傷だらけの限界超越(リミットブレイク)

絢野悠

第18話  リュート=マゼンタ

断真やレイナとは、中等部からの付き合いだった。仲はよくもなく、悪くもない。クラスも違ったし、顔見知り程度だったけれど。
それが高等部になり、同じクラスになって、よく話すようにもなった。あの頃の断真はもっと優しくて、柔らかかったはずなのに。
「よく避けるな、昔から変わらない」
「回避はディテクターの十八番だ」
「違う、ディテクターは見つかった次点でディテクター失格だよ。背後から忍び寄り、気づかれる前に殺す。それがディテクターの真骨頂であり、唯一の特技だ」
こいつと拳を合わせ、どれくらいの時間が経っただろう。断真に攻撃が入っても、あいつは自分自身を回復してしまう。しかし俺には回復する手段がない。どれだけ避け続けていても、疲労は溜まっていくばかりだ。
「本当は後ろからお前を倒してやりたかったよ」
「いたぶらなくてもいいのか?」
「俺はお前とは違う」
「リュート、キミは俺を憎んでいるんじゃないのか? 当時お前が所属していたコミュニティを潰した、この俺を」
俺の腕も、断真の腕も止まっていた。
「お前があんなことをしなければ、あいつらも学校を辞めることなんてなかった」
「そうだね」
「なぜだ、なぜあんなことをしたんだ」
「うーん、難しい質問だ。あの頃の私は、強くなり始めたときだった。強くなり始め、一気に頂点に上り詰めた。だから試してみたかったというのもある。だが本質は、この力を見せつけたかっただけかもしれない」
「そんな自己満足のためにあいつらは……!」
二年前、レイナがいなくなった直後の話だ。
俺は『カフヴァール』というコミュニティに所属していた。ランキングは七位と好成績を残し、注目度も高かった。が、断真が所属していた『ウルスラグナ』と戦い、完全消滅した。
あのときもカテゴリーはチェイス、フィールドはアンシエントだった。
王となったアイツは、身勝手に仲間を蹂躙した。殴って蹴って、体力がゼロになる前に回復し、何度も何度もそれを繰り返す。体力は回復するが、痛みに対しての恐怖心を植え付けられ、心がどんどんと磨り減っていく。時間制限ギリギリまで、幾度と無くそれが続いた。
摩耗した精神は元に戻らず、学校を辞めた者もいれば、別の科に映った者もいる。そうしてカフヴァールは消滅した。
精神をやられたのは、俺も一緒だ。
「あの宗方霞とかいう四年生、お前のコミュニティメンバーだったよな」
「よく覚えてたな。そうだ、俺も霞くんも元カフヴァールのメンバーさ。ただ、望未くんが彼女を引っ張ってくるとは思わなかったよ」
「徳倉くんのことだ、きっと全部知ってたんじゃないか?」
「勝つために最高のコンディションを整える。彼女らしいな」
「それで、話を最初に戻そう。キミは私に勝てると思っているのかい?」
一度、構えを解いた。
「実は、勝てるとは思っていない」
「だろうね。キミは私の実力をよく知っている。この軍事科でずっと顔を合わせていたんだ、レイナ以上に私の実力を把握している」
「一対一じゃ絶対に勝てない。でも一対多ならば、見込みもある」
「それがコンマ一程度であっても?」
「コンマゼロゼロ以下でも、だ」
「キミは一体誰に期待しているんだ?」
「お前だって気がついてるはずだ。あの、鳴神家の長男だよ」
「彼は落ちこぼれだよ?」
「いいや違うね、彼は本物だ。ただ、その領域に到達していないだけさ。鳴神傑が目をかけてきたというのがなによりの証拠となる」
「どうでもいいけど、期待して裏切られても知らないよ?」
「彼だけじゃないさ。メンバーは皆、いい目をしてるよ」
拳を握り、一気に断真へと詰め寄る。
「いい速さだ」
打ち出す攻撃は、簡単に受け止められた。拳撃も蹴撃も、これ以上は効果がないのかもしれない。
「ディテクターエンハンス!」
俺のディテクターエンハンスは光の屈折率を自由に変えられる。俺の姿を大きくも小さくも見せられるし、攻撃の距離だって誤魔化せる。しかし、殺気や気配まではどうすることもできない。
「くっ……なかなか厄介なエンハンスだな。視覚だけじゃ惑わされてしまいそうだ」
なんて言いながらも、しっかりと対応していた。前よりも当たるようになったから、効果がないわけじゃない。
時間を稼げ。彼らとならば、俺の過去も払拭できる。
俺ならばやれる。そう、自分の戦闘能力を過剰認識してしまった。
「ラウンダーエンハンス」
ロールチェンジからのエンハンス発動。すべてが滑らかで、繋ぎ目もなければ隙もない。
俺の腹部にめり込んだ断真の拳。打ち出されてから当たるまで、目で追うことなど不可能だった。
「ぐあっ……!」
吹き飛んだ。景色が一転、二転と視界を通り過ぎ、気付けば地面に顔をつけていた。
「これが実力の差だ」
今までで一番の攻撃だった。それがクリーンヒットしたのだから、ただでは済まない。
