俺が主人公でなにが悪い?!

絢野悠

第4話

放課後になり、部室に向かう途中だった。
「お兄ちゃんどこ行くのー?」
「最近帰りが遅いと思っていましたけど、なにか部活でも?」
妹たちと遭遇した。二人とも、俺の主人公思想は知っているから隠すことではない。が、詳細を話すのはやはり少し気恥ずかしい。
「まあ、ちょっとな」
「これからなんでも解消部に行くんだよ」
いつも通り爽やかに笑う光啓。
「キラキラオーラ出しながら俺の妹たちに話しかけるな!」
「ははっ黙れよシスコン」
「お前、たまにキャラ壊れるからこえーよ。たのむからブレないでくれ」
こいつなりの気遣いだってのは、わかってるんだけどな。俺のことを考えて、こうやって俺が扱いやすいキャラクターになっている。
素の性格の一部だが、それは光啓のため胸に仕舞おう。
「お兄ちゃんの相談ってもしかして、あの主人公になりたいってやつの相談?」
「お兄さまの主人公思想は特殊ですからね」
合わせ鏡のように、二人は腕を組んでため息をついた。
「光啓に勧められてな、解消部に頼んだんだ」
「そんな! 私たちに言ってくれれば主人公にしてあげたのに!」
と久遠が頬を膨らませる。
「お前らなんなの? そんな特殊能力持ってんの?」
「お兄ちゃんの中では主人公ってハーレムなんでしょ? ラノベ系主人公っていうか」
「それでいてなにか特殊な能力を持っていたりと、完全に趣味趣向が出ていますよね」
美世は残念そうに眉根を寄せた。
「そ、そうだな」
妹たちは可愛い。だからいろいろ話してしまう。それがここで胸を締め付けるとは思わなかった。
「私たちがそのハーレムの!」
「一員となって」
「「完全サポート!」」
綺麗にハモるなよ。
「さあついたぞ、お前たちは帰れ」
背景にバラが咲きそうなほど笑顔が眩しい二人。しかし両手を広げる二人を無理矢理帰した。俺が望むハーレムに妹たちはいらないのだ。いや、可愛いんだけどね。
「お、来たな飢えた野獣ども! プラス妹たち!」
「おい、入ってくるなよ」
帰ってくれませんでした。
「まあまあいいじゃないか。その代わり、二人はおとなしくしてるんだよ?」
「「はーい」」
光啓に言われて素直に返事をする二人。イケメンオーラにやられているわけではないと思うが、コイツの言うことは素直に聞く。俺の言うこともちゃんと聞いてくれると嬉しいんだけどな。
ナナちゃん以外がイスに座り、会議らしきものが始まった。志帆さんは本を読んでいる。
「さて、会議始めるよー!」
ホワイトボードの前で、片手にマジックを持つナナちゃん。ホワイトボードに『イチロー主人公化計画(仮)』と大きく書いた。無駄に字が綺麗なのがギャップだ。
「まず昨日の通り、女子に慣れてもらうことから始めよう」
「脇汗王子の名を返上できるくらいにはなってもらわないとな」
長い付き合いのため、光啓はいろんなことを知っている。
「やめろ、恥ずかしい」
「とりあえず、シホと付き合う方向で考えたんだけどどうだろうか」
「ナナ先輩ちょーっとまったー!」
そこで、妹たちが飛び出してきた。
「お兄さまと恋人になるなんて、お天道様が許しても私たちが許しません!」
「お兄ちゃんは久遠のお兄ちゃんだもん!」
「なにを言ってるの? お兄さまは美世のものです」
最初の矛先はナナちゃんだったのに、いつの間にか姉妹喧嘩を始めてしまった。こうなるとしばらくはこのままだろうし、部屋の隅にでも追いやっておこう。
二人を端っこに押し込んで、俺はテーブルに戻った。
「いやでもさすがに急すぎるって。しかも志帆さんとだなんて……」
志帆さんは優雅に本を読んでいた。動じなさすぎだろ。
「ホントに付き合うわけじゃなくて、疑似恋人って感じでデートでもしてみたらってこと。イチローみたく冴えないヤツに自慢の友達をあげるとか! ありえないから!」
「直球すぎてひでーな」
「いくらナナちゃんでも、俺のイチローに対してそれはあんまりだ!」
「お前は黙ってろ。というか志帆さんはそれでいいの? そんな勝手に決められて」
「本当の恋人になるわけではないんでしょう? それはそれで楽しそうだな、とは思うわ」
「俺は玩具か」
「よくわかったわね。撫でてあげるわ」
撫でられた。
細くて柔らかい志帆さんの手は、とても気持ちが――。
「おーよしよし」
「ってお前かよ!」
光啓だった。
「じゃあそれで決まりだ!」
天に向かって拳を突き上げるナナちゃん。この人は本当に昔からブレない。
「すげーテキトーに決まったけど、とりあえずなにしたらいいの?」
「早速明日デートをしてもらう!」
「急だな……」
俺がそう言うと、志帆さんは思い付いたかのように口を開いた。
「私、サカヅキパークに行きたい」
サカヅキパークとは、坂月市にある大型アミューズメントパークだ。俺も何回か行ったことがある。休日には家族連れやカップルで溢れかえる。死屍累々の光景は、非リア充には毒以外のなにものでもない。
「なぜサカヅキパーク? 行ったことがないとか?」
「両親ともナナとも何回か行ってる。けど、たまには別の人と行ってみればと、ナナが前に言っていたわ」
