クラス転移したからクラスの奴に復讐します

Wrath

全国大会の前に

山本への復讐を終えて宿に帰った後は宿の飯を食べて宿のお風呂に入って部屋でサリューたちと雑談した後眠りについた。
次の日の休みは、昨日のように他国の生徒が誘拐にあってる可能性を考えてミリーナと一緒に帝国を徘徊していた。
その日は2つの誘拐現場に居合わせて誘拐していた奴はボコして衛兵に渡して誘拐されていた気絶している生徒たちはそいつらの持ち物を確認してどの学校かを確認した後その学校の生徒が止まっている宿に向かって先生に事情を説明しながらその生徒を渡していた。因みに、そのグループに勇者はいなかった。

そうしたら既に時間が遅かったので宿に戻ってサリューと雑談した後すぐに寝た。

大会本日。

朝からカードル先生に大会に出る全員が呼び出された。

「今日から三日間。帝国で開催される全国大会に出場してもらうわけだが。全員心の準備はいいな」
「「「「「「「「はい」」」」」」」」
「今日は個人戦だけを行うから坊主とミリーナ王女だけだ。パーティ戦になるお前らは3日後になる。お前らには生徒たちと常に共に行動してなるべくほかの奴を身近で守ってやってほしい。先生たちも気をかけるがどうしてもの時があるからな。頼んだぞ。二人は今から試合だが、なぁに。手加減なしで出来るんだ。あのオーガを倒したアストなら誰も敵じゃないだろうな」

カードル先生がそういうと隣の6人が驚いていた。まぁふつうのオーガでも討伐ランクはAぐらいだしな。一年生がオーガを討伐したと聞いたら驚くのも無理はないだろう。

「まぁ、そうですね。あのオーガは手強かったですから」
「相手が勇者でも遠慮なくやっていいからな。それで仕返しされたらこの国を潰せばいい」

カードル先生は笑いながらそう言ってきた。

「カードル先生は……過去に何かあったのですか」

俺がそう聞くとさっきまで笑っていたカードル先生は笑いをやめ暗い顔になった。俺はその空気を察して俺以外の全員を昨日確認しといた大会の会場に転移させたあと部屋の鍵をロックした。一応防音の結界も張っておいた。

「まだ、俺が若かった頃。幼馴染がいたんだ。あの日、俺は彼女と買い物に出かけたんだ。その行き先で勇者と会って。まだ力がなかった俺はその勇者に半殺しにされて……フランは……フランは俺の目の前で犯されたんだ。……好きな女が目の前でだ!。…………彼女の名前を呼ぶごとに……助けられない無力さに……俺は…………彼女が好きだったんだ……愛してたんだ。買い物が終わったら告ろうとも思ってたんだ…………なのになんで……なんで……」

カードルはそのまま顔を涙と鼻水てぐちゃぐちゃにしながら崩れ落ちて泣き喚いた。
俺はゆっくりカードルに近づきそっと肩に手を置いた。
軽蔑するでもなく同情するでもなく俺はただ単にカードル先生の肩を優しく叩いた。

その苦しさを俺は知っている。だから、たとえ同じ境遇の人に会っても同情されるのは嫌だった。悲しかったね?辛かったね?。お前が何を知っているんだって逆上してしまうんだ。
だから、俺は決して同情なんかはしないし軽蔑なんかは論外だ。
だから、側で苦しさを分かち合ってくれる者が欲しいんだ。ただ聞いてくれるだけでも人の心ってのは軽くなるもんなんだ。

しばらくしてカードルは己の失態に頭を抱えていたが俺の計らいのお陰でほかの教職員や生徒にはバレないことを言ったら喜ばれた。

「さっきはすまなかったな」
「大丈夫だ。そんな時は同情の言葉よりもそいつのそばにいてやった方がいいからな」
「なかなか分かってるな。そういう奴が周りにいたのか」
「いいや、俺が体験したことだ」
「ッ!…………踏み入ったことを聞いてすまなかったな」
「大丈夫だ。俺もあんたとおんなじような境遇だったよ。だから鍛えた。何度も死にかけた。そんな修行を3年間毎日こなした。だから俺はこの力で勇者に復讐するんだ」
「…………国に狙われてもか」
「そうなったら国を潰せばいい。俺はいつでも国を潰すことはできると思う。だが、なるべく善人は殺したくないからな」
「ふっ……優しいのな。お前は」
「本当に優しかったら復讐なんてしないだろうよ」
「はははっ。それもそうだな」
「ああ」
「そういえばお前、元に戻ってるぞ」
「ん?……何故に?」

カードルに言われて確認を取ると本当に変身が解けていた。
俺は直ぐに変身のスキルを確認してみた。
ーーーーーーーーーー
変身
・姿を自由自在に変化させる。
・人を慰める時に元の姿に戻る。戻った時に相手を軽く魅了状態にする。男には効かない。
ーーーーーーーーーー
何変な効果付け足してくれとんや!。でも男の部分はマジで感謝。いやいらないんだけどな。

「あーちょっとスキルの効果らしいから気にすんな」
「制限時間的な奴か」
「まぁ、うん」

俺はスキルのことを誤魔化してもう一度変身を施したあと時間も時間だったためカードル先生と共に会場に転移した。

「クラス転移したからクラスの奴に復讐します」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く