俺が主人公でなにが悪い?!

絢野悠

第7話

朝から全力疾走したもんだから身体がだるい。今日の部活はテキトーに流そう。
そう思って部室にいけば、ナナちゃんと志帆さんがお菓子を食べつつ談笑にいそしんでいた。ナナちゃんが一方的に喋って、志帆さんが相槌を打ってるだけっぽいけど。
「お、来たな飢えた野獣ども!」
「ナナちゃんそれ好きだな」
俺たち二人もイスに座る。
「バカだなイチローは! キャラクターっていうのはこうやって作るものなんだよ!」
「もうすでにキャラ立ってるからいいじゃん……」
「許してあげてよナナちゃん。イチローはナナちゃんのキャラクターに嫉妬してるのさ」
「してねーよしねーよ死ねよ」
誰かツッコミ役を変わってはもらえないだろうか。
俺たちが妙な会話をしていると、志帆さんは本の世界に浸かり始めていた。ここで邪魔するのもどうかなと思ったけど、礼くらいなら許されるか。
「そうだ志帆さん、土曜日はありがとう」
志帆さんは疑問符を浮かべそうなくらい、頭を傾(かし)げていた。もうちょっと言葉を足した方がいいかもしれない。
「すごく楽しかった。志帆さんと遊べてよかったなって」
「なるほど。だけど、お礼なんていいわ。私も楽しかったし」
彼女は微かに笑った。またイスの上に花が咲いたような、そんな気がした。バラ、いや牡丹の花かな。
「そうそう! 私たちも楽しかったぞー!」
もう少し志帆さんの笑顔を見ていたかったけど、周りがそうはさせてくれないらしい。
「最初から隠れる気なかったもんな、そりゃそうだ」
「今度は俺と行こうな、イチロー」
「いかねーよ」
「志帆先輩とは行ったのに! 俺とは行ってくれないのかい!」
「お前と行くと視線が痛いからやなの」
主に女子の視線が。しかも一人で逆ナンされるもんだから、非常に居心地が悪い。
「そうだ、新しいノートを買いに行きたいんだけど、一緒に行ってくれない?」
「一人でいけよメンドくせぇな」
「なんでだよおおおおおおおおおお」
「あーもうわかったわかった。また今度な」
「わーい」
誰かコイツのキャラを安定させてやってくれ。不安定が安定しすぎてて怖い。
「シホとのデートで、少しは女の子の扱いがわかったんじゃないかな?」
ナナちゃんはしたり顔でそう言った。志帆さんは普通の女の子とは少し違うから、あんまり参考にならないような。とは言わなかった。
「傍から見ただけでもずいぶんと仲がよさそうだったよ。志帆先輩もイチローも楽しそうだったし」
「志帆さん楽しそうだったか……?」
「俺は楽しそうに見えたよ?」
「私から見ても楽しそうだったよ。いつも通り表情は変わらないけどね!」
「ナナは失礼ね」
「本当のことだからいいじゃーん!」
あ、ちょっとむっとした。なるほど、なんとなくわかるぞ。昨日も一日中一緒にいたから、この人の機微が少しだけわかるようになったのかもしれない。
「これが主人公になるために必要だとは思えない……」
「でも、シホの気持ちはわかるようになったでしょ?」
ナナちゃんはイタズラそうな笑顔で俺にそう言った。
「少し、だけどね」
表情にでなくても、空気で感じるものもある。これが空気を読むということなんだな。
「正直なところ、シホは大体口に出すから必要ないけどね」
「まあ志帆さん以外にも使えるかもしれないし、いいことなのか」
そう言いいながら煎餅を食べる。うん、堅くてほどよい塩加減だ。
「それでナナちゃん、次はイチローになにさせるの?」
「私も考えてるんだよね。どうやってイチローで遊ぼうかなーって」
「おい不謹慎だろやめろよ」
「そうだ、いいこと思い付いたぞ! これは名案だ!」
迷案の間違いだろ。思いつきでいろいろさせるのはホントにやめて欲しい。
「ナナちゃんの名案ってかなりキテるから俺好きだよ」
「どこに対してのフォローだよ」
光啓は俺よりもナナちゃんの味方だった。ちょっと悲しい。
「それでナナ、名案とは?」
ナナちゃんは一瞬でホワイトボードを用意し、そこに今回の迷案をでかでかと書いた。
