」
「ええ、ちゃんと聞こえてたわ」
一郎くん、ツッコミ役なのに妙に抜けてるから。
「一年三組の教室か」
「相手の位置が正確にわかったら、あとは渡り廊下を両方から渡ればいい。単純だけど、それが一番近道だから」
「そうだね」
「光啓の方は、城尾先輩を拘束してからの動きはないみてーだな」
「そうだね。それだけが救いかな」
無線の件がバレていることを光啓くんに伝えると、城尾くんに勝利したという報告があった。
「私は単独でいい。ナナと録輔くんはあっちから向かって」
「一人で大丈夫?」
「大丈夫よ。それじゃあ、一棟で」
静かに、けれど迅速に。逆方向の渡り廊下へ。
敵のアシストが誰かもわからないままだけれど、一郎くんの情報は信頼できる。
ナナたちの動きを見てから、私も渡り廊下を進む。走る必要はない。歩いてでもいいから、見落とさないようにするのが一番だ。
一棟に着き、教室を端から見て回る。掃除用具入れも見たが、北条さんの姿は見付からない。トイレの中だって、人の気配なんてなかった。
そうしているうちに、ナナたちとの距離も近付いてしまう。
気を抜こうとした、そのときだった。
「ナナ! 後ろ!」
「シホ! 後ろ!」
互いが互いの後ろを指差す。
弾かれたように後ろを振り向いた。
階段の方向から人影が飛び出して、二棟の方に走っていった。
ナナの後ろにいた人も、私の後ろにいた人も、両方とも同じ髪型で腕にリボン。
私たちは目を合わせることなく、元来た道を逆走した。
一体どこに隠れていたというの。教室は隅から隅まで見たはずなのに。
しかし階段の横を通るとき、ようやく理解した。
階段を一階とするか二階とするかのルールは設けられていない。階段は一階でもなければ二階でもない。一階にさえ下りなければいい。
渡り廊下を全力疾走するが、鬼との距離は縮まらない。しかし階段とは逆側、左へと曲がっていった。これならば詰ませることも可能だ。
ここが勝負かもしれない、慎重にいかないと。
ゆっくりと、私もカーブを曲がった。
「いない……階段に隠れるという手段は使えない。つまりどこかの教室にいるはず」
「正解」
近くのドアに手を掛けた瞬間だった。手をつかまれ、教室に引きずり込まれてしまう。
盛大に尻餅をついてしまったが、今はそんなことを気にしてる場合ではない。
「北条さん……!」
目の前でドアが閉められ、挙げ句に鍵までかけられた。ガチャンという鍵をかける音が、耳の内側で響いていた。
「これで二対二だな。副生徒会長も大したことない」
捨て台詞のように言い残す北条さん。靴音だけを残して離れていく。
「ナナ、ごめんなさい。私も閉じこめられたわ」
無線機を起動させ、ナナへと連絡を入れる。
『今どこ?』
「社会科教室。でも鍵をかけられてしまった。ナナはそっちでなんとかするしか……」
『わかった。なんとかしてみる』
そこで、無線は途切れた。
嘘の情報を流す必要がなくなった。それなら素直に無線として使うしかない。だが、使ったからどうなるというものでもない。私はもう自由に動き回れないのだから。
こんな情けない姿、できれば誰にも見せたくない。
床に視線を落とした。もうチームの一員として役に立てない。本当に私は一人だとダメなんだと、そう実感してしまった。
しかし次の瞬間、ガチャンと先ほどと同じ音が目の前のドアから聞こえてきた。
「なぜ……お前が……!」
北条さんの驚いた声も聞こえる。
「山田一郎、夢はかっこいい主人公なんだよ。こんなシチュエーション逃してたまるか」
閉ざされたはずのドアが今、開け放たれた。

「俺が主人公でなにが悪い?!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く