話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

太平洋戦争

みてぃ

第5話 ヨシ子の想いと父



第5話


昭和20年8月15日
日本の長い戦争は終わりました。

ヨシ子や夏江だけじゃなく日本の全国民が苦しんだのです。


そして戦争で生き残った人達の苦しみがまた始まります。


〜広島のヨシ子〜


私は原爆で生き残りました。
母と弟を失い、1人で島根にいる親戚の家で兄と父の帰りを待つことにしました。

親戚のおばさんはとても冷たい人です。
私は原爆を受けていることを理由にいじめられました。
原爆の毒がうつるなど冷たい言葉をたくさん受けました。

それでも私は耐えて兄と父の帰りだけを待ちます。
けれど、終戦になっても何ヶ月も帰ってきません。

親戚のおばさんは
「フィリピンは戦争が激しかったからねぇ、死んじまったんじゃない?」

そういうのです。

私はわかっていました。
兄と父は待っても帰ってこない。
それでも心の中では確信がつかないのです。

そんな時、有村という男の人が
私を訪ねに来ました。

「ごめんください、ヨシ子さんはいますか?」

親戚のおばさんは玄関のドアをあけました
「誰ね、あんた」

有村「私は有村 勝治と申します。僕はヨシ子さんのお父さんの文吉さんのことでヨシ子さんに話がありましてここを訪ねました。」

(お父さんのことだわ!)

私は階段を駆け下りて玄関に行きました。

おばさんが嫌な顔をしながら
「どうぞ。」と、一言だけ言い居間にあんないしました。
私は後からついて行きました。

おばさんは有村さんにお茶を出し、そのまま上の部屋へ無言で上がっていきました。

有村さんは真っ直ぐな瞳でこちらを見ています。
そして悲しそうな声で

「ヨシ子さん。文吉さんはフィリピンで戦死しました。」

そういうのです。
私は泣くこともなくただ有村さんの瞳を見つめていました。

有村さんは今にも泣きそうな声で
「私は文吉さんに助けられたのです。文吉さんは…文吉さんは…」

有村さんが涙を流し始めます。
「僕に流れてきた敵の玉を庇って死んでしまった。僕は…僕は…!」

私は突然涙を流しました。

有村「文吉さんは僕の命の恩人です。もう文吉さんに恩返しをすることは出来ない。だから娘さんに…ヨシ子さんに…これを」

有村さんがそっとテーブルに置いたものは金でした。

有村「将来きっと役に立つと思います。受け取ってください。」

私は何も言わずうなずきました。



その夜、親戚のおばさんは私から金をとりあげたのです。
「面倒見てやってるお礼だよ、全く、そんなことしか出来ないんだから」

そう言っておばさんは金を持ってせっせと自分の部屋へ戻っていきました。

私は何も言い返せない。何も出来ない。
そんなことが悔しくて、私はこの家を出ることを決意しました。19歳の時でした。


「太平洋戦争」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「歴史」の人気作品

コメント

コメントを書く