「イチローにカッコイイセリフを言わせてみよう……だと……?」
「これはまた……」
「素晴らしいですね……」
「なんで美世と久遠までいるんだよ……」
ナナちゃんは紙とペンを一人ずつに渡した。
「これにセリフを書いて、テキトーに混ぜる。誰が書いた物かわからないようにする。そして、一枚ずつ引いてイチローに言わせる。その上で誰が書いたかをイチローが当てる!」
「おい、最後のいらんだろ」
「まあいいからいいから。さあ、イチローで遊ぼーう!」
「だから趣旨がちげーんだよいろいろとよぉ……」
こうして「イチローに(略」が始まってしまった。
俺はホワイトボードの後ろで待機させられた。ゲームの性質上、俺は近くにいない方がいいからだろう。
つか俺も俺でゲームって認めちゃったし。
「よし、イチローこっちこい!」
意外に早かったな。もっと時間がかかると思ってたけど。
「はい、一郎くん。この中から一枚ずつ選んで」
いつの間にか箱が用意されている。手が入るだけの穴が空いた箱。当然中身は見えない。
溜め息を一つ吐いて、箱の中に手を入れた。
「紙を取り出したら、そこに書かれた内容を読むこと。感情を込めて、カッコよくね!」
「醜態を晒さないようにね」
お前俺の親友じゃないのかと。
「で、誰がそれを書いたかを予想して最後に言うんだぞ!」
「はいはいわかりましたよ」
ひとしきり引っかき回し、一枚目を選んだ。
「えーとなになに……」
お前を離さないよ、光啓。
「言うわけねーだろ!」
「ルールに反したら、罰則としてパン一で校内一周だぞー!」
これを……言うのか……!
「お前を、離さないよ、光啓」
「俺、男から告白されるの初めてだよ……」
「そういうゲームなんだよ! 顔を赤くすんなよ!」
これを誰が書いたかって? 決まってる、犯人は……。
「美世! お前だ!」
俺は彼女を指差し、そう言い放った。
「お見事ですお兄さま……!」
巧妙な罠だが、これくらいわかるんだよ。俺は光啓とは付き合いが長い。しかしまあ美世の目が輝いたっていうのが一番大きい。
美世が少し腐ってるのを知っているから導き出せた。
「出だしは好調! 二枚目いくぞ!」
今夜は眠らせないぜ、光啓。
「二連続とは誰が予想したー!」
「はい、ヒロを思って囁くように!」
ナナちゃんは本当に楽しそうだな。人の尊厳とかいろいろ考えてないだろ。
「今夜は眠らせないぜ、光啓」
笑顔で、歯を輝かせるように、光啓に言った。
「あらやだ」
顔を赤くして身をよじらせる光啓。赤面二回目はいらないです。
「ナナちゃんでしょこれ……」
「なんでわかったの?」
「脳内でシチュエーションができてたみたいだったから……」
あれだけ張り切って言わせようとしてたんだからバレて当然だ。
「もう光啓ネタはいいから」
三枚目の紙を引く。
「えっとこれは……」
手招きし、久遠を俺の前に立たせた。そして、肩に手を置く。
「お前のすべてが欲しい。俺の物になれよ」
「お兄ちゃんったら……」
「つことでこれは久遠な。元々妙に乙女チックなところもあるし、妥当なところか」
「もうちょっと浸っていたいんだけど、もう一回言って?」
「言うわけがない。さっさと席に戻れ」
「ちぇー」なんて言いながら、久遠は頬を膨らませた。家に帰ってからが怖いな。
ゲームも佳境に突入、四枚目を引く。
これは間違いなく光啓、とわかるようなセリフだ。
「俺は正義の味方だから、誰の味方にもならない。でも一つだけ言える。世界中がお前の敵になっても、お前が正しいのなら、俺はお前を守り続ける」
「カッコイイ……だと……?」
「ナナちゃんはホントに正直だな」
髪の毛を書き上げ、俺はそう言った。
「いや、イチローじゃなかったらカッコイイんだろうなって!」
「正直は美徳だよチクショウ!」
「それで、一郎くんの答えは?」
「これは光啓。俺がこういうセリフ好きなの一番理解してるからな」
これが最後の一枚、というところで志帆さんが箱を持ち上げた。
「なら最後の一枚は使わない方向でいいかしら。私のだってわかっちゃってるし」