『リズ、ほのか、リュート、聞こえるか』
少し意識に霞がかかり始めたとき、語くんの声が聞こえてきた。リゼットくんもなにか話していたが、とりあえず無事なようでよかった。、
『すぐに向かう。三人は持ちこたえてくれ。特に、リュート』
そう言われては、頷くしかないだろう。
「厳しいこと言うね、善処しよう」
平静に振る舞えただろうか。それだけが不安だった。
「すぐに来てもらった方がいいんじゃないか?」
「来るさ。まあ、鈍足の方だけど」
すると、すぐに足音が聞こえてきた。こんな荒々しい走り方をするのは一人しかいない。語くんならば流動魔法でひとっ飛びだろうし。
「大丈夫かリュート!」
「あまり、大丈夫じゃないね」
近付いてすぐに回復してくれる。結構回復力があるな、魔法の成績が悪いというのは嘘なんじゃないかと、そう勘ぐってしまうほどだ。
膝立ちになり、回復の具合をみた。まだやれそうだな。
「レイナよりも私の方が強いのに、なぜ王のキミがこっちに?」
「そんなの、俺とリュートなら耐え抜くって信じてたからさ。お前には一生わかんねーだろうけど」
「仲間を信頼? 私の攻撃に耐える? そんなことで勝てるわけがない。例え一人になったとしても、私は勝つさ。自信も矜持も慢心も、すべて私のものであり、私の力になってくれるからね」
「そうかいそうかい、そうやって御託並べて、せいぜい時間を引き伸ばしてくれ」
「それも困るな。じゃあ、決着を付けようかな」
視界から、一瞬で消えた。断真のディテクターエンハンスは麻痺攻撃。じゃあ今のは、ラウンダーエンハンスかなにかか。
「こっちだよ」
頭部側面に、衝撃が走った。意識も記憶も、なにもかもが飛んでいってしまったような、そんな感覚さえ覚える。
「ゲイナーエンハンス!」
「ストライカーエンハンス」
俺を守ろうと京介くんがシールドを張る。そのシールドもペネトレートされ、吹き飛ばされてしまった。大きな体躯の京介くんでさえ赤子のようだ。
京介くんはそのまま攻撃され、俺と断真から遠ざかった。
地面に倒れる直後、俺は断真に鳩尾を蹴り飛ばされる。両腕でガードしたものの、これも強烈で息ができなくなった。
腹部から全身へと伝わる震動。
胃の内容物を吐き出しそうな気持ち悪さ。
強く奥歯を噛みつつも目を閉じてしまうほどの激痛。
「はあああああああああ!」
やられる。そう思った瞬間、俺と断真の間を切り裂いたのは、槍を持ったリズくんだった。
「おっと、リゼットくんも来てしまったか。これは大変だ」
そんなことを言いながら、口を孤に歪めて笑っている。
「リュート、大丈夫?」
「大丈夫とは言いがたいが、しぶとく残ってるよ」
コクリと、リズくんは頷いた。
「待ってろ、今回復してやる」
「いやいい。キミはロールチェンジが上手くなさそうだ。ロールチェンジの瞬間に襲われたら、次の瞬間には試合終了だよ。きっとね」
俺が復帰し、京介くんが倒されたら本末転倒なのだ。
「手を緩めるつもりはないよ。レモリーノ・ジャーマ」
断真はブラスターにチェンジし、周囲を炎で囲んだ。
「ハウラ・ルーベス」
地面から何本もの棒がつきだして檻を形成。俺以外の二人を閉じ込めた。
リズくんも京介くんもその棒を攻撃するが、次から次へと現れるのでキリがない。
「望み通り、一対一で勝負してあげよう」
「ホント、お前は物好きだな」
ジャブ、ジャブ、ストレート。それをすべてかわされた。逆に踏み込まれ、腹に一発もらってしまう。
気後れすることなく、上体をかがめて懐へと入ろうとした。今度は膝で迎撃された。アゴにクリーンヒットしたせいか、目の前が霞んでいく。
「もう一発だ」
断真が逆側の脚で蹴りを放つ。左腹部へのその蹴りはあまりにも鋭く、異常なほどに重かった。ガードなんてまったく意味がないのだと、そう思わされてしまう。
体力はすでに一割以下だが、逆に言えばよくここまで保った。
けれど、一矢くらい報いたっていいんじゃないか?
「このままじゃ終われないんだよ!」
地面を踏み込み、なんとか耐えた。
前を向け、敵はすぐそこだ。
「キミと私の差は歴然だ!」
全神経を断真の一撃に集中させた。
速いのは確かだ。しかし、相打ちなら狙える。
相手の右拳に合わせて、弧を描くように、回りこむように左拳をねじ込んだ。
「ぐあっ……!」
無様なクロスカウンターが、断真の頬にヒットした。が、俺の頬にも奴の拳が当たっている。
「俺がしたかったのは、この手でお前を倒すことじゃない」
ああそうだ。コミュニティとして、こいつをなんとかしたかったんだ。自信を打ち砕き、膝をつかせ、負けを認めさせるのが目的なんだ。
「うちのメンバーを、甘くみない方がいいぞ……」
消え行く自分の身体を見て、自分の役目が終わったのだと悟った。

「傷だらけの限界超越(リミットブレイク)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く