話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

太平洋戦争

みてぃ

第3話 夏江と親友


第3話


寒い冬も明けて春が近づいて来ています。
昭和20年3月

今は太平洋戦争が激しくなってきています。


私は田中 夏江です。東京に住む18歳の学生です。

もうすぐで卒業式を控えています。
けれど、毎日のように空襲警報が鳴り
アメリカのB29という飛行機が空から
爆弾を落としていきます。

毎日毎日恐怖に怯えながら生活しています。

そんな中、私の唯一の楽しみがあります。

それは毎日学校で会う、親友のエツ子と学校帰りに土手に行くことです。
自然を眺めながら2人で話すのがとても楽しい時間です。
今日もまた学校が終わればエツ子と2人で土手に行きます。

夏江「えっちゃん!今日ねお母さんが飴玉を2つくれたの!学校終わったら一緒に食べよう」

私は母から貰った桃色の飴玉をエツ子にみせました。

エツ子「わぁ!嬉しい!夏江ちゃん!ありがとう!」

エツ子はとても嬉しそうです。私まで嬉しい気持ちになります。
私たち二人は学校が終わるのを楽しみにしていました。

学校が終わると私は急いでエツ子のところへ向かいました。

夏江「えっちゃん!帰ろう!!」

エツ子は満面の笑みで私を見て
「夏江ちゃん!!!帰る!」

と、とても目をキラキラさせています

私は帰り道にエツ子に飴玉をひとつあげて
一緒に飴玉を舐めながら土手へ向かいます

土手へ着くといつも座っている石に腰をかけました、そしていつも戦争のことや好きな人のこと、家族のこと、たくさん語り合っています

最近は空襲が激しくなり、エツ子と話すことも空襲のこと、戦争のことと暗い話ばかりになってきました。

エツ子「夏江ちゃん、これ、夏江ちゃんがもってて」

そう言ってエツ子はひとつの時計を見せてきました

夏江「えっちゃん?時計?どうして?」

エツ子「これはね、私が小さい時におばあちゃんにもらった時計なの。大切にしてきたの。夏江ちゃんに持っててほしいの。」

夏江「何故私に?」

エツ子「夏江ちゃんが大切だから、好きだからだよ。」

そう言って私に時計をくれました。錆びた古い時計です。
私は嬉しく思いその時計をポケットにいれました。

夏江「えっちゃん、ありがとう。大切にするね」

そう言って2人とも笑いながら家へ帰りました。も

「太平洋戦争」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「歴史」の人気作品

コメント

コメントを書く