「それはダメだね! ここまできたら最後までやらなきゃ!」
一応仮部員だし部長の命令は聞いておくか。
五枚目を開き、少し驚いた。志帆さんはこんなことを言わせたかったのか。
「優しいことは悪だ。だから俺が悪になろう。それで、笑顔になるならば」
このダークヒーロー感はなんだ。俺はこういう主人公を求めているわけではないのだが。
「シホはこういう感じが好きなのか!」
「というわけでもない。丁度思い付いたのがこれだっただけ」
なんとなくだが、志帆さんも楽しく遊べたようなのでよしとしよう。正直遊ばれたことを肯定したくはないけれど。
すぐに本を読み始める志帆さんだが、一瞬だけ俺を見た。目と目が合うと、ほくそ笑む。含みを感じたが、今のセリフと関係があるのかもしれない。
無表情な彼女の考えを読むのはまだまだ難しい。
「はい、第一回イチローにカッコイイセリフを吐かせて遊ぼうの会は終了! 解散!」
「最初とタイトルちげーだろ」
まあいいや、抗議したところで意味はない。
「今日もありがとうございました。それじゃ帰ろうか、イチロー」
なにに対しての礼だよ。
「おう! 今日も楽しかったぞ! また遊ぼうな!」
「ナナは明日なにやるかを考えておかなくちゃね」
この二人には温度差があるものの、仲がいいというのはよくわかる。お互いのことを理解している感じだ。
ふと、中学校のときの記憶がよみがえる。四人で笑いあっていた、あの頃だ。
俺も光啓とは仲が良い。だけど、本来なら四人だったんだ。いつか、どれだけ時間がかかっても、仲の良い四人にもう一度戻りたい。
光啓と妹たちを連れて部室を出たが、部室の前には一人の男子生徒が立っていた。
「よ、よう録輔。俺たち帰るから」
一応昔のよしみだと声を掛けた。
「そうかよ。そりゃよかったな」
睨まれる。こいつの威嚇は、その辺の不良じゃ相手にならないほどに怖い。高圧的で、足下がすくんでしまうくらい。
「睨むなって。お前は目つき悪いんだから」
「おいてめぇ、ケンカ売ってんのかよ」
胸ぐらをつかまれ、俺はつま先立ちだ。録郎は光啓よりも少し背が高い。百九十近くある録郎が、二十センチ近く背が低い俺を持ち上げるんだ、つま先立ちでも苦しい。
「はいそこまで」
光啓が録郎の手を払い、俺は解放された。
「イチローたちは先に帰ってよ。俺はロックと話があるからさ」
「一時限目もそうだったけど、いつもいつも割り込んでくんなよ。俺はイチローに話あんだからよ」
「イチローは忙しいんだ、いろいろとな」
手で「あっちいけ」と、俺に促した。
俺は頷き、三人を連れて帰り道を急いだ。
そして考えてしまった。今考えるべきでないことはわかってるのに「なんだ、俺って超だせぇじゃん」って。
こうやって、いつも光啓に助けられてる。
なにが「主人公になりたい」だ。こんなやつが、誰かに好かれるかよ。
しかし、この気持ちをぶつける場所が見あたらない。
昇降口まで降りてきても、気持ちの整理がつかないでいる。
「二人は先に帰ってくれ」
最初は目を見開いた妹たちだったが、すぐに顔を見合わせて「仕方ないなぁ」と笑ってくれた。
そんな彼女たちに「ありがとう」と言い、踵を返して来た道を戻る。
このままじゃいけない。俺には主人公になりたいという願いがあるけど、今は他にも願いがあるんだ。それは降ってくるものじゃない。自分で形を保たなきゃ、指の間からこぼれ落ち続けるんだ。
階段を駆け上がり、もう一度部室へ。
部室の前には、志帆さんとナナちゃんがいた。
「光啓と録輔、見なかった?」
少々息が切れているが、元運動部だし問題ない。
「階段の方に行ったよ? 上か下かはわからないけど」
下ならアウト、探すのは骨だ。だとすれば、屋上から行く。
「ありがと」
走りだそうとしたとき、志帆さんに声をかけられる。
「一郎くん」
「はい?」
「無理はしなくていいわ。アナタらしく、ね」
「……了解」
志帆さんがなにを思ってそう言ったか定かではないが、俺は頷いた。そして屋上へ。
