クラス転移したからクラスの奴に復讐します

Wrath

武魔闘技大会 5

ミリーナとマカンナが試合場に出てきた。

「それではこれより!。ミリーナ選手vsマカンナ選手の試合を始めます!。両者構えて、試合!開始!」

司会者の言葉と同時にゴングが鳴り響いた。

ミリーナは狙いを定めさせないように矢の軌道上から常に動きながらマカンナに接近していった。
マカンナはそんなミリーナの動きに遠くへの狙撃をやめ二回戦目と同じ近づけさせる戦法に出た。
ミリーナは着実にに距離を詰めていきお互いの距離が5メートルほどになった。

「結界!」

マカンナが矢を射る瞬間にミリーナは体を全体を結界を展開して防いだ。
それに驚いたマカンナは一瞬固まってしまいミリーナからの刺突を首にもろに受けてしまった。
結果はミリーナの勝利で決勝戦進出になった。

「まさに紙一重の攻防!素晴らしかったです!。次の試合はサリュー選手vsコロン選手だー!!」

司会者がそう言うとサリューとコロンが出てきた。

「それではこれより!サリュー選手とコロン選手の試合を始めます!。両者構えて、試合!開始!」

サリューは一気にコロンの方に走り込んで行った。きっと気配遮断を恐れているんだろう。コロンはサリューの足元と1メートル手前と3メートル手前に立て続けに火球を放ちカリューの視界を遮った。
カリューはコロンの姿を見失いっていたようだがすぐに後ろに引き返し先ほどと同じ位置に戻っていった。
コロンは最初の場所から動いておらずサリューが戻るのを予測していたのであろう。いや、多分だが読心を使って攻めるか引き返すかを読んでいたんだろう。

サリューはもう一度コロンの方に走り込みコロンもまた先ほどと同じように火球を放った。
サリューはそれをそこに躱し横からコロンの方に攻めていった。
コロンは読心を使っていなかったのかその行動に対応しきれずサリューとの間を狭めてしまった。
コロンは自分の足元に火球を放ち自分の姿を認識させないようにしようとしたがサリューが風魔法を使ったことによりその煙が全て消え去りコロンの気配遮断は失敗に終わった。
そのままサリューに距離を詰められコロンは負けてしまった。
司会者は勝者の名前を読み試合の感想を述べたあと次の試合の報告をした。

「次の試合はサリュー選手vsアラストール選手だー!。なお、サリュー選手の休憩があるため試合開始は20分後になります」

俺は待つ時間が少し長いと感じ会場にある出店で時間を潰した。

「クラス転移したからクラスの奴に復讐します」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • Wrath

    規制で時間を開けました。
    もしネタや面白半分で発言したのだとしても、タチが悪いことには変わっていません。
    十分反省してくださること祈っています。

    1
  • Wrath

    〆鯖さんへ
    そういうのであれば読まなければよくないですか?
    作品紹介にも名前は書いてあったと思いますし、そんなことを伝える暇があれば自分に合う本をお見つけください。
    私はこの名前の主人公を大切にしています。読んでくださるのはこんな主人公でも面白おかしく受け取ってくれる読者だけで十分です。
    最後に一言いわせてもらいますが、〆鯖って何?わざわざ〆つけるあたりガキっぽくて気持ち悪いね。
    では、さようなら

    1
コメントを書く