先輩方は目配せしあう。本当に仲がいいんだな、この二人は。
「ということで、明日はサカヅキパークへゴーだ!」
「安心しろイチロー、俺たちはちゃんと隠れて見てるからさ」
ナナちゃんと光啓が、弾けるような笑顔でそう言った。
「ああ、もういいよ勝手にしてくれ」
「それじゃあ、私と一郎くんは明日十時にサカヅキパーク前で」
「ちょっと待って」
俺と志帆さんの会話に、光啓が割り込んできた。
「志帆先輩って最寄り駅はどこ?」
「雪尾駅だけど」
「じゃあ、そこまで迎えに行かせよう。いいよな、イチロー」
「お、おう、特に問題ないぞ」
俺たちの家やこの高校があるのは華岡市。雪尾町は、華岡市と坂月市の間にあった。
「ちなみに、一度降りてからあのくだりをやるんだぞ。わかってるよな?」
「あのくだりって、あれか?」
光啓が言うあのくだりとは「待った?」と言われたら「ううん、今来たところだから」っていうやりとりだろう。
「お前が待ってる役だ。後から志帆先輩が来て始まるストーリー」
「いいね、ヒロはさすがにわかってる!」
堅い握手を交わすナナちゃんと光啓は置いておく。これで脱落者は四人だ。
「俺が十時に雪尾駅に行くから、ちょっと遅れて来てよ」
「わかった。エスコートに期待しておくわね」
淡々としたやりとりに反し、志帆さんは微笑んだ。
解消部に初めて来たとき、教室には綺麗な花が咲いていた。しかし、その花が蕾だったのだと今気がついた。その笑顔は見惚れてしまうほどに美しかったのだ。これが、誉坂志帆の魅力の一つか。
無表情な彼女は綺麗だし、凛とした姿には瞳も奪われる。ガラス細工のように繊細で、憂うような面持ちは儚げだ。守ってあげたいと、そう本能を刺激される
しかし、笑った顔も素敵だ。その自然な微笑みは、普段の冷たい印象を払拭する。見慣れていないせいもあるが、胸の内側が熱を持つ。
「イチローが見惚れていいのは俺だけだぜ?」
光啓が俺と志帆さんの間に割り込んでくる。
それと同時に妹たちが俺の頬をつねった。もう散々だな。
「痛い、痛いからやめてくれ。まあ、決まったんなら帰ろう」
「志帆先輩みたいな美人とデートするんだ。そりゃ用意も必要だよなあ?」
「言ってろ」
軽口を叩く光啓にチョップ。先輩たち二人を残し、俺たち四人は部室を出た。
そしてなぜか、腕の自由を奪われた。両腕に妹たちが抱きついている。
「え? なに? なにが始まるの?」
「たしかに、あの超絶美人の誉坂先輩とのデートなんてお断りだよ」
「いや久遠、お前が断るなよ」
「しかし、だからこそ、誉坂先輩に恥をかかせるなんてできません」
「おい、それ結構酷い言い方だぞ」
「今から服を買いにいきます。いいですねお兄さま」
「家にあるのでも……」
「絶対ダメ! お兄ちゃんの感覚って面白いから!」
「その表現すげーコメントに困るわ」
「まだデパートならやってるだろ。兄妹水入らずで買い物でもしてくるといい」
「財布にあんま入ってないんだけど」
一応財布を取り出し、中身を確認。
「お兄さま、お財布の中身は?」
「三百円」
我ながら情けないと思うが、ない袖は振れない。
「明日返してくれればいいよ」
サッと、光啓は俺に三万を手渡してきた。
「待て待て、すぐには返せないぞ」
「いいよ? そうだな、高校卒業までに返してくれればいい」
「さすが、ヒロ兄はイケメンだな!」
「ヒロさん、ありがとうございます」
「どういたしまして、プリンセスたち」
「キラキラすんなつってんだろ!」
それから俺は、妹たちと一緒に買い物へ出向いた。引きずられて行った、が正確かもしれない。
一つ買い物をするだけでも妹たちに叱られる。センスがどうのとか、見た目がどうのとか。少し面倒だけど、そこそこいい時間を過ごさせてもらったか。俺ってMだったんだな。
帰ってから、美世はたくさんの料理を作ってくれた。明日への活力だと言うが、食べきれる量にして欲しかった。
部屋に戻ってベッドに寝ころぶ。
強制とはいえ、志帆さんとデートするなんて夢みたい。楽しいかどうかはさておき、胸が高鳴るのは事実だ。
それと同時に不安もやってきた。俺はちゃんとやれるのか、上手く喋って、粗相のないようにエスコートできるのか。緊張で、顔も身体もこわばったりしないだろうか。
「いかん、いかんぞ俺」
ダメだ、考えるんじゃない。目標を達成するための試練なんだから。
それにこのデートが楽しいかどうかじゃない。楽しめるか、楽しませられるかだろう。
俺ちょっと男前かもしれないぞ。なんて思いながら、志帆さんの顔を思い浮かべる。
しかし、志帆さんの顔と同時に双葉の顔も浮かんでくる。
「なんでアイツの顔が……」
首を横に振った。
アイツのことなんてどうとも思ってない。なのに、なんで。
とりあえずは目先のことに集中。「頑張れ俺」と鼓舞した。
明日は、主人公になるための第一歩なんだから。慎重かつ男前に振る舞うんだ。
目覚ましのアラームを八時にセットし、俺は眠りについた。

「俺が主人公でなにが悪い?!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く