例えば、例えばだ。二人が殴り合いのケンカをしていたとしよう。でも、俺はそれを止めるすべがない。あいつらは二人とも身長百八十センチを超え、しかも俺より筋肉質だ。
例えば、例えばだ。二人が議論していたとしよう。でも、俺は口を挟む余裕なんてない。あいつらは二人とも口が上手く、元々俺より頭が良い。
どうしたいんだ。あの二人に会って、俺はどうしたら。
屋上のドアの前、遠めだが二人の声が聞こえてきた。ドアを少し開け、状況を確認する。
「俺たちがこうなった理由、てめぇも知ってんだろ」
「当然だ」
「なら口を出すな。俺の気持ちも、双葉の気持ちもわかんねぇくせによ」
「それも当然だ。俺にはお前らの気持ちを理解できるほど、人生経験は積んでない」
「じゃあもういいだろ! これは俺たち三人の問題だ! てめぇは蚊帳の外なんだよ! いつまでもガキみてぇに混ざろうとすんな!」
「――気持ちは、わからない。けれどたくさん考えたよ、必死にね。どうするべきなのだろう、どうしたらいいんだろうって」
「今言っただろ。なにもすんな」
「いや、するね。手も口も出すし、お節介も焼く。それで後ろ指を指されてもいい。はぶられたって関係ない。一人で嫌われても、この関係を正そうと思った。ただそれだけだ」
「綺麗ごとばっかり……!」
その冷静な態度に逆上した録輔は、もの凄い形相で光啓に手をあげた。
「並べてんじゃねーよ! この偽善者が!」
殴られた光啓の身体は浮き上がり、尻から地面に落ちる。
「本当は、お前も双葉もなんとかしたいんだろう……」
「ああ?」
立ち上がり、今度は光啓が殴りかかった。録輔よりは明らかに弱い一撃だ。
「いってぇな……てめぇふざけんなよ!」
「ふざけてるのはお前の方だ! イチローを見る度に突っかかってなにがしたいんだよ!」
「てめぇもあいつも! 偽善者っぷりに腹が立つんだよ! 人のこと見下してよぉ!」
また、録輔が拳を振るう。殴られる用意ができていたのか、光啓は先ほどのように尻もちはつかなかった。
「でも気になってる! 当てこすってばかりいるのが、なによりの証拠じゃないか!」
光啓も負けじと応戦し、いつしか殴り合いに発展していた。
「てめぇ……!」
「本当に嫌なら無視すればいい! イチローは文句の一つも言わない! それくらいお前だってわかってるはずだ!」
「わかってらぁ」
録輔は拳を振り上げるも、そこで動きを止めた。
「何年も一緒だったんだ、それくらいわかってる」
そして、脱力したように腕を下ろした。
「お前は今でもイチローを気に掛けてる。それでもお前はイチローを許せないのか?」
二人の間を、一陣の風が駆けていった。
「俺は双葉、いやふーたが好きだった。だからあいつは、俺のためにいろいろ動いてた。遊ぶときも俺とふーたをくっつけたがって、余計なお節介ばっかり焼いて。でも、俺はそんなことを気にしてるわけじゃねぇ」
「ふーたがイチローを好きだったからか」
それは俺も知らない。双葉が俺を好きだなんて、そんな話が信じられるものか。あいつはいつも俺を貶して、バカにして、昔からいじめられてた記憶しかないんだから。
心臓の鼓動が速い。
困るよ、今そんなこと知っても、俺にはどうすることもできない。
録輔を見ていて、双葉が好きなんだってことはわかった。何年も一緒にいるからこそだ。だから俺は、録輔が双葉とくっつけばいいなって、ただそう思っただけ。
四人で遊ぶときは光啓に声をかけて、録輔と双葉を二人にした。個人的な双葉からの誘いも、俺は全部断った。でも、それが今の状況を作った。
全部、俺のせいだ。
「イチローはふーたの気持ちを踏みにじった。二人きりになって悲しそうな顔するあいつを、俺は何度も見てきたんだ。好きな女のそんな顔、見たいやつがいるもんかよ」
「でも全部イチローに押し付けるのは違うだろ? やり方を間違えたのはみんな一緒だ」
「訂正しなかったのも、な」
二人揃って顔を伏せる。四人で遊んでた時のことでも思い出しているんだろうか。
「つまりふーたの気持ちに整理がつけば、お前の気持ちも変わるのか」
