異世界転生した私の話を聞いて貰っていいですか?

白黒にゃんこ

孤児院の話

「今日から家族になるアイリちゃんです。仲良くしてあげてね。」


はーい。と口々に返事をする子ども達。
この時には、異世界に転生する前の記憶があった。
しかし、他の記憶はまだ思い出していない。



「それじゃ、シアン。よろしくね。」

「分かりました、シスター。」


シアンと呼ばれた少女が此方に近づいて来た。
私より少し身長が大きい少女は、笑顔で話しかけて来た。

「私の名前は、シアンって言うの。よろしくね、アイリちゃん。」

「・・・よろしく、お願いします・・・。」

「もう!他人行儀は無しよ。
私達はもう家族なんだから。ね?」


濃い青色の長い髪に、青紫色の眼。
第一印象は、明るくてしっかりした人だと思った。
私は彼女に、孤児院の中を案内してもらうことになった。


「アイリちゃんって何歳なの?」

「えっと、多分、9だった、と思います・・・。」



自分の年齢なんて、薄っすらとしか覚えていないのが本音だった。言葉も少したどたどしくなってしまったが、彼女は気にせずに話し出した。

「そうなの?
私はね、そろそろ11になるの。」

一番年上なのよ。と彼女は得意げに言った。



他愛ない話をしながら歩いていると、前から子どもが走って来た。


「シアねぇ、これみて!」

その子が手に持っていた物を、私達に見せた。

「あら、これどうしたの?」
 

その子が持っていたのは、草花で作られた指輪だった。

「えへへ〜。がんばってつくった!
シアねぇにあげる!」

一生懸命に作ったのか、笑いながら差し出したその手は泥だらけだった。彼女は笑顔で指輪を受け取る。


「ありがとう。でも、指先が切れてるわ。手を洗って、シスターに手当てしてもらいなさい。」

「うん。わかった!」


そう頷き、シスターの元へ走って行ってしまった。

「ごめんなさいね。あの子、何時もああなのよ。元気なのはいいことなんだけど・・・。」


溜息を吐いて、彼女は苦笑いをしていた。ふと、私は気が付いたことを尋ねた。


「・・・ここって、男の子がいないんですか?」

さっきの子も、出迎えてくれた子達も、全員女の子だった。

「・・・えぇ。そうなの。ちょっと来て。」


彼女に手を掴まれて外へ出る。
連れて来られたのは、孤児院の裏。
日が遮られているのか、少し薄暗い。
私達が歩いて行くと、そこに一本の大きな木が生えていた。


「此処、私のお気に入りの場所なの。」


そう言った彼女は木陰に座り込んだ。
私も一緒に座る。
おもむろに彼女は口を開いた。


「この孤児院場所、どう思う?」

静かに私に問いかけた。

「・・・はっきり言うと、可笑しいと思います。」

シスターが一人だけで、女の子が数人しかいない孤児院。
運営出来ているのが不思議なくらい、何もかもが不足している。
 

「そう・・・。もし、・・・神父様が、悪い人だったら、どうする?」


何故神父様の事を?
もしかして・・・


「シアンさん、何か知っているんですか?」

「えぇ、まぁね。・・・それよりも、その呼び方!」

突然、此方に顔を寄せてきた。頬が膨れていて、拗ねてる、いや怒っている?

「『シアンさん』なんて言わないで。私達は家族なんだから。他の子達みたいに、『シアねぇ』って呼んでいいのよ?」

「・・・シア、ねぇ?」

何でだろう、何故か懐かしい様な気がする。

「うん!
貴女も私の妹なんだから、頼っていいのよ。」




ー貴女は私の妹みたいなものなんだから、何かあったら遠慮なく頼りなさいー



今一瞬、何かを思い出した様な・・・?
頭が、痛い。

「アイリちゃん?大丈夫?
少し横になった方が良いわ。ううん、横になりなさい。膝を貸してあげるから。」


有無を言わさずに横にされ、膝枕をされた。
少し痛みがマシになった様な気がする。

「・・・ごめん、なさい。」

「別に良いのよ。多分、初めての所に来たから、疲れちゃったのね。少し眠るといいわ。」


よしよしと頭を撫でられて、私は目を閉じた。












しばらく経ち、私は孤児院に慣れた。
シアンさん、いや、シアねぇに色々教えて貰ったり、子ども達から『アイねぇ』なんて呼ばれたりしながら過ごしていた。
シア姉以外の子達は、私よりも年下だった事に驚いた。


「私、アイリちゃんが来てくれて、本当に良かったと思ってるの。」


洗濯物を二人で干しながら、シア姉は言う。


「急にどうしたの?」

もう最初の頃の様な余所余所しさは無く、私達は本当の姉妹の様に仲が良くなった。
シア姉はその表情に不安の影を落としていた。

「アイリちゃん。あのね、私、聞いたの。・・・ミントちゃんの里親が見つかったって。」

ミントちゃんはシア姉に手作りの指輪をあげた子だ。
緑の髪に黄緑色の眼をしていて、何時も元気で明るい子だ。

「でもね、その里親の人・・・前にも他の子を、養子に受け入れているの・・・。これって、変よね?」

男の子なら分かる。自分の跡を継いでもらう為に、養子を迎えるなんて珍しい話でもない。子どもの居ない家なら仕方ないだろう。
しかし、同じ人が何人もの女の子を養子に迎えるなんて、変だと思う。それに・・・


「何で皆、疑問に思わないの?」

養子の話を皆知らないのだろうか?
子ども達ならまだしも、シスターなら知っている筈なのに、何も言ってこない。


「私にも分からない。でも、これだけは言えるわ。」




 ーこのままじゃ、皆が危ないー



他の子も、もちろんミントちゃんも。
私達も、いつそんな話をされるか分からない。


「神父様が誰かと話をしているの、扉の前で聞いたの。・・・上物とか、何とか言ってたわ。」


この世界には人身売買とかがあるのだろうか?
生憎、情報が得られる物が何も無くて分からないけど、考えた方が良いかもしれない。


「アイリちゃん、私、怖い。皆、居なくなったら、私・・・。」


抱きついて来たシア姉を受け止める。
その身体は震えていた。
シア姉がこんなに弱気になっているのを、私は見たことが無い。



「大丈夫だよ。シア姉。大丈夫。」

背中をトントンと一定のリズムで叩き、優しく摩ってあげた。
声を殺して涙を流すシア姉に、
"私にも何か出来る事は無いのだろうか。"
そう思った。


そして私は思い出したのだ。

女神様から貰った力を。





こうして私は、自分を試すために森に入る決心をした。
こんな状況を何とか出来るのは、私だけなのだから。

「異世界転生した私の話を聞いて貰っていいですか?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く