クラス転移したからクラスの奴に復讐します

Wrath

受付瀕死

サーナさんについていくと体育館のような大きな空間に出た。なぜさん付けなのかというと明らかに俺より年上っぽいからだ。だいたい二十代前半ってところかな。サーナさんの容姿は長いブロンドヘアで眼鏡をかけていてスタイルもいいって感じだ。俺にとってはストライクゾーンだな。別に狙ってるわけではないからな。た、たしかに俺の好みだが……。

「ではこちらに出してくださいますか?」
「あ、ああ」

サーナさんに指示されて少しドッキリしたが俺はゴブリンの色違いなんかをまとめて全部出した。ざっと300ってところかな。まぁスライムとかよくわかんないものも混じってるが別にいいだろ。でもドラゴンは出してないぞ。これは最後に出そうと思ってる。
俺が出したゴブリンたちをサーナさんは驚きながら見渡していてある一点で目線が釘付けにされていた。

「こ、これは ︎。もしかしてゴブリンキングですか ︎。こ、これはお一人で討伐なさったんですか?」
「ん?そんな奴いたのか。まぁ適当に狩ってたしな。ここにあるのは全部俺が狩ったぞ。あと、もう一つあるんだが。出していいか?」
「ど、どうぞ」

俺はサーナさんの許可をもらったからあの頭がない状態のレッドドラゴンを地面に思いっきり出現させたそのせいで少し砂埃が舞って咳が出たのは秘密だ。
俺が出したレッドドラゴンを見た瞬間、サーナさんは白目を剥いて倒れてしまった。

「えっ、ちょ、ちょっとまって。おい、サーナさん ︎サーナさん ︎」

俺はサーナさんを抱き寄せて急いで聖魔法のヒールをかけた。俺がそれを唱えると白と黄色のエフェクトが出てきてサーナさんをを包み込んだ、しばらくするとサーナさんが目を覚ました。

「あ、す、すみません。私ったら。ちょ、ちょっとギルドマスター呼んでくるのでま、待っててください」

サーナさんは俺から離れてそう言って顔を赤くしながら小走りにどこかへ行った。

「やべー。めんどくさい未来しか見えないわ」

俺は憂鬱な気分になりながらもサーナさんが戻ってくるのを待った

「クラス転移したからクラスの奴に復讐します」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー274118

    続きを楽しみにしてます!頑張ってください!

    3
コメントを書く