こんな状況でも光啓は光啓だった。凛々しい顔で、録輔に対してそう言った。
「完全にそういうわけじゃねぇ。でもまぁ、少しは見る目も変わる」
「じゃあ、俺がなんとかする」
「なんとかするって、ふーたをかよ。あの件で相当怒ってたんだぜ? だからイチロー以外の俺たちとだって疎遠になったんじゃねーか」
「大丈夫、俺は今でも定期的にやりとりしてる」
「なるほどな、やっぱお前すげぇわ。イチローが言ってた通りだ」
「イチローが? 俺のことを?」
「ああ、あいつは俺にとっての目標で、思い描く主人公にぴったりだってな。光啓という名前から『ヒロ』を取ったんじゃねぇ。イチローにとってはヒーローから『ヒロ』を取った。あいつ本人から聞いたんだ、間違いじゃねぇよ」
「イチローがそんなことを……」
「あいつがなんでそんなこと言ったのか、わかった気がするわ」
「いやでも、俺最近イチローにはヒロって呼ばれてないんだよね。あのときから、ふーたは双葉だし、ロックは録輔だし。あいつなりに気を遣ってるんだろう」
「アイツバカだな」
「そこもいいところだけどな」
今までの空気とは反対に、二人の態度は軽く、笑みさえ見せている。
さっきまで殴り合ってたのに、なんで急に仲良くなってんだよ。よくわかんないけど、ケンカしたときはいつもこんな感じだったっけ。
仲直りできてないのは俺だけ。
強く、強く拳を握った。
もう一度、こいつらと仲良くすごしたい。もう一度あの頃みたいに笑い合いたい。
中学三年のとき、俺のせいでバラバラになってしまった。けどやっぱりこいつらはあのときと変わってない。人付き合いが下手な俺と一緒にいてくれた、数少ない仲間なんだ。
胸を掴んで、俺は屋上から離れた。
階段を下りて、早足になる。
昇降口を出て、走り出した。
このままじゃダメなんだ。光啓は確かにすごいやつだけど、俺には俺のやり方があって、それでしか解決できない問題も、間違いなくあるんだから。
校舎を、坂道を、商店街を一心不乱に駆け抜けた。目指すのは公園だ。
息を切らせながら到着した公園では、双葉がブランコに座っていた。わずかに揺らし、物思いに耽っているみたいだ。
迷わずに双葉の元へ。
俺を見た瞬間に顔が硬直したけれど、すぐに目尻がつり上がる。元々つり目だから、余計にキツイ顔立ちになった。
「なによ、なんか用事? あいにくだけど、私はイチローに付き合って話を聞くつもりなんてないから」
二葉はブランコから立ち上がり、そっぽを向いてしまう。逃がすわけにはいかないと口を開いた。
「話はない。ただ、罰ゲームを遂行するのみ」
「ば、罰ゲーム……?」
俺は、自分の上着に手をかける。
「見ていてくれ! 俺の雄志を……!」
脱ぎ捨てる。全てを。
一時限目の体育で俺は録輔に負けた。しかも、四回走って全敗。完敗ってほどじゃなかったけど、負けたのは確かだ。俺はその罰ゲームを甘んじて受けようと思った。
保育園や小学校、そして中学校に至るまで、録輔とはたくさん勝負した。その度に罰ゲームを設ける。俺の勝率は二割程度だったけど、二人とも罰ゲームは全部行ってきた。だから、俺は罰ゲームを実行する。
志帆さんが言ってた。アナタにはアナタのやり方があるって。
「い、イチローなにやってるの!」
「見てくれ! 見てくれ!」
客観的に見たら完全に犯罪者だな、俺。
「おいイチロー! はやまるな!」
「てめぇ、マジでやろうとすんなよ!」
二人の叫び声に振り向くと、光啓と録輔が駆け寄ってくるのが見えた。
「止めるな! これは正義の脱衣だ!」
パンツに手をかける。
「正義執行!」
「待て! 待ってって!」
駆け寄ってきた光啓に羽交い締めにされる。
「悪かったから手を止めろバカヤロー!」
今度は録輔が俺の腕を掴んだ。
「もうなんなのよあんたらあああああああああああああ!」
双葉の叫びは、きっと町中に響いたんだろうなと思う。

「俺が主人公でなにが悪